1951年イギリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 1951年イギリスグランプリ
レース詳細
Silverstone circuitmap 1950-51.jpg
日程 1951年シーズン第5戦
決勝開催日 7月14日
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス ノーサンプトンシャー州
コース長 4.649
レース距離 408.410
決勝日天候 Mild, Dry
ポールポジション
ドライバー アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス
タイム 1:43.4
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ
タイム 1:44.0
決勝順位
優勝 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス
2位 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ
3位 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ

1951年イギリスグランプリ (IV RAC British Grand Prix) は、1951年F1世界選手権の第5戦として、1951年7月14日にシルバーストン・サーキットで開催された。

F1世界選手権の開始以来、インディ500を除くレースにおいてアルファロメオ以外の車両、そして自然吸気エンジン搭載車両が初めて優勝したレースであり、スクーデリア・フェラーリフロイラン・ゴンザレスの初優勝でもある。

レース概要[編集]

1937年までアルファロメオがレース活動を任せていたスクーデリア・フェラーリで指揮を取っていたエンツォ・フェラーリが1938年に独立し、スクーデリア・フェラーリ株式会社の名で活動していた。そして1948年からF1で活動するようになり、翌1949年には本格的な活動を開始した。1949年はアルファロメオがF1活動を行っていなかったため直接対決はなかったが、1950年からはF1世界選手権が始まり、世界各地で相見えていた。しかし1951年のフランスGPまではその全てにアルファロメオが勝利してきた。

この年のアルファロメオは、前年同様のスーパーチャージャーを装備した1.5リットルV12エンジンを搭載する新車159を投入し、万全の体制で望んだ。一方でフェラーリは前年までのスーパーチャージャーエンジンをやめ、4.5リットル非過給エンジンを搭載した375F1を投入している。

フロイラン・ゴンザレスは予選でファン・マヌエル・ファンジオを1秒上回り、そのキャリアで初のポールポジションを獲得した。またそれは、フェラーリチームにとっても初のポールポジションであった。加えて、インディ500を含む世界選手権で初めてアルファロメオ以外の車両が獲得したポールポジションでもあった。ニーノ・ファリーナアルベルト・アスカリは予選3、4位となり、フロントローを獲得した[1]

決勝ではゴンザレスとファンジオがフロントローから並んで飛び出し、すぐ後にアルファロメオフェリーチェ・ボネットフェラーリルイジ・ヴィッロレージが続いた。ボネットは7位スタートであったが、第1コーナーに1番で飛び込み、その後にフェラーリのゴンザレスが続いた。2ラップ目にゴンザレスがボネットを抜いてトップに立ち、その後にファンジオが続いた。BRMレグ・パーネルピーター・ウォーカーが首位を追撃する。チームはサーキットに土壇場で到着して、練習走行も行っていなかったが、デビュー戦への予選を通過し、決勝は19、20番手からスタートしていた。ボネットのチームメイト、ファンジオと、世界チャンピオンのニーノ・ファリーナは何とか追いついて2位と3位を走行する。6ラップ目にファンジオはゴンザレスに迫り始め、10ラップ目のストレートで追い抜いた。コンサルボ・サネージは燃料補給とタイヤ交換のためピットインした。

マセラティジョン・ジェームズは23ラップ目にラジエターの問題でリタイアし、41ラップ目にはルイ・シロンがリタイアする。ファリーナは75ラップ目にアビーカーブでクラッチの滑りとエンジンの出火でリタイアした。彼は38ラップ目に1分44秒、平均99.99mphのファステストラップを記録し、1ポイントを獲得した。ゴンザレスはベケッツコーナーで再びリードを取り、そのまま優勝した。BRMのパーネルとウォーカーは手足の熱傷に苦しみながら戦いを続け、最終的には5位と7位に入った。

アルファロメオのファンジオとファリーナは燃料補給のため2回ピットインした。1ガロン当たり1と1/2マイルしか走行できず、ピットインでは70ガロンの燃料を補給しなければならなかった。両名とも2度のピットインが必要となり、それぞれのストップで数分を費やした。フェラーリはそれよりも燃費が良かったため、ゴンザレスは容易にアルファロメオを抜き、かなりのリードを稼ぐことができた。

