ジョニー・チェコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョニー・チェコット
基本情報
フルネーム アルベルト・チェコット
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 同・カラカス
生年月日 1956年1月25日(58歳)
F1での経歴
所属チーム セオドール,トールマン
活動時期 1983 - 1984
出走回数 18
優勝回数 -
通算獲得ポイント 1
表彰台(3位以内)回数 -
ポールポジション -
ファステストラップ -
初戦 1983年ブラジルGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1984年イギリスGP
タイトル -
テンプレートを表示
Cecotto, Johnny auf Yamaha 1976-08-28.jpg
グランプリでの経歴
活動期間 1975 - 1980
チーム ヤマハ
レース数 48
チャンピオン 350cc - 1975
優勝回数 14
表彰台回数 26
通算獲得ポイント 433
ポールポジション回数 22
ファステストラップ回数 7
初グランプリ 1975 250cc フランスGP
初勝利 1975 250cc フランスGP
最終勝利 1980 500cc ネイションズGP
最終グランプリ 1980 500cc 西ドイツGP
テンプレートを表示

アルベルト・"ジョニー"・チェコットAlberto "Johnny" Cecotto1956年1月25日 - )は、ベネズエラ出身のレーシングライダーレーシングドライバーである。1975年ロードレース世界選手権(世界GP、WGP)350ccクラスチャンピオン。

経歴[編集]

2輪での活躍[編集]

1975年に世界GPにデビュー。ヤマハのマシンで250ccと350ccの両クラスにエントリーし、参戦初年度で350ccクラスの世界チャンピオンを獲得した(250ccクラスでは4位)。19歳での世界GP年間チャンピオン獲得は、当時の最年少記録だった。

1977年からは世界GPの500ccクラスに出場する。

1980年イギリスGPまでに世界GPで優勝14回(250cc、350cc、500ccの総合)、ポールポジション22回、ファステストラップ7回と好成績を残した。

4輪転向[編集]

1980年に4輪に転向し、ミナルディから欧州フォーミュラ2選手権に参戦。

1982年には全12戦中10戦入賞(その内3勝)し、コラード・ファビと並んだ。ただしファビが同年に5勝していたため、惜しくもチャンピオンを逃す。

F1参戦[編集]

F1参戦時のジョニー・チェコット(写真は1984年アメリカGP

1983年セオドールと契約し、F1デビューを果たし、第2戦アメリカ西GPで6位入賞。それ以降は入賞する機会もなく、残り2戦欠場を余儀なくされる。

1984年トールマンから参戦するが、この年デビューしたチームメイト・アイルトン・セナに対し予選・決勝と一度も上回ることができず、イギリスGPの予選中に大クラッシュして両足骨折する重傷を負い、F1から引退した。

F1引退後[編集]

F1から引退して2年後の1986年にツーリングカーに転向し、マカオグランプリスパ・フランコルシャン24時間レースで総合優勝、イタリア・ツーリングカードイツスーパーツーリングでチャンピオンを獲得する活躍を見せている。

関連項目[編集]