フェラーリ・F399

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・F399
1999年のカナダGPでエディー・アーバインがドライブするF399
1999年のカナダGPエディー・アーバインがドライブするF399
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー ロリー・バーン
先代 フェラーリ・F300
後継 フェラーリ・F1-2000
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フェラーリ Tipo048/B/C 2997cc 80度 V10 縦置き NA
トランスミッション フェラーリ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 シェル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリマールボロ
ドライバー 3. ミハエル・シューマッハ
3. ミカ・サロ
4. エディ・アーバイン
出走時期 1999年
コンストラクターズ
タイトル
1 (1999年)
ドライバーズタイトル 0
初戦 1999年オーストラリアグランプリ
初勝利 1999年オーストラリアグランプリ
最終戦 1999年日本グランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 6 3 6
テンプレートを表示

フェラーリF399 (Ferrari F399) は、スクーデリア・フェラーリ1999年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーロス・ブラウンロリー・バーンが設計し、1999年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。フェラーリとしてのコードナンバーは650。

F399[編集]

F399は、Ferrari 3リッターエンジンを搭載した1999年仕様から取られた。

1998年シーズングッドイヤータイヤを使用していたが、グッドイヤーの撤退に伴ってブリヂストンに変更した。F399はタイヤの変更に対応するように改良された。

様々な改良パーツが使用されたが、真夏のレースで排熱を重視すると空力的に悪くなるという悪循環にはまり、一度投入したパーツを以前の物に変えるなど、どたばたしていた面もあった。

F399の設計はF300の影響が大きいものの、リヤサスペンションは新しいトーションバースプリングを組み込んだものとなり、ホイールベースは約100㎜延長された。信頼性と安定性が重視された結果、全レースの決勝ラップの93%を走破する信頼性を発揮した。

非常に高い競争力を持っていたが、チームのエースであるミハエル・シューマッハが第8戦のレースで負傷し以降のレースを欠場したため、チームは1999年のタイトルを早々に諦め、F399の改良をせず、翌年のF1-2000の開発を進めることとなった。

ロリー・バーンはF399こそがその後のフェラーリF1の基礎になったと語る。「毎年新しいクルマづくりに取り掛かろうとするたび、私はF399のことを思い返す。すべてのベースはあそこにあるんだ。以降のクルマたちは、その進化型だといっていい。」[1]

1999年シーズン[編集]

開幕戦はエディー・アーバインが制した。第3,4戦はミハエル・シューマッハが連勝。第6戦カナダGPではポールポジションからスタートするも、トップ走行中に最終シケイン[2]にクラッシュしてリタイヤ。この時点でシューマッハはミカ・ハッキネンの先行を許し、4点差で選手権2位だった。

第8戦イギリスGPでアクシデントが発生する。スタートするも、グリッド上で立ち往生したマシンがいたため、赤旗によってレース中断となった。しかし、それを知らされなかったシューマッハは高速のハンガーストレートから続くストウコーナーで前方のアーバインのインに入ったが、十分に減速することができずにストウコーナーを飛び出し、タイヤバリアにノーズから一直線に突き刺さった。この事故が元でシューマッハは右足を骨折してしまい、タイトル争いから離脱した。

代わってカーナンバー3のマシンに乗ったのはミカ・サロだった。序盤にB・A・Rから3戦出走していただけだったが、シューマッハが復帰するまでステアリングを握ることとなった。

シューマッハの離脱を受けて、フェラーリのエースとなったアーバインは第9,10戦と連勝。タイトル争いは白熱していく。ハッキネンのリタイヤの回数はアーバインより多く、第13戦イタリアGP終了時についに60ポイントの同点となった。

F399のディフレクター

そして第15戦から復帰したシューマッハは、同僚アーバインをサポート。ポールポジションを獲得し、レース中にアーバインを先行させた後は、ハッキネンをブロック。フェラーリの1-2を飾った。しかし、レース後の車検でマシンのディフレクターに規定違反との裁定が下り、フェラーリの2台は失格。3位のハッキネンが繰り上がりの優勝で、ハッキネンの1999年ワールドチャンピオン決定と一度は決まった。しかし、ジャン・トッドら首脳陣の抗議によって後日裁定が覆り、該当部分の寸法は誤差の範囲内であったとして元の順位に戻り、最終戦はアーバインの4ポイントリードで臨むことになった。

最終戦日本GPは、ポールにシューマッハ、2位のハッキネンが並んだ。アーバインは5位と出遅れてしまう。スタート時に、シューマッハは痛恨のホイールスピン。結局ハッキネンを捉えることができず、1位ハッキネン2位シューマッハ3位アーバインでチェッカーを受けた。アーバインは2ポイント差でランキング2位でシーズンを終えた。しかし、年間を通して信頼性に優れていたので、1983年以来のコンストラクターズチャンピオンを獲得した。

スペック[編集]

1999年カナダGPでミハエル・シューマッハがドライブするF399

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 Tipo048
  • 気筒数・角度 V型10気筒・80度
  • 排気量 2,996.6cc
  • 最高回転数 17,100回転(予選時17,500回転)
  • 最大馬力 780馬力(予選時795馬力)
  • 重量 114kg
  • スパークプラグ チャンピオン
  • 燃料・潤滑油 シェル
  • イグニッション マニエッティ・マレリ
  • インジェクション マニエッティ・マレリ

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
AUT
オーストリアの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
MAL
マラヤ連邦の旗
JPN
日本の旗
1999 3 ドイツの旗 シューマッハ 8 2 1 1 3 Ret 4 Ret INJ INJ INJ INJ INJ INJ 2 2 128 1位
3 フィンランドの旗 サロ 9 2 12 7 3 Ret
4 イギリスの旗 アーバイン 1 5 Ret 2 4 3 6 2 1 1 3 4 6 7 1 3

脚注[編集]

  1. ^ 山海堂刊 Ferrari Formura One Cars 1999-2004 ISBN4-381-07783-0
  2. ^ ワールドチャンピオン経験者のデイモン・ヒルジャック・ヴィルヌーヴもここにクラッシュしたことから後にチャンピオンズウォールと名づけられた。