50周目の時点でピットアウトしたファンジオと、トップのゴンザレスと間には90秒の差があった。燃料補給と共にタイヤ交換も行ったファンジオは、その新しいタイヤを活かして猛烈な追い上げを見せたが、この差はレース終了までに51秒までしか縮まらなかった。結局90周を燃料補給なしで走りきったゴンザレスが優勝、アルファロメオが初めて敗北したレースとなり、またフェラーリが積み上げている多くの勝利の1つ目として記録されている。

もっとも、アルファロメオは2位に入り、シーズンチャンピオンは結局ファンジオが獲得した。もう1台のフェラーリ、ルイジ・ヴィッロレージは2周遅れで3位に入った。ボネットとパーネルは4位と5位に入ってそれぞれポイントを獲得した。

ゴンザレスは実際にはチームメイトのヴィッロレージ、アスカリよりも古い車両とエンジンを使用していた[1]

エントリーリスト[編集]

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ SpA アルファロメオ アルファロメオ・159B アルファロメオ 1.5 L8s P
2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ アルファロメオ・159B アルファロメオ 1.5 L8s P
3 イタリアの旗 コンサルボ・サネージ アルファロメオ アルファロメオ・159B アルファロメオ 1.5 L8s P
4 イタリアの旗 フェリーチェ・ボネット アルファロメオ アルファロメオ・159A アルファロメオ 1.5 L8s P
5 アイルランドの旗 ジョー・ケリー ジョー・ケリー アルタ Alta GP アルタ 1.5 L4s D
6 イギリスの旗 レグ・パーネル BRM Ltd. BRM BRM P15 BRM 15 1.5 V16s D
7 イギリスの旗 ピーター・ウォーカー BRM BRM P15 BRM 15 1.5 V16s D
8 イギリスの旗 ボブ・ジェラード ボブ・ジェラード ERA ERA B ERA 1.5 L6s D
9 イギリスの旗 ブライアン・ショウ・テイラー ブライアン・ショウ・テイラー ERA ERA B ERA 1.5 L6s D
10 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
11 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
12 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス フェラーリ フェラーリ・375 フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
14 イギリスの旗 ピーター・ホワイトヘッド G. A. ヴァンダーヴェル フェラーリ フェラーリ・375 tw フェラーリ Type 375 4.5 V12 P
15 イギリスの旗 デヴィッド・マレー スクーデリア・アンブロジアーナ マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s D
16 イギリスの旗 ジョン・ジェームズ ジョン・ジェームズ マセラティ マセラティ・4CLT-48 マセラティ 4 CL 1.5 L4s D
17 イギリスの旗 フィリップ・フォゼリンガム=パーカー フィリップ・フォゼリンガム=パーカー マセラティ マセラティ・4CL マセラティ 4 CL 1.5 L4s D
18 イギリスの旗 ダンカン・ハミルトン ダンカン・ハミルトン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
19 フランスの旗 モーリス・トランティニアン1 エキップ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
20 フランスの旗 ロベール・マンヅォン1 シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
21 フランスの旗 アンドレ・シモン1 シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 シムカ・ゴルディーニ 15C 1.5 L4s E
22 フランスの旗 ルイ・ロジェ エキュリー・ロジェ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
23 モナコの旗 ルイ・シロン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
24 フランスの旗 フィリップ・エタンセラン1 フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
25 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
Sources: [2][3][4]
^1 - モーリス・トランティニアン、ロベール・マンヅォン、アンドレ・シモン、フィリップ・エタンセランはプラクティス前に撤退した[5]

結果[編集]

予選[編集]

順位 No ドライバー チーム タイム
1 12 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 1:43.4 -
2 2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 1:44.4 + 1.0
3 1 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ 1:45.0 + 1.6
4 11 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 1:45.4 + 2.0
5 10 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 1:45.8 + 2.4
6 3 イタリアの旗 コンサルボ・サネージ アルファロメオ 1:50.2 + 6.8
7 4 イタリアの旗 フェリーチェ・ボネット アルファロメオ 1:52.0 + 8.6
8 14 イギリスの旗 ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 1:54.6 + 11.2
9 22 フランスの旗 ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ-タルボ 1:56.0 + 12.6
10 8 イギリスの旗 ボブ・ジェラード ERA 1:57.0 + 13.6
11 18 イギリスの旗 ダンカン・ハミルトン タルボ・ラーゴ-タルボ 1:57.2 + 13.8
12 9 イギリスの旗 ブライアン・ショウ・テイラー ERA 1:58.2 + 14.8
13 23 モナコの旗 ルイ・シロン タルボ・ラーゴ-タルボ 2:00.2 + 16.8
14 25 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ-タルボ 2:05.8 + 22.4
15 15 イギリスの旗 デヴィッド・マレー マセラティ 2:06.0 + 22.6
16 17 イギリスの旗 フィリップ・フォゼリンガム=パーカー マセラティ 2:13.2 + 29.8
17 16 イギリスの旗 ジョン・ジェームズ マセラティ 2:17.0 + 33.6
18 23 アイルランドの旗 ジョー・ケリー アルタ 2:18.4 + 35.0
19 7 イギリスの旗 ピーター・ウォーカー BRM No time -
20 6 イギリスの旗 レグ・パーネル BRM No time -

決勝[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 12 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 90 2:42:18.2 1 8
2 2 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 90 +51.0 2 6
3 10 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 88 +2 laps 5 4
4 4 イタリアの旗 フェリーチェ・ボネット アルファロメオ 87 +3 laps 7 3
5 6 イギリスの旗 レグ・パーネル BRM 85 +5 laps 20 2
6 3 イタリアの旗 コンサルボ・サネージ アルファロメオ 84 +6 laps 6
7 7 イギリスの旗 ピーター・ウォーカー BRM 84 +6 laps 19
8 9 イギリスの旗 ブライアン・ショウ・テイラー ERA 84 +6 laps 12
9 14 イギリスの旗 ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 83 +7 laps 8
10 22 フランスの旗 ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ-タルボ 83 +7 laps 9
11 8 イギリスの旗 ボブ・ジェラード ERA 82 +8 laps 10
12 18 イギリスの旗 ダンカン・ハミルトン タルボ・ラーゴ-タルボ 81 +9 laps 11
13 25 ベルギーの旗 ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ-タルボ 80 +10 laps 14
Ret 1 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ アルファロメオ 75 クラッチ 3 1
NC 23 アイルランドの旗 ジョー・ケリー アルタ 75 Not Classified 18
Ret 11 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 56 ギアボックス 4
Ret 17 イギリスの旗 フィリップ・フォゼリンガム=パーカー マセラティ 46 オイル漏れ 16
Ret 15 イギリスの旗 デヴィッド・マレー マセラティ 45 エンジン 15
Ret 23 モナコの旗 ルイ・シロン タルボ・ラーゴ-タルボ 41 ブレーキ 13
Ret 16 イギリスの旗 ジョン・ジェームズ マセラティ 23 ラジエター 17

[編集]

  • ポールポジション ホセ・フロイラン・ゴンザレス - 1'43.4
  • ファステストラップ: ジュゼッペ・ファリーナ - 1'44.0
  • ファリーナはファステストラップを記録し、1ポイントを獲得。
  • デビュー戦:ジョン・ジェームズ, ダンカン・ハミルトン, フィリップ・フォゼリンガム=パーカー
  • 初優勝(ドライバー):フロイラン・ゴンザレス
  • 初優勝(チーム):スクーデリア・フェラーリ

第5戦終了時点でのランキング[編集]

順位 ドライバー ポイント
Nuvola single chevron right.svg 1 アルゼンチンの旗 ファン・マヌエル・ファンジオ 21
Nuvola single chevron right.svg 2 イタリアの旗 ニーノ・ファリーナ 15
1uparrow green.svg 2 3 イタリアの旗 ルイジ・ヴィッロレージ 12
1uparrow green.svg 5 4 アルゼンチンの旗 フロイラン・ゴンザレス 11
1downarrow red.svg 2 5 アメリカ合衆国の旗 リー・ウォラード 9
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照[編集]

  1. ^ a b GRAND PRIX RESULTS: BRITISH GP, 1951”. grandprix.com. 2012年4月1日閲覧。
  2. ^ 1951 British Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2013年12月5日閲覧。
  3. ^ 1951 British GP - Entry List”. chicanef1.com. 2013年12月5日閲覧。
  4. ^ Britain 1951 - Race entrants”. statsf1.com. 2013年12月5日閲覧。
  5. ^ Britain 1951 - Result”. statsf1.com. 2014年1月9日閲覧。

Unless otherwise indicated, all race results are taken from The Official Formula 1 website”. 2007年6月5日閲覧。

前戦
1951年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1951年シーズン
次戦
1951年ドイツグランプリ
前回開催
1950年イギリスグランプリ
イギリスの旗 イギリスグランプリ 次回開催
1952年イギリスグランプリ