ジョーダン・197

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーダン・197
Jordan 197 Peugeot museum.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
先代 ジョーダン・196
後継 ジョーダン・198
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン プジョー A14 72度 V10,
トランスミッション ジョーダン製 縦置き 7速 セミAT
燃料 トタル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベンソン&ヘッジストタルジョーダンプジョー
ドライバー 11. ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ
12. イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1997年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 1
テンプレートを表示

ジョーダン・197 (Jordan 197) はジョーダン・グランプリ1997年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはゲイリー・アンダーソン

概要[編集]

ペリスコープ型の楕円形のインダクションポッドが特徴。ジョーダン独自の工夫が見られたサイドポンツーンは一般的なタイプに戻された。搭載3年目となるプジョーエンジンは一線級のパワーを発揮するようになり、高速コースではトップスピードの速さが目立った。

カラーリングはタイトルスポンサーであるタバコブランド,ベンソン&ヘッジスの意向により、196のエレガントなゴールドから鮮やかなイエローに変更された。この色はアイリッシュグリーンに替わるチームのイメージカラーとして定着した。

また、シンプルな配色が多いF1マシンの中では珍しい、戦闘機ノーズアート風のグラフィックが注目された。ノーズコーンをの頭に見立てて、ノーズの左右に目や牙、鱗、舌が描かれた。たばこ広告が規制されているグランプリでは、ロゴの"Benson&Hedges"が"Bitten&Hisses[1]"や"Ssssschuey"(ラルフ車)、"Fisssssssi"(フィジケラ車)に変更されるなど遊び心もあるマシンだった。

1997年シーズン[編集]

ドライバーはフォーミュラ・ニッポン王者の新人ラルフ・シューマッハ(21歳)と、前年ミナルディからデビューしたジャンカルロ・フィジケラ(24歳)を起用。2名とも経験不足が不安視され、実際にコース上で同士討ちを演じる場面もあったが、若さの勢いがチームに活気をもたらした。

シューマッハはデビュー3戦目のアルゼンチンGPで初表彰台を獲得。フィジケラも第7戦カナダGPで初表彰台に立つと、第10戦ドイツGPでは予選2位からトップを快走し、ベネトンゲルハルト・ベルガーと高速バトルを展開した(結果的にはパンクにより11位)。

コンストラクターズランキングは前年と同じ5位だったが、表彰台3回とファステストラップ1回を記録し、翌年に向けて弾みをつけた。

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

成績[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
ESP
スペインの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
AUT
オーストリアの旗
LUX
ルクセンブルクの旗
JPN
日本の旗
EUR
欧州連合の旗
1997年 11 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ Ret Ret 3 Ret Ret Ret Ret 6 5 5 5 Ret Ret 5 Ret 9 Ret 33 5位
12 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ Ret 8 Ret 4 6 9 3 9 7 11 Ret 2 4 4 Ret 7 11

脚注[編集]

  1. ^ Biteは「噛みつく」、Hissは「シューと音を立てる」という意味で、いずれも蛇にちなんだ言葉遊び