1953年アルゼンチングランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゼンチンの旗 1953年アルゼンチングランプリ
レース詳細
Autódromo Oscar y Juan Gálvez Circuito N° 2 (-) (Histórico).svg
日程 1953年シーズン第1戦
決勝開催日 1月18日
開催地 オスカル・ガルベス・サーキット
アルゼンチンブエノスアイレス
コース長 3.912
レース距離 379.464
決勝日天候 Hot, dry
ポールポジション
ドライバー イタリアの旗 アルベルト・アスカリ
タイム 1:55.4
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 アルベルト・アスカリ
タイム 1:48.4
決勝順位
優勝 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ
2位 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ
3位 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス

1953年アルゼンチングランプリ (I Gran Premio de la Republica Argentina) は、1953年1月18日に開催された1953年のF1世界選手権の開幕戦。アルゼンチンオスカル・ガルベス・サーキットで開催され、南米における初のF1公式戦であった。1952年と1953年は通常適用されるフォーミュラ1のレギュレーションでは無く、フォーミュラ2のレギュレーションが適用された。インディ500はF1世界選手権の1戦であったが、AAAのレギュレーションで実施された。

レース概要[編集]

第1回のアルゼンチングランプリは1月中旬に開催され、主要なワークス4チームが参加した:マセラティフェラーリクーパーゴルディーニ1951年度世界チャンピオンのファン・マヌエル・ファンジオ1951年スペイングランプリ以来世界選手権に参加していなかったが、同郷のフロイラン・ゴンザレスオスカル・ガルベス、イタリア人ドライバーフェリーチェ・ボネットと共にマセラティをドライブする。フェラーリはチャンピオンのアルベルト・アスカリニーノ・ファリーナルイジ・ヴィッロレージの前年までのラインナップに加え、プライベーターとしてクーパーをドライブしていたマイク・ホーソーンが加入した。クーパーはイギリス人ドライバーのペア、アラン・ブラウンジョン・バーバーと共に地元ドライバーのアドルフォ・シュウェルム・クルスを投入した。ゴルディーニは1952年のラインナップ、ロベール・マンヅォンモーリス・トランティニアンジャン・ベーラのトリオに加え、アルゼンチン人ドライバーのペア、カルロス・メンディテギーパブロ・ビルイェルを起用した。ビルイェルはシムカ・ゴルディーニをドライブした。

アスカリがポールポジションを獲得、昨シーズンから引き続いて4連続となる。チームメイトのヴィッロレージとファリーニが3位、4位に並んだ。しかしながら、復帰したマセラティのファンジオがフェラーリのフロントロー独占を阻止、2位に入った。2列目には2台目のマセラティを駆るゴンザレス、初のフェラーリのドライブとなるホーソーン、ゴルディーニのトランティニアンが並んだ。残るゴルディーニのマンヅォン、メンディテギー、ベーラと、マセラティのガルベスが3列目に並んだ。4列目はクーパーのブラウン、シュウェルム・クルス、シムカ・ゴルディーニのビルイェルが並び、その後にはマセラティのボネット、クーパーのバーバーが並んだ。

フアン・ペロン大統領のサーキットへのフリーアクセスを許容するという決定のため、過大な数の観衆が押しかけていた。そしてレースが始まったとき、彼らはコース沿いに立ち並んだ。31ラップ目に1人の観客がコースにさまよい出て、彼を避けるためにニーノ・ファリーナはやむを得ずコースから外れた。ファリーナは結局車のコントロールを失い観客の中に突っ込み、13名が死亡した。ポールポジションからスタートしたアスカリがレースの大半をリードして優勝、昨シーズンからの連勝を7に伸ばし、タイトル争いでのリードを確立した。ファンジオは2位を走行したが、トランスミッションの問題でリタイアした。マンヅォンが2位を引き継いだが、結局はヴィッロレージが2位に入った。ホーソーンが3位を走行したが、結局はゴンザレスに抜かれ、フェラーリの1-2-3はならなかった。ホーソーンは4位となり、ガルベスが5位に入りポイントを獲得した[1]

