ナイジェル・ステップニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナイジェル・ステップニーNigel Stepney 1958年11月14日-)はイギリスイングランド出身でF1チームの元メカニックであった。

現在、ステップニーはスパイ疑惑事件で国際自動車連盟(FIA)から国際モータースポーツへの参加を2009年7月1日まで事実上[1][2]、禁止されておりギガウェーブ社のレーステクノロジー担当部長を務めている。[3]

経歴[編集]

1977年 F1チーム・シャドウで働きはじめエリオ・デ・アンジェリスと出会いその後、1980年にエリオ・デ・アンジェリスと共にロータスへ移籍し数年間エリオ・デ・アンジェリスのナンバー1メカニックとして働き、また、アイルトン・セナのメカニックとしても働いていた。

1988年 ロータスのチーム・マネジャーだったピーター・コリンズと共にベネトンに移籍した。

一時、フォーミュラ3000ネルソン・ピケが運営するチームで働き、1993年にはスクーデリア・フェラーリへ移籍する。その後、1996年にベネトン時代に共に仕事をしていたミハエル・シューマッハロリー・バーンロス・ブラウンがチームに加入してくると、チーフメカニックやレース・テストテクニカルマネージャーなどの役割りを与えられ、特に2000-2004年ミハエル・シューマッハがチャンピオン獲得のために働いた重要な一人となる。[4]2007年2月23日 ステップニーはレースには参加せず、ファクトリー内でのパフォーマンス開発者の長として昇進した。[5]

2007年6月 2007年モナコグランプリにてスクーデリア・フェラーリのレーシングカー2台への破壊工作を試みたとしてスクーデリア・フェラーリから告訴され同チームから懲戒処分を受けチームを去る。[6]

2008年 FIA GT選手権が契約している車載カメラ会社、ギガウェーブ社のレーステクノロジー担当部長を務めている。[7]

特徴のある出来事
  • 2000年スペイングランプリでピットクルーをしていた時にピットストップをするミハエル・シューマッハに引かれ足首の靭帯を損傷した。
  • 2007年2月1日にフェラーリチームの体制に不満があり、彼が新しい挑戦を求めてチームを去りたがっているとの情報が流れた。しかし、フェラーリ広報担当者(Luca Colajanni)がPitpassの情報に関して「彼(ステップニー)は2007年シーズンの終わりまでの契約があるのでフェラーリに残る」と言った。[8]
  • 自伝「レッドミスト」(Red Mist)が2008年に出版予定だったが、出版社のRed Mist Books社は出版を取り止めた。[9]出版、取り止めに対しステップニーは「圧力があった」と主張しているがRed Mist Books社、フェラーリ社共にそれを認めておらず詳細は定かではない。また、ステップニーは自伝を出版することを諦めていない。[10]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FIAの判断は各チームが契約する人物に対して制限する拘束力が及ばない為、FIAから各チームへ警告文が通達された。
  2. ^ FIA warns against working with Stepney(autosport.com 2008年3月8日記事)
  3. ^ Stepney signed by Gigawave company(autosport.com 2008年1月22日記事)
  4. ^ Ferrari takes Nigel Stepney to court(ITV Sport 2007年6月22日記事)
  5. ^ Stepney moves in Ferrari reshuffle(autosport.com 2007年2月23日記事)
  6. ^ Stepney dismissed by Ferrari(autosport.com 2007年7月3日記事)
  7. ^ Stepney signed by Gigawave company(autosport.com 2008年1月22日記事)
  8. ^ Stepney remains under contract to Ferrari(pitpass 2007年2月1日記事)
  9. ^ Publisher withdraws Stepney book(autosport.com 2007年10月1日記事)
  10. ^ Stepney presses on with controversial book(Home of Sport 2007年10月9日記事)

外部リンク[編集]