フェラーリ・500F2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ 500F2
Ferrari 500.jpeg
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー アウレリオ・ランプレディ
先代 フェラーリ・375F1
後継 フェラーリ・553F1
主要諸元
エンジン フェラーリ Tipo500
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ
エキュリー・ロジェ
エキュリー・エスパドン
エキュリー・フランコルシャン
G.カプララ
ドライバー アルベルト・アスカリ
ルイジ・ヴィロレージ
ジュゼッペ・ファリーナ
ピエロ・タルフィ
マイク・ホーソン
出走時期 1952 - 1953
コンストラクターズ
タイトル
0 (タイトル制定前)
ドライバーズタイトル 2
表彰台(3位以内)回数 31
初戦 1952年スイスGP
初勝利 1952年スイスGP
最終戦 1953年イタリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
14 13 13
テンプレートを表示

フェラーリ 500F2 (Ferrari 500F2) は、スクーデリア・フェラーリ1952年から1953年にかけてF1世界選手権で使用したフォーミュラ2カーである。車名の「500」はエンジン1気筒あたりのシリンダー容積500ccをあらわす(500cc×4気筒=2,000cc)。

2年間に渡り圧倒的な成績を収め、アルベルト・アスカリが2年連続ドライバーズチャンピオンに輝いた。

概要[編集]

1952年のF1世界選手権は参加台数不足の懸念からエンジン排気量2,000ccのF2規定のマシンで争われることになった。フェラーリはすでにV12エンジンの166F2と212F2を保有しており優位な立場にあったが、アウレリオ・ランプレディは新設計の直列4気筒エンジンを開発した。競技車・市販車を含めて、フェラーリがV12以外のエンジンレイアウトを採用した初のケースとなった。

500F2は革新的ではないが手堅く実戦的に設計された。シンプルな構造のエンジンは低重心で中速域のトルクに優れた。車重は軽く、操縦性の優れたバランスの良いマシンとなった[1]。世界選手権以外のレースも含め、1952年から1953年にかけて33戦出走して30勝。のべ109回出走して81回完走、リタイアは18回のみだった[1]。マシンは優れていたが、強力なライバルが不在だったことも関係していた。

1953年の最終戦には排気量を1,997ccに上げた553F2を試験的に投入。1954年から再びF1規定の世界選手権となると、2,500ccにまで拡大した553F1を使用した。

スペック[編集]

500F2の操縦席

[2]

シャーシ
エンジン
  • 気筒数・角度 直列4気筒
  • ボア・ストローク 90×78mm
  • 排気量 1,984cc
  • 最高出力 185馬力/7,500回転
  • 動弁 DOHC・1気筒あたり2バルブ
  • キャブレター ウェバー50 DCOキャブレター(ツイン)
  • 点火装置 ツインスパーク
  • 潤滑システム ドライサンプ
  • クラッチ マルチプレート
  • 最高速度 260km/h
タイヤ
  • メーカー ピレリとエングルベールを併用
  • 前輪サイズ 5.50×15
  • 後輪サイズ 7.00×15

成績[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Doug, Nye「1950-1999 グランプリカー・オブ・ザ・イヤー」、『F1倶楽部』第29号、双葉社、2000年3月、 46頁。
  2. ^ Ferrari.com All Models 500F2