フェラーリ・F186

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ F186
1986年イタリアGPにてミケーレ・アルボレートがドライブするF186
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
ジャン=ジャック・イス
先代 フェラーリ・156/85
後継 フェラーリ・F187
主要諸元
エンジン フェラーリ Tipo032
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC
ドライバー 27. イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
28. スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
出走時期 1986年
表彰台(3位以内)回数 5
通算獲得ポイント 37
初戦 1986年ブラジルGP
最終戦 1986年オーストラリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

フェラーリ・F186 (Ferrari F186) は、スクーデリア・フェラーリ1986年のF1世界選手権用に開発したフォーミュラ1カーハーベイ・ポスルスウェイトを中心とするデザインチームが設計し、1986年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

概要[編集]

F186のシャーシ開発にはコンピュータ支援設計・製造技術 (CAD/CAM) が導入された。前モデルの156/85よりも全高が160mm低くなり、高いエンジンカウルでリアウィングへの整流を行った。

V6ターボエンジンは過給機をKKK製からギャレット製に変更。燃料搭載量195リッターとする新規制に対応しつつ、出力向上を図った。

1986年シーズンの最高成績はミケーレ・アルボレートオーストリアGPで獲得した2位。ウィリアムズホンダマクラーレンTAGポルシェが展開する優勝争いには加わることができず、1980年以来の年間0勝に終わった。ステファン・ヨハンソンは終盤戦コンスタントにポイントを稼いだが、シーズン後にチームを去ることになった。

スペック[編集]

[1]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

成績[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
1986 BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
MEX
メキシコの旗
AUS
オーストラリアの旗
37 4位
27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート Ret Ret 10 Ret 4 8 4 8 Ret Ret Ret 2 Ret 5 Ret Ret
28 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン Ret Ret 4 10 3 Ret Ret Ret Ret 11 4 3 3 6 12 3

脚注[編集]

  1. ^ F1-86”. All Models. Ferrari.com. 2011年11月25日閲覧。