エディ・アーバイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・アーバイン
Eddie Irvine - Ferrari portrait.jpg
基本情報
フルネーム エドムンド・アーバイン
国籍 イギリスの旗 イギリス
北アイルランドの旗 北アイルランド
出身地 同・ダウン州
生年月日 1965年11月10日(49歳)
F1での経歴
所属チーム '93-'95 ジョーダン
'96-'99 フェラーリ
'00-'02 ジャガー
活動時期 1993 - 2002
出走回数 146
優勝回数 4
通算獲得ポイント 191
表彰台(3位以内)回数 26
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1993年日本GP
初勝利 1999年オーストラリアGP
最終勝利 1999年マレーシアGP
最終戦 2002年日本GP
タイトル 0
テンプレートを表示

エドムンド・"エディ"・アーバインEdmund "Eddie" Irvine, 1965年11月10日 - )は、イギリス出身の元F1ドライバー。独身。

略歴[編集]

初期の活動[編集]

北アイルランド生まれ。フォーミュラ・フォードイギリスF3選手権などで活躍し、1988年マカオGPでポールポジションを獲得。

1989年パシフィック・レーシングから国際F3000へ参戦し、1990年エディ・ジョーダン・レーシング (EJR) へ移籍。しかし、F1へのステップアップは果たせず、1991年より日本へ渡る[1]

日本での活動[編集]

1991年より新興チームのセルモから全日本F3000選手権へ参戦。当時の全日本F3000はブリヂストンダンロップ横浜ゴムのタイヤ戦争が起こっており、エイヴォンのワンメイクだった国際F3000に比べはるかに高いグリップレベルのタイヤを使いこなすことが要求されていた。多くの外国人ドライバーがタイヤの使い方に悩む中、アーバインはセルモ代表の佐藤正幸の指導を受けながらダンロップユーザーのエース格に成長する。初年度はランキング7位。1992年は8位、1993年は最終戦まで星野一義と壮絶なチャンピオン争いを演じ、総得点で星野を1点上回ったが、有効得点では同点となり、優勝回数の差(星野2勝、アーバイン1勝)でチャンピオンを逃した。

また、トヨタ系のサードトムスのドライバーとしてグループC全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に参戦し、ル・マン24時間レースにも1992年から3年連続で出場した。F1デビュー後の1994年は日本時代の親友であり、1994年サンマリノGPで事故死したローランド・ラッツェンバーガーの代役として出場。サードチームは終盤までトップを快走するも、ミッショントラブルから3位に後退。最終ドライバーを任されたアーバインは予選並みのハイペースで疾走し、ファイナルラップで2位を奪還する熱い走りを見せた。レース後、「ローランドがいれば楽勝だった」とのコメントを残した。このレースでのチームメイトであり、やはり日本時代に親交を深めていたジェフ・クロスノフも後にレース中に絶命し、アーバインは大きなショックを受けたという。

F1[編集]

ジョーダン時代[編集]

ジョーダン時代(1995年イギリスGP)

日本での活躍が評価され、1993年日本GPで古巣ジョーダンのセカンドシートを与えられ、F1デビュー戦にして予選8位、決勝6位入賞という結果を残す。この日本GP決勝直後アーバインは、クレームを付けに来たアイルトン・セナに殴打されかかるという事件があった。レース中に周回遅れのアーバインがラップリーダーのセナに対し道を譲らなかったこと[2]、およびファイナルラップに勝利を確信したセナのクルージング中にアーバインがパッシングしたことに対するクレームである。なお、この事件は周囲の懸命な制止により未遂であるにもかかわらず、アーバインは「セナに殴られた」と触れ回ったため、新聞には「セナ、アーバインにパンチ」という見出しなどで掲載された。かつてはセナに憧れ、自らのヘルメットもセナのデザイン(ブラジル国旗をモチーフとしたもの)を真似ていたが、この事件以前にセナから「意匠権の侵害である」とクレームを付けられたこともあり、関係が悪化していた。

