フェラーリ・F2005

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ F2005
2005年カナダGPでのF2005ミハエル・シューマッハがドライブ
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー アルド・コスタ
先代 フェラーリ・F2004M
後継 フェラーリ・248F1
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
エンジン フェラーリ Tipo055 2997cc 90度 V10 縦置き NA
トランスミッション フェラーリ製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 シェル
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリマールボロ
ドライバー 1. ミハエル・シューマッハ
2. ルーベンス・バリチェロ
出走時期 2005年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 8
通算獲得ポイント 90
初戦 2005年バーレーンGP
初勝利 2005年アメリカGP
最終戦 2005年中国GP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 1 1 3
テンプレートを表示


フェラーリ F2005 (Ferrari F2005) は、スクーデリア・フェラーリ2005年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2005年の第3戦から、最終戦まで実戦投入された。フェラーリとしてのコードナンバーは656。

2006年に行われたトリノオリンピックの開会式においてこのF2005が登場し、トリノ出身のF1ドライバールカ・バドエルドーナツターンを披露している。

開発の方針[編集]

2004年シーズンにおいて、2002年に次ぐ圧勝に終わったフェラーリは、F2005については前年型であるF2004を発展開発する方針をとった。また2グランプリ1エンジン規則やエアロダイナミクス規則が大幅に変更されたことを受け、序盤はF2004Mを導入して様子を見ることにした。他にもチーフデザイナーがロリー・バーンからアルド・コスタに交代するなど大きな変化があった。

フロントウイングには、特徴的なサブウイングがメインエレメント前方に取り付けられている[1]。フロントウイングの最低地上高上昇に対応して設置された。フロントウイングの形状は、発表会ではF2004Mと同じ形状でノーズも下端が膨らんだものを搭載していた。第3戦バーレーンGPでの実戦投入時には、ノーズ下端はF2004に似たストレートな形状に変更された[2]

エンジンカウルは、コークボトルがさらにコンパクトになされており、エギゾーストパイプをおさめるためにバルジを設けるほどであった[3]

インダクションポッドに装着されるミッドウイングは2対4枚に増やされた。前方の1組はダウンフォースを発生する形状で後方の1組が気流を下側(リヤウイング方向)に導くように装着されている[4]

F2004から再び装着されるようになったチムニーだが、F2005ではより空力重視な思想が見える。チムニー後端がウイングレット翼端板と交差する形となっている[5]。また、気温がそれほど高くなく、チムニーが不要な際には、ウイングレットとスムーズに交差する形状のフィンが代わりに搭載され、整流フィンとしての役割を担っている[5]

2005年シーズン[編集]

シーズンが開幕するとF2004Mではまったく歯が立たず、第3戦バーレーンGPからF2005が投入された。当初は約1ヵ月後の第5戦スペインGPに投入予定だったが、苦戦続きで2戦前倒しになった。しかし、ギアボックスの設計ミス(投入初戦のバーレーンGPでは、強度不足によるケーシングの座屈が起きていた[6])に起因するマシンバランスの変化とブリヂストンタイヤとのミスマッチング[7]ディフューザーの設計失敗、2005年の新レギュレーションにマシンがうまく馴染めなかったなどによりルノーフェルナンド・アロンソにワールドチャンピオンを奪われた。

優勝も、ミシュランタイヤ勢がタイヤ問題で撤退した第9戦アメリカGPのみにとどまった。

また、翌年からの新V8エンジンの開発にリソースを取られていたことも不振の原因といわれる。

スペック[編集]

2005年のカナダGPジル・ヴィルヌーヴ・サーキットを走行するF2005(ドライバーはシューマッハ)

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
EUR
欧州連合の旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
BRA
ブラジルの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
2005 1 ドイツの旗 シューマッハ Ret 2 Ret 7 5 2 1 3 6 5 2 Ret 10 Ret 4 7 Ret 100* 3位
2 ブラジルの旗 バリチェロ 9 Ret 9 8 3 3 2 9 7 10 10 10 12 5 6 11 12

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『F1モデリング Vol.25』 山海堂2005年、pp.8 - 9。
  2. ^ 『F1モデリング Vol.25』 山海堂2005年、p.8。
  3. ^ 『F1モデリング Vol.25』 山海堂2005年、p.11。
  4. ^ 『F1モデリング Vol.25』 山海堂2005年、pp.13,113。
  5. ^ a b 『F1モデリング Vol.25』 山海堂2005年、pp.11,113 - 114。
  6. ^ 『F1モデリング Vol.25』 山海堂2005年、p.114。
  7. ^ 当年のBSユーザーは他にジョーダンミナルディだけで、開発は事実上フェラーリだけに委ねられていた。しかし当のフェラーリのマシンが上記の問題を抱えており、問題の洗い出しをしようにも原因がタイヤ側か車両側か分からず、手の施しようがなかったとシーズン終了後に浜島裕英は語っている。