結果[編集]

予選[編集]

順位 No ドライバー チーム タイム
1 10 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 1:55.4 -
2 2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 1:56.1 +0.7
3 14 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 1:56.5 +1.1
4 12 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ フェラーリ 1:57.1 +1.7
5 4 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス マセラティ 1:58.5 +3.1
6 16 イギリスの旗 マイク・ホーソーン フェラーリ 1:59.4 +4.0
7 28 フランスの旗 モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 2:00.4 +5.0
8 26 フランスの旗 ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 2:00.9 +5.5
9 8 アルゼンチンの旗 オスカル・ガルベス マセラティ 2:01.3 +5.9
10 32 アルゼンチンの旗 カルロス・メンディテギー ゴルディーニ 2:01.8 +6.4
11 30 フランスの旗 ジャン・ベーラ ゴルディーニ 2:02.6 +7.2
12 20 イギリスの旗 アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 2:03.2 +7.8
13 24 アルゼンチンの旗 アドルフォ・シュウェルム・クルス クーパー-ブリストル 2:03.7 +8.3
14 34 アルゼンチンの旗 パブロ・ビルイェル シムカ-ゴルディーニ-ゴルディーニ 2:03.8 +8.4
15 6 イタリアの旗 フェリーチェ・ボネット マセラティ 2:04.2 +8.8
16 22 イギリスの旗 ジョン・バーバー クーパー-ブリストル 2:06.8 +11.4
Source:[2]

決勝[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 10 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 97 3:01:04.6 1 9
2 14 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 96 +1 lap 3 6
3 4 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス マセラティ 96 +1 lap 5 4
4 16 イギリスの旗 マイク・ホーソーン フェラーリ 96 +1 lap 6 3
5 8 アルゼンチンの旗 オスカル・ガルベス マセラティ 96 +1 lap 9 2
6 30 フランスの旗 ジャン・ベーラ ゴルディーニ 94 +3 laps 11
7 28 フランスの旗 モーリス・トランティニアン
アメリカ合衆国の旗 ハリー・シェル
ゴルディーニ 91 +6 laps 7
8 22 イギリスの旗 ジョン・バーバー クーパー-ブリストル 90 +7 laps 16
9 20 イギリスの旗 アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 87 +10 laps 12
リタイア 26 フランスの旗 ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 67 ホイール 8
リタイア 2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 36 トランスミッション 2
リタイア 6 イタリアの旗 フェリーチェ・ボネット マセラティ 32 トランスミッション 15
リタイア 12 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ フェラーリ 31 アクシデント 4
リタイア 32 アルゼンチンの旗 カルロス・メンディテギー ゴルディーニ 24 ギアボックス 10
リタイア 34 アルゼンチンの旗 パブロ・ビルイェル シムカ-ゴルディーニ-ゴルディーニ 21 ディファレンシャル 14
リタイア 24 アルゼンチンの旗 アドルフォ・シュウェルム・クルス クーパー-ブリストル 20 ホイール 13
Source:[3]

[編集]

第1戦終了時点でのランキング[編集]

順位 ドライバー ポイント
1 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ 9
2 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ 6
3 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス 4
4 イギリスの旗 マイク・ホーソーン 3
5 アルゼンチンの旗 オスカル・ガルベス 2
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。


参照[編集]

  1. ^ Argentine GP, 1953 Race Report”. Grandprix.com. 2013年7月16日閲覧。
  2. ^ 1953 Argentine Grand Prix - Qualifying and Race Results”. f1pulse.com. 2013年7月16日閲覧。
  3. ^ Formula 1 - The Official F1 Website”. Formula 1. 2013年7月16日閲覧。
前戦
1952年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
1953年シーズン
次戦
1953年のインディ500
アルゼンチンの旗 アルゼンチングランプリ 次回開催
1954年アルゼンチングランプリ