1952年のインディ500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1952年のインディ500
前年: 1951年 翌年: 1953年
アメリカ合衆国の旗 1952年のインディ500
レース詳細
Indianapolis Motor Speedway - Speedway.svg
日程 1952年のF1世界選手権
決勝開催日 5月30日
開催地 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
インディアナ州スピードウェイ
ポールポジション
ドライバー アメリカ合衆国の旗 フレッド・アガバシアン
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 ビル・ブコビッチ
決勝順位
優勝 アメリカ合衆国の旗 トロイ・ラットマン
2位 アメリカ合衆国の旗 ジム・ラスマン
3位 アメリカ合衆国の旗 サム・ハンクス

第36回インターナショナル500マイル・スィープステークス (36th International 500-Mile Sweepstakes) は1952年5月30日(金)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された。本レースは1952年のAAAナショナル・チャンピオンシップ・トレイルの1戦として開催された。また、1952年のF1世界選手権の第2戦としても行われ、世界選手権ポイントが与えられた。

J.C.アガジャニアンのクズマをドライブしたトロイ・ラットマンが優勝した。ラットマンは22歳80日で、インディ500勝者として最年少の記録を達成した。また、ダートトラック車による最後の優勝であった。ラットマンの勝利は世界選手権における最年少記録を51年間保持した。この記録は2003年ハンガリーグランプリフェルナンド・アロンソが22歳26日で勝利するまで破られなかった。

ビル・ブコビッチは150ラップをリードしたが、その間にステアリングリンケージを破損した[1]。彼は他の車を巻き込むのを防ぐため、壁の外に車を停止させた。

インディ500が世界選手権に組み込まれた3年目であったが、フェラーリアルベルト・アスカリのドライブで参加した。その戦いぶりはかなりの注目を集めたが、アスカリは31位でレースを終えた。それは1952年シーズンでアスカリが勝利しなかった唯一のレースとなった。

5位に入ったアート・クロスがルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。1911年以来少なくとも1名のルーキーが参加していたが、ルーキー・オブ・ザ・イヤーとして賞が与えられたのは今回が初めてであった。

タイムトライアル[編集]

タイムトライアルは4日間が予定された。しかしながら雨のため5日目に予選が行われることとなった。

  • 5月17日(土) - タイムトライアル、ポールデイ
  • 5月18日(日) - タイムトライアル2日目 (rained out)
  • 5月24日(土) - タイムトライアル3日目
  • 5月25日(日) - タイムトライアル4日目 (rained out)
  • 5月26日(月) - タイムトライアル5日目 (rain make up day)

決勝[編集]

順位 グリッド No ドライバー コンストラクター 予選速度 予選速度順位 周回 ラップリード タイム/リタイア理由 ポイント
1 7 98 アメリカ合衆国の旗 トロイ・ラットマン クズマ-オッフェンハウザー 135.360 18 200 44 3:52:41.88 8
2 10 59 アメリカ合衆国の旗 ジム・ラスマン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 136.340 7 200 0 +4:02.33 6
3 5 18 アメリカ合衆国の旗 サム・ハンクス カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 135.730 14 200 0 +6:11.61 4
4 6 1 アメリカ合衆国の旗 デュアン・カーター レソヴスキー-オッフェンハウザー 135.520 16 200 0 +6:48.34 3
5 20 33 アメリカ合衆国の旗 アート・クロス カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 134.280 26 200 0 +8:40.15 2
6 21 77 アメリカ合衆国の旗 ジミー・ブライアン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 134.140 27 200 0 +9:24.32
7 23 37 アメリカ合衆国の旗 ジミー・リース カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 133.990 29 200 0 +10:35.24
8 14 54 アメリカ合衆国の旗 ジョージ・コナー カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 135.600 15 200 0 +12:00.61
9 9 22 アメリカ合衆国の旗 クリフ・グリフィス カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 136.610 6 200 0 +12:23.76
10 31 5 アメリカ合衆国の旗 ジョニー・パーソンズ カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 135.320 19 200 0 +13:37.78
11 3 4 アメリカ合衆国の旗 ジャック・マクグラース カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 136.660 5 200 6 +14:21.72
12 26 29 アメリカ合衆国の旗 ジム・リグスビー ワトソン-オッフェンハウザー 133.900 33 200 0 +16:05.10
13 16 14 アメリカ合衆国の旗 ジョー・ジェームズ カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 134.950 22 200 0 +16:55.65
14 15 7 アメリカ合衆国の旗 ビル・シンドラー スティーヴンス-オッフェンハウザー 134.980 20 200 0 +18:48.66
15 13 65 アメリカ合衆国の旗 ジョージ・フォンダー シャーマン-オッフェンハウザー 135.940 13 197 0 +3 Laps
16 24 81 アメリカ合衆国の旗 エディ・ジョンソン トレヴィス-オッフェンハウザー 133.970 30 193 0 +7 Laps
17 8 26 アメリカ合衆国の旗 ビル・ブコビッチ カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 138.210 2 191 150 ステアリング 1
18 11 16 アメリカ合衆国の旗 チャック・スティーヴンソン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 136.140 9 187 0 +13 Laps
19 12 2 アメリカ合衆国の旗 ヘンリー・バンクス レソヴスキー-オッフェンハウザー 135.960 11 184 0 +16 Laps
20 28 8 アメリカ合衆国の旗 マニー・アユロ レソヴスキー-オッフェンハウザー 135.980 10 184 0 +16 Laps
21 33 31 アメリカ合衆国の旗 ジョニー・マクドウェル カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 133.930 32 182 0 +18 Laps
22 29 48 アメリカ合衆国の旗 トラヴィス・ウェッブ ブロウム-オッフェンハウザー 135.960 12 162 0 オイル漏れ
23 22 34 アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ワード カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 134.130 28 130 0 油圧
24 30 27 アメリカ合衆国の旗 トニー・ベッテンハウゼン デイト-オッフェンハウザー 135.380 17 93 0 油圧
25 4 36 アメリカ合衆国の旗 デューク・ナロン カーティス・クラフト-ノヴィ 136.180 8 84 0 スーパーチャージャー
26 32 73 アメリカ合衆国の旗 ボブ・スウェイカート カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 134.980 21 77 0 ディファレンシャル
27 1 28 アメリカ合衆国の旗 フレッド・アガバシアン カーティス・クラフト-カミンズ・ディーゼル 138.010 3 71 0 ターボチャージャー
28 18 67 アメリカ合衆国の旗 ジーン・ハートレイ カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 134.340 24 65 0 排気管
29 25 93 アメリカ合衆国の旗 ボブ・スコット カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 133.950 31 49 0 トランスミッション
30 27 21 アメリカ合衆国の旗 チェット・ミラー カーティス・クラフト-ノヴィ 139.030 1 41 0 スーパーチャージャー
31 19 12 イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ 134.300 25 40 0 ホイール
32 17 55 アメリカ合衆国の旗 ボビー・ボール スティーヴンス-オッフェンハウザー 134.720 23 34 0 ギアボックス
33 2 9 アメリカ合衆国の旗 アンディ・リンデン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 137.000 4 20 0 オイルポンプ

予選落ち[編集]

[編集]

  • ポールポジション:フレッド・アガバシアン - 4:20.85 (4 laps)
  • アガバシアンのカミンズ・ディーゼル・スペシャルはインディ500にエントリーした初の過給器付きエンジンを搭載した車両であった(「turbosupercharged」と表記された)。1920年以来「スーパーチャージャー」として知られるギア駆動の遠心ブロワーは、レーシングエンジンの吸気効率とパワー出力を高めるために使用されていたが、カミンズ・ディーゼルは遠心ブロワーに接続されたタービンホイールを動かすために、エンジン排気流に含まれた「自由な」エネルギーを利用した(その結果「turbo-supercharging」と表記された)。
  • 最速リードラップ:ビル・ブコビッチ - 1:06.60 (135.135mph)
  • 2009年現在、22歳と80日で優勝したトロイ・ラットマンは優勝ドライバーの最年少記録である[2]
  • ラットマンはまた、F1世界選手権で優勝した最年少ドライバーの記録保持者でもあったが、これは2003年ハンガリーグランプリで優勝したフェルナンド・アロンソによって更新された。
  • アルベルト・アスカリは世界選手権タイトル獲得のためにインディ500(当時インディ500は世界選手権タイトル対象のレースであった)に参加した初のドライバーであった。彼はインディを31位で完走したが、残りのレースに全て優勝しタイトルを獲得した。
  • 1952年のインディ500は予選最速(チェット・ミラー)と予選最遅(ジム・リグスビー)が隣り合ってスタートした唯一のレースであった[3]

放送[編集]

ラジオ[編集]

レースはインディアナポリス・モーター・スピードウェイ・ラジオネットワークで生中継された。オフシーズンの間、スピードウェイの経営陣は場内放送ネットワークを設置した。ネットワークの設置はインディアナポリスの放送局、1070 WIBC-AMが担当し、放送業務も大半をWIBCの職員が担当した。シド・コリンズがブースアナウンサーを担当した。ジム・シェルトンはターン4からのレポートを担当した。

前年同様、放送はスタートとフィニッシュ、レースの間中15分ずつの生中継が行われた。

第2戦終了時点でのランキング[編集]

順位 ドライバー ポイント
Nuvola single chevron right.svg 1 イタリアの旗 ピエロ・タルッフィ 9
1uparrow green.svg 20 2 アメリカ合衆国の旗 トロイ・ラットマン 8
1downarrow red.svg 1 3 スイスの旗 ルディ・フィッシャー 6
1uparrow green.svg 18 4 アメリカ合衆国の旗 ジム・ラスマン 6
1downarrow red.svg 2 5 フランスの旗 ジャン・ベーラ 4
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照[編集]

  1. ^ “More Indy Hearbreaks”. Autoweek 62 (11): 82. (May 28, 2012). ISSN 0192-9674. 
  2. ^ Davidson, Donald. (2007). "The Talk of Gasoline Alley" [Radio program]. WIBC (FM), April 30, 2007. Archived at http://media.wibc.com/av/audio/talk_gas/2007/april30.mp3, retrieved on May 9, 2007.
  3. ^ Greuter, Henri. “1952: Ferrari at Indianapolis”. www.forixautosport.com. 2013年1月26日閲覧。
前戦
1952年スイスグランプリ
FIA F1世界選手権
1952年シーズン
次戦
1952年ベルギーグランプリ
前回開催
1951年のインディ500
アメリカ合衆国の旗 インディ500 次回開催
1953年のインディ500