1994年からはジョーダンのレギュラードライバーとなる。開幕戦ブラジルGPで多重クラッシュの原因を引き起こしたかどで次戦出場停止処分となったが、これに控訴した結果さらにペナルティが加算され、3戦出場停止という厳罰を受けた。この件は前年のセナとの問題でFIA法廷に被害者として出廷した際のアーバインの態度が不遜かつ無礼なものであった事に対し、FIAが灸を据えたのではないかとも言われている。若手のホープとして嘱望されていたチームメイトのルーベンス・バリチェロを予選で上回ることも多く、速いことは認められていたものの、歯に衣着せぬ物言いで他のドライバーの悪口を口にしてしまうなど悪い癖もあり、当初は危険なドライビングをするドライバーという印象が定着していた。

1995年も引き続きジョーダンから参戦し、カナダGPでは3位入賞を果たし、初の表彰台を獲得する。

フェラーリへ[編集]

フェラーリ時代(1999年カナダGP)

1996年、現役チャンピオンのミハエル・シューマッハがフェラーリへ移籍し、そのチームメイトを誰が務めるのか注目される中でアーバインに白羽の矢がたった。ジョーダンとは残留契約がまとまっていたが、金銭トレードの形で名門に迎え入れられることになった。

開幕戦のオーストラリアGPでは予選でいきなりシューマッハより上位につけ、決勝でも3位表彰台を獲得したが、結局開幕戦がこの年のハイライトになってしまう。移籍初年度はマシンの信頼性に苦しみ、テストも満足にさせてもらえず成績も低迷した。

1997年以降はテストやセッティングに関しても望むものを得られ、1997年日本GPではシューマッハとジャック・ヴィルヌーヴのチャンピオン争いにおいて、ヴィルヌーヴを牽制する汚れ役をこなし、その仕事師ぶりから「ベスト・セカンドドライバー」と称された。

1999年には開幕戦オーストラリアGPでF1初優勝を遂げたが、立場的にナンバー2扱いは変わらなかった。しかし、イギリスGPのクラッシュでシューマッハが骨折し長期欠場に追い込まれると、 代役エースとしてチームの全面サポートを受けることになる。続くオーストリアGP、ドイツGPを連勝してポイントリーダーに浮上し、マクラーレンミカ・ハッキネンデビッド・クルサード、ジョーダンのハインツ=ハラルド・フレンツェンと4つ巴のチャンピオン争いを演じた。ヨーロッパGPではタイヤ交換でピットにタイヤが用意されていないというドタバタを演じるが、マレーシアGPでは復帰したシューマッハのアシストでシーズン4勝目を挙げ、ハッキネンを4点リードして最終戦日本GPを迎えた。しかし、予選でクラッシュして決勝も3位に終わり、優勝したハッキネンにポイントで逆転されランキング2位に終わった[3]。フェラーリの16年ぶりとなるコンストラクターズチャンピオン獲得に大きく貢献したが、このシーズン限りでチームを去ることになった。

アーバインはF1キャリアの中で一度もポールポジションを獲得したことがなく、1999年はポールポジション獲得経験の無いチャンピオンが誕生しかけたシーズンでもあった。また、1999年シーズンにアーバインが上げた4勝のうち2勝はチームメイトから譲られた勝利であり、ドイツGPでチームオーダーを受けてくれたミカ・サロには感謝の印として優勝トロフィーを贈っている。

ジャガー[編集]

ジャガー時代(2002年アメリカGP)

2000年にはスチュワートから発足したジャガーと3年契約を結び、エースドライバー待遇で迎えられる。髪をブロンドに染めてイメージチェンジし、チームにちなんでヘルメットをジャガーのデザインに変えるなど意気込みを見せたが、チーム体制のごたごたやマシン開発の失敗により成績は低迷する。思うような走りは出来なかったが、2001年モナコGP2002年イタリアGPで3位入賞を果たす。このレースではフェラーリが1-2フィニッシュを達成しており、元フェラーリであるアーバインが共に表彰台に上ったことになった。2001年のベルギーGPでは元チームメイトのルチアーノ・ブルティと接触し、ブルティは大クラッシュ。リタイアしたアーバインはブルティの救出活動を手伝ったが、ブルティは負傷欠場に追い込まれた。

