ジェフ・クロスノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェフリー・ジョン・"ジェフ"・クロスノフJeffrey John "Jeff" Krosnoff, 1964年9月24日1996年7月14日)はアメリカ出身のレーシングドライバーである。

人物紹介[編集]

きっかけ[編集]

幼い頃よりテレビアニメスピードレーサー』を視聴、番組のファンとなる。

また元F1ドライバーロニー・バックナムの長女スージーと同い年であり、幼少期より近所で育つ。小学校時代に同じクラスとなった際、授業の一環の中で、スージーが父のヘルメットレーシングスーツを持参し、その仕事を紹介したことがあった。これ以後、ますますレースに興味を持つようになったという。

1977年からはF1のアメリカ西GPを観戦し、F1ドライバーへの思いを強くする。

レース活動[編集]

1983年ジム・ラッセル・レーシングスクールに入り、レース活動を開始。その後、フォーミュラ・マツダやフォーミュラ・アトランティックに参戦した。1988年に来日し全日本F3000全日本GT選手権等に参戦。1995年まで活動した。

陽気かつ紳士的な性格からパドックでも人気は高く、特に参戦時に知り合ったエディ・アーバインローランド・ラッツェンバーガーマウロ・マルティニらは親友として知られた。漫画家のすがやみつるとも親交が深かったという。

1996年、クロスノフは日本を離れアルシェロ・ウエルズ・レーシング(AWR)から、トヨタの開発ドライバーとしてCART参戦を開始する。トヨタも彼同様参戦1年目であったことから、上位に食い込むことは出来なかったが、チームのために懸命にマシンを走らせていた。

事故死[編集]

第11戦トロントのレース終盤、クロスノフはエマーソン・フィッティパルディステファン・ヨハンソンと数珠繋ぎで走行していた。95周で行われるレースの92周、クロスノフがヨハンソンを抜こうと挙動を変えた瞬間、ヨハンソンもフィッティパルディを抜こうと、同じ向きに挙動を変えた。この結果、クロスノフのマシンの左フロントタイヤが、ヨハンソンのマシンの右リヤタイヤに乗り上げ、クロスノフのマシンが宙を舞った[1]

宙を舞ったマシンは、ヘルメット側からフェンスに沿って何度も回転しながら砕け散り、最後はコース脇に立っていたニレの木に激突。クロスノフは頭部に致命的な損傷を負って即死し、事故現場付近にいたコースマーシャル1人も、事故に巻き込まれて亡くなっている。

F1への参戦を目標にしていたクロスノフだが、叶う事は無かった。31歳だった。

死の影響[編集]

クロスノフの死を受け、マルティニはフォーミュラカーレースからの引退を決意。また、普段快活・陽気な性格で知られるアーバインも、「鈴鹿を走るために日本に来たら、いつもローランドやジェフと六本木で馬鹿騒ぎをするのがお決まりだったんだ。でもローランドはもう居ない。そしてジェフも、もう居ないんだ…。」と発言するほどに落ち込んだ様子を見せた。

事故の翌年、アルシェロ・ウエルズ・レーシングはクロスノフのヘルメットと、座右の銘としていた言葉"Stay Hungry" (ハングリー精神をいつまでも)のステッカーをマシンