ベンソン&ヘッジス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンソン&ヘッジス

ベンソン&ヘッジス英語: Benson & Hedges)は、イギリスタバコブランド。B&Hの略称でも知られる。

元々はギャラハーグループが所有するブランドで、現在はギャラハーを2007年に買収した日本たばこ産業(JT、実際には子会社のJTインターナショナル)がブランドを保有しているが[1]、歴史的経緯から他のタバコメーカーにより製造・販売が行われている国も多い(詳細は後述)。

歴史[編集]

1873年リチャード・ベンソンウィリアム・ヘッジスの2人が設立した「Benson & Hedges Ltd.」によって誕生した。1878年にはいわゆる「イギリス王室御用達」に認められ、1999年に認定を取り消されるまでの間パッケージに王室の紋章が印刷されていた[2]

1900年代には北米大陸に進出したが、1928年に米国の現地法人が資本的に独立した後、1958年に米国法人が、1960年カナダ法人が相次いでフィリップモリスに買収されたため、北米大陸では現在もフィリップモリス系列の企業で生産・販売が行われている[3]

一方で1955年には英国のBenson & Hedges Ltd.がギャラハーに買収されたほか、1956年には北米以外の海外部門がブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)により買収されたため、1960年代以降はフィリップモリス・ギャラハー・BATの3社が並行して同ブランドのタバコを生産する形になった。その後2007年にJTがギャラハーを買収したことから、現在はフィリップモリス・JT・BATの3社のブランドへと変化している。

スポンサー[編集]

ジョーダン・199(1999年)

1996年から2005年にかけては、F1ジョーダン・グランプリチームのスポンサーを務めた(2001年まではメインスポンサーだったが、2002年以降はスポンサードを縮小)。当時はたばこ広告が規制される欧州開催のグランプリでは、「Be On Edge」(Benson and Hedges)など自社ブランドをもじったメッセージを車体側面などに掲示していた。

またイギリスで人気の高いスヌーカーにおいては、1975年から2003年にかけてマスターズの冠スポンサーを務めていた。

イギリス競馬で現在インターナショナルステークスとして行われている競走は、創設された1972年から1985年までの間、ベンソン&ヘッジスゴールドカップの名称で施行されていた。

オーストラリアでは1980年代に世界選手権(en:World Championship of Cricket)、ワールドシリーズカップ(en:World Series Cup)など、多くのクリケットの大会のスポンサーを務めていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]