ベルナール・ダルニッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルナール・ダルニッシュ
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
WRCでの経歴
活動時期 19731987
所属チーム アルピーヌ・ルノー
ランチア
フィアット
アウディ
出走回数 38
チャンピオン回数 0
優勝回数 7
表彰台回数 11
ステージ勝利数 115
通算獲得ポイント 87
初戦 1973 ラリー・モンテカルロ
初勝利 1973 ラリー・モロッコ
最終勝利 1981 ツール・ド・コルス
最終戦 1987 ツール・ド・コルス
テンプレートを表示

ベルナール・ダルニッシュBernard Darniche 、1942年3月28日 - )はフランスの元ラリードライバー、元レースドライバーランチア・ストラトスを駆り、1976年1977年ヨーロッパ・ラリー選手権1976年1978年フランス・ラリー選手権を制覇した。また「ターマックのスペシャリスト」としてツール・ド・コルスも6回制し(19701975、1977、1978、1979及び1981年)、この偉業は後に並んだディディエ・オリオールとともに最多勝記録である。

経歴[編集]

チーム・シャルドネのランチア・ストラトスHF

1967年ラリーにデビューしたダルニッシュは、1970年アルピーヌ・ルノーワークスドライバーとなり、1972年フランス・ラリー選手権を初制覇。1973年に新設された世界ラリー選手権大会に参戦し、第16回ラリー・モロッコに優勝、第44回アルペン・ラリーで2位となり、アルピーヌ・ルノーのコンストラクターズタイトル獲得に貢献した。1977年に創設された FIA カップ・ラリードライバーズ選手権では3位となり、3年連続してドライバーズ選手権でトップ10入りを果たした。またこの間、ルノーを離れるとWRCにおいては1974年のコルスより1978年までフィアットランチアワークス、フランス国内ディーラーによる有力プライベーター「シャルドネ」チームと渡り歩きながらフィアット・124アバルトラリー、ランチア・ストラトス、フィアット・131アバルトとフランス国内中心の活動に留まるも、最終的には1979年よりシャルドネへ留まり1975、1977、1979、1980年の4回、ランチア・ストラトスでツールド・フランス・オートモビルで優勝している。ル・マン24時間レースにも出場し、1978年ロンドー M378 で総合9位( GTP クラス優勝)、1979年にはロンドー M379 で5位となった。

1979年ラリー・モンテカルロでは、年頭のツールドコルス前よりワークスチームと協力体制を敷いた[1]チーム・シャルドネのランチア・ストラトスで劇的な逆転優勝を遂げた。支給された粗悪ガソリンによるキャブレーション不良[2]に悩まされ、6分27秒遅れの6位で最終日を迎えたダルニッシュは、マリオーリの徹夜による燃料系(キャブレター含む)調整作業によりトラブルを克服。回せなかったエンジンも全開で回せるようになり10 の SS 全てでトップタイムを叩き出し、最終 SS チュリニ峠で首位のフォード・エスコート 1800ビョルン・ワルデガルドを6秒差で逆転した。[3]。彼は標高1,600メートルのアルプスの雪と氷の峠道で通常夜間行われていた難所、チュリニ峠ステージの最多勝利記録を保持している。いわゆる「長いナイフの夜[4]で、ダルニッシュは 10 のイベントに勝利した[5]

その後もWRCでは1987年まで唯一得意とするコルスとモンテカルロでスポット参戦しており、シャルドネでランチア・037ラリー、プライベーターとしてワークスで一時的に各車の手ごたえを掴んではアウディ・クワトロプジョー・205ターボ16メルセデス・ベンツ 190E等で参戦していた。

引退後[編集]

近年では地元フランスでのTV、ラジオの自動車番組にゲスト出演するかたわら、2010年秋に開催されたランチア・ストラトス「コレクターズミーティング」メンバーによる40周年復興プロジェクトであるニューストラトスの完成プレス向けイベントに招かれ試乗。ドライブフィール上のアドバイス等もしている。[6]

戦績[編集]

タイトル[編集]

タイトル 搭乗車
1972 フランス・ラリー選手権 アルピーヌ・ルノー A110 1800
1976 ヨーロッパ・ラリー選手権 ランチア・ストラトス HF
1976 フランス・ラリー選手権 ランチア・ストラトス HF
1977 ヨーロッパ・ラリー選手権 ランチア・ストラトス HF
1978 フランス・ラリー選手権 ランチア・ストラトス HF

世界ラリー選手権での勝利[編集]

  #   イベント シーズン コ・ドライバー 搭乗車
1 モロッコの旗 第13回 ラリー・モロッコ 1973 フランスの旗 アラン・マエ アルピーヌ・ルノー A110 1800
2 フランスの旗 第19回 ツール・ド・コルス - ラリー・ド・フランス 1975 フランスの旗 アラン・マエ ランチア・ストラトス HF
3 フランスの旗 第21回 ツール・ド・コルス - ラリー・ド・フランス 1977 フランスの旗 アラン・マエ フィアット 131 アバルト
4 フランスの旗 第22回 ツール・ド・コルス - ラリー・ド・フランス 1978 フランスの旗 アラン・マエ フィアット 131 アバルト
5 モナコの旗 第47回 ラリー・モンテカルロ 1979 フランスの旗 アラン・マエ ランチア・ストラトス HF
6 フランスの旗 第23回 ツール・ド・コルス - ラリー・ド・フランス 1979 フランスの旗 アラン・マエ ランチア・ストラトス HF
7 フランスの旗 第25回 ツール・ド・コルス - ラリー・ド・フランス 1981 フランスの旗 アラン・マエ ランチア・ストラトス HF

世界ラリー選手権リザルト[編集]

シーズン チーム 搭乗車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 ランキング ポイント
1973 Alpine-Renault Alpine-Renault A110 1800 MON
10
POR
Ret
KEN MAR
1
GRC
Ret
POL FIN AUT
2
ITA
Ret
USA FRA
Ret
GBR - -
Renault 12 Gordini SWE
Ret
1974 Alpine-Renault Alpine-Renault A110 1800 POR KEN
Ret
FIN ITA CAN - -
Renault 17 Gordini USA
6
GBR
Fiat Abarth 124 Rallye FRA
Ret
1975 Fiat S.p.A Fiat Abarth 124 Rallye MON
Ret
SWE KEN GRC MAR
Ret
POR FIN ITA
Ret
- -
Lancia Alitalia Lancia Stratos HF FRA
1
GBR
1976 Lancia Alitalia Lancia Stratos HF MON
3
SWE POR KEN GRC MAR FIN ITA FRA
2
GBR - -
1977 Lancia Alitalia Lancia Stratos HF MON
Ret
SWE POR KEN NZL GRC FIN CAN ITA - -
Fiat Italia Fiat 131 Abarth FRA
1
GBR
1978 Alitalia Fiat Fiat 131 Abarth MON
5
SWE FRA
1
GBR - -
Lancia Pirelli Lancia Stratos HF POR
Ret
KEN GRC FIN CAN ITA CIV
1979 Team Chardonnet Lancia Stratos HF MON
1
SWE POR
Ret
KEN GRC
Ret
NZL FIN CAN ITA FRA
1
GBR CIV 6 40
1980 Team Chardonnet Lancia Stratos HF MON
2
SWE POR
Ret
KEN GRC
Ret
ARG FIN NZL ITA 16 15
Fiat Italia Fiat 131 Abarth FRA
Ret
GBR CIV
1981 Team Chardonnet Lancia Stratos HF MON
6
SWE POR KEN FRA
1
GRC ARG BRA FIN ITA CIV GBR 12 26
1982 BMW France BMW M1 MON SWE POR KEN FRA
Ret
GRI NZL BRA FIN ITA CIV GBR - 0
1983 Audi Sport Audi Quattro A2 MON SWE POR KEN FRA GRC NZL ARG FIN ITA
9
CIV GBR 50 2
1984 Yacco Audi 80 Quattro MON
7
SWE POR KEN 36 4
Audi Quattro A2 FRA
Ret
GRC NZL ARG FIN ITA CIV GBR
1985 Team Gauloises Blondes Peugeot 205 Turbo 16 MON SWE POR KEN FRA
Ret
GRC NZL ARG FIN ITA CIV GBR - 0
1987 Bernard Darniche Mercedes-Benz 190E 2.3 16V MON
Ret
SWE POR KEN FRA
Ret
GRC USA NZL ARG FIN CIV ITA GBR - 0
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
リタイア
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
空欄 欠場 (DNP)
病気・負傷 (Inj)
Excluded (EX)
Suspended (SUS)
Did not arrive (DNA)
エントリーせず (WD)
  • 1973 - 1976年はコンストラクターズ選手権のみ開催。
  • 1977、1978年シーズンは、FIA カップ・ラリードライバー( FIA Cup for Rally Drivers )が WRC 全イベントの他に 10 のイベントも含めて争われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過程として、ランチアワークスは親会社フィアットの意向とレギュレーション改正でのユニット単位でのパフォーマンスダウンに抗うかの如く充分な支援を得られない中での苦肉の策として、79年レギュレーションに適合する世代前パワーユニット(4バルブ→2バルブエンジン)チューンをワークスエンジニアであるクラウディオ・マリオーリに依頼し、ピレリの試作タイヤ支援もコルスに間に合う形で功を制した事がこのシーズン2勝の確信に繋がる。
  2. ^ 元々彼の駆るストラトスはピーキーなエンジン。当然トラブルシュート中により原因がはっきりするまで7000回転付近まで回転数を抑えつつ走っていた。この為、フィアット勢は抑えられてもフォード勢には苦戦していた。
  3. ^ なおワルデガルドには最終 SS で観客が置いた岩を除けるため30秒余りを失うトラブルがあった。- 47ème Rallye Automobile de Monte-Carlo”. RallyBase. 2011年11月5日閲覧。
  4. ^ 夜の闇を切り裂くハイビームの光からこのように呼ばれた。
  5. ^ Turini Winners”. col-de-turini.com. 2011年11月5日閲覧。
  6. ^ new-stratos.com 10 The Presentation (英語)より 2011年4月19日閲覧。

参考文献[編集]