LEC (F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LEC
参戦年度 1977
出走回数 3
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1977年ベルギーGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1977年イギリスGP
テンプレートを表示

LECLEC Refrigeration Racing)は、1977年にF1に参戦していたコンストラクター。 コンストラクターとしての参戦は1977年からだが、1973年にはマーチのシャシーを購入して参戦している。

歴史[編集]

1973年、イギリス人ドライバーデビッド・パーレイが自分を走らせるために自らオーナーとなりチームを設立。 チーム名は、彼の実家である冷凍機器メーカーの名前に由来する。

この年はマーチのシャシーを購入して5戦に出場(うち1戦予選落ち)。最高位はイタリアGPでの9位に留まる。


LEC・CRP1

翌年、パーレイがトークンへ移籍。その後もパーレイがF2などに活動を場を変えたことから、LECの名はしばらくの間F1から無くなっていた。しかし1977年にオリジナルマシン「LEC・CRP1」を引っ提げて4年ぶりにF1に復帰。コンストラクターとしての参戦を開始する。チームは第5戦よりエントリーしたものの予備予選を突破できず、1戦欠場後の第7戦ベルギーGPで決勝レース初出走を果たす。そこから3戦連続で決勝に進出するも、最高位はベルギーGPでの13位に留まっていた。

そんな中、第10戦イギリスGP の予備予選にてパーレイが生死を彷徨う大クラッシュを喫してしまう(詳細はデビッド・パーレイ#大クラッシュを参照)。

このクラッシュが原因でパーレイはF1からの引退を余儀なくされ、チームもそれに伴い消滅した。

関連項目[編集]