3年契約の最終年の2002年をもってチームを放出される。シーズン終了後、一時「来季はジョーダンで走る」と言われたが契約が破談し、2002年限りで現役引退した。

引退後[編集]

引退後、アメリカ・マイアミに住居を構える。全日本F3000参戦中は日本語が全く出来なかったため、テレビはずっとCNNなど英語が聞けるニュースや経済番組しか見なかった。そのため、現役時代より不動産などの投資に長けており、現在も投資を続けている。その資産は、2008年3月時点で2億4,500万ユーロ(約384億円)ともいわれ、これは北アイルランドスポーツ長者番付では断トツのトップである。また、映画の脇役で銀幕デビューも果たしている。

2005年には、F1への新規参入チームを巡るニュースでアーバインの名が取り上げられたが、実現はしなかった。

エピソード[編集]

  • 父親の名も「エドムンド」と言い、こちらはエドとよばれる。その父親は、息子に「スターリング・モス・アーバイン」と名付けようとして母親に拒否され、自分と同じ「エドムンド」と名付けている。
  • 全日本F3000時代の経験から星野一義に一目置くようになり、F1初優勝時のレース後記者会見で「日本にはホシノっていうバカっ速いドライバーがいて、なかなか勝たせてくれなかったんだよ」「今ここに自分が居られるのはホシノさんのおかげだよ」と語り、2位入賞で同席していたハインツ=ハラルド・フレンツェン(同じく全日本F3000でのレースキャリアがある)も思わず頷いた。そのため、欧州などのジャーナリストが「ホシノとは何者だ?」と日本人ジャーナリストに聞きまわったという逸話がある。また後に星野が現役引退した際、引退を惜しむコメントを寄せている。
  • 日本在住当時はミカ・サロジャック・ヴィルヌーヴらと六本木で遊んだ仲だった。F1進出後も日本GPのため年に一度来日すると六本木を訪れ、ホテルに預けていた自転車を足代わりにしていた。
  • ヴィルヌーヴとは1997年の最終戦ヨーロッパGPで走行を妨害したとして一悶着起こしているが、後年ヴィルヌーヴは「汚い言葉を除けば彼(アーバイン)はまともなことを言っている」と評している。
  • F1パドックのトイレで当時のフェラーリの社長ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロに遭遇した際「フェラーリの部品は高すぎる、どうにかならないのか?」と話しかけた事が強くモンテゼーモロの印象に残りフェラーリ移籍に一役買ったとも言われている。
  • 「シューマッハに勝つにはシューマッハより優れたマシンを手に入れる事が必要だと思ったから移籍した。」とジャガーレーシングへの移籍の際に語っていた。フェラーリ時代はミハエル中心の体制に不満があったとのちに公言し、「いつかあいつがバナナの皮でずっこけて足でも折らないかと思っていたら、本当に骨折した」との過激な発言を残している。
  • LUNA SEAINORANと仲が良く、1999年のLUNA SEAのライブに顔を出している。

アイルランド国旗問題[編集]

アーバインはイギリス(連合王国)に属する北アイルランドの出身であるが、自らはアイルランド人であるというアイデンティティが強く、1995年カナダGPで初めてF1の表彰台に登ったときにアイルランド国旗を掲揚した(これは主催者側が用意したものではなくアーバイン自身が持参もしくはアイルランド人オーナーのエディ・ジョーダン側が用意したものと言われている)。

これがロイヤリストユニオニスト)過激派の逆鱗に触れ、殺害予告をされるほどの問題になった。この時以来、アーバインは自らがイギリス国民であると公称し、表彰式の際もイギリス国旗を掲揚するようになった。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1991 コスモオイルレーシングチーム セルモ SUZ
8
AUT
5
FUJ
15
MIN
1
SUZ
4
SUG
7
FUJ
13
SUZ
Ret
FUJ
C
SUZ
13
FUJ
9
7位 14
1992 コスモオイルレーシングチーム セルモ SUZ
8
FUJ
4
MIN
1
SUZ
Ret
AUT
Ret
SUG
Ret
FUJ
7
FUJ
5
SUZ
4
FUJ
11
FUJ
Ret
8位 17
1993 コスモオイルレーシングチーム セルモ SUZ
3
FUJ
3
MIN
Ret
SUZ
1
AUT
C
SUG
15
FUJ
C
FUJ
6
SUZ
2
FUJ
2
SUZ
4
2位 32

F1[編集]

所属チーム # ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数
1993年 ジョーダン 15 22位 1 6位・1回 0回 8位・1回
1994年 15 16位 6 4位・1回 0回 4位・1回
1995年 15 12位 10 3位・1回 1回 4位・1回
1996年 フェラーリ 2 10位 11 3位・1回 1回 3位・1回
1997年 6 7位 24 2位・1回 5回 3位・1回
1998年 4 4位 47 2位・3回 8回 2位・1回
1999年 4 2位 74 1位・4回 9回 2位・3回
2000年 ジャガー 7 13位 4 4位・1回 0回 6位・2回
2001年 18 12位 6 3位・1回 1回 6位・1回
2002年 16 9位 8 3位・1回 1回 5位・1回
所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1993 ジョーダン 193 RSA
BRA
EUR
SMR
ESP
MON
CAN
FRA
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
POR
JPN
6
AUS
Ret
20位 1
1994 194 BRA
Ret
PAC
SMR
MON
ESP
6
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
13
ITA
Ret
POR
7
EUR
4
JPN
5
AUS
Ret
16位 6
1995 195 BRA
Ret
ARG
Ret
SMR
8
ESP
5
MON
Ret
CAN
3
FRA
9
GBR
Ret
GER
9
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
10
EUR
6
PAC
11
JPN
4
AUS
Ret
12位 10
1996 フェラーリ F310 AUS
3
BRA
7
ARG
5
EUR
Ret
SMR
4
MON
7
ESP
Ret
CAN
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
5
JPN
Ret
10位 11
1997 F310B AUS
Ret
BRA
16
ARG
2
SMR
3
MON
3
ESP
12
CAN
Ret
FRA
3
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
9
BEL
10
ITA
8
AUT
Ret
LUX
Ret
JPN
3
EUR
5
7位 24
1998 F300 AUS
4
BRA
8
ARG
3
SMR
3
ESP
Ret
MON
3
CAN
3
FRA
2
GBR
3
AUT
4
GER
8
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
2
LUX
4
JPN
2
4位 47
1999 F399 AUS
1
BRA
5
SMR
Ret
MON
2
ESP
4
CAN
3
FRA
6
GBR
2
AUT
1
GER
1
HUN
3
BEL
4
ITA
6
EUR
7
MAL
1
JPN
3
2位 74
2000 ジャガー R1 AUS
Ret
BRA
Ret
SMR
7
GBR
13
ESP
11
EUR
Ret
MON
4
CAN
13
FRA
13
AUT
PO
GER
8
HUN
8
BEL
10
ITA
Ret
USA
7
JPN
8
MAL
6
13位 4
2001 R2 AUS
11
MAL
Ret
BRA
Ret
SMR
Ret
ESP
Ret
AUT
7
MON
3
CAN
Ret
EUR
7
FRA
Ret
GBR
9
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
USA
5
JPN
Ret
12位 6
2002 R3 AUS
4
MAL
Ret
BRA
7
SMR
Ret
ESP
Ret
AUT
Ret
MON
9
CAN
Ret
EUR
Ret
GBR
Ret
FRA
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
6
ITA
3
USA
10
JPN
9
9位 8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1990年のマカオGPで3位を獲得したアーバインは、翌週に富士スピードウェイで行われた第1回インターF3リーグに出場した際、来日のオファーを受けた。
  2. ^ このときアーバインはデイモン・ヒルと6位争いの激しいバトルを行っている最中だった。
  3. ^ 日本GPでのシューマッハのレースぶりに関して、テレビ解説者の片山右京鈴木亜久里は「シューマッハはフェラーリで先にドライバーズタイトルを獲られたくないとの思いがあったのではないか」とコメントした。それに対し、今宮純は著書『F1ドキュメント』で「シューマッハのスタート失敗はシステムの異変。最初のピットイン迄の失速は、オーバーステアによるもの」と分析し、「シューマッハのやる気がなかった」という意見を否定している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]