ジル・シモン (F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サングラスを掛けているのがジル・シモン(2007年イギリスGP

ジル・シモンGilles Simon 1958年6月14日 -)はフランス出身のモータースポーツ技術者。以前はスクーデリア・フェラーリのエンジン開発部門責任者を務めていた。

経歴[編集]

フランス・パリ国立高等鉱業学校(École des Mines de Paris)で工学を学び、1984年に卒業。その後、4年間ルノーチームに加わり研究開発技術者として働いた。

1990年よりプジョーに加入し、ル・マン24時間レースを中心としたスポーツカー世界選手権でのV10エンジン開発に加わり、1993年のル・マンで表彰台を独占するなどの成功を収めた。同年にはプジョー監督のジャン・トッドとともにF1のスクーデリア・フェラーリへ移籍し、パオロ・マルティネッリ率いるエンジン部門でV10エンジン開発を行った。

2006年10月、マルティネッリがフィアットへ転籍したことに伴い、フェラーリのエンジン開発部門のテクニカルディレクターに就任した。2008年にはチーム内の組織改編により、エンジン・エレクトロニクス・ディレクターの任を務めたが、2009年10月付けでルカ・マルモリーニに地位を譲ることが発表された[1]

2009年12月より、トッドが会長を務める国際自動車連盟 (FIA) で、環境対応型エンジンのワーキンググループを監督[2]。2014年よりF1に導入されるパワートレイン(V6ターボエンジン+エネルギー回生システム)のレギュレーション作成に携わった。

2011年8月にはクレイグ・ポロックが設立したP.U.R.Eへ加入し、F1用ターボエンジンの開発責任者となった。シモンはFIAでエンジンの機密情報にアクセスできる立場にあったため、競合メーカーからは情報流出に対する懸念が示された[3]。しかし、P.U.R.E.は資金難により、2012年7月に活動停止した[4]

その後、2015年にF1復帰を目指しているホンダエンジンの開発にコンサルタントとして関わっている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Marmorini replaces Simon at Ferrari(autosport.com 2009年10月6日)
  2. ^ "ジル・シモン、FIAに加入". F1-Gate.com.(2009年12月28日)2013年月日閲覧。
  3. ^ "F1エンジンメーカー、ジル・シモンからPUREへの情報流出を懸念". F1-Gate.com.(2011年7月30日)2013年5月20日閲覧。
  4. ^ "新F1エンジンメーカーのPURE、操業停止". Topnews.(2012年7月30日)2013年5月20日閲覧。
  5. ^ "【特別寄稿】オグたんのホンダF1復帰フォローアップ会見リポート". Car Watch.(2013年7月2日)2013年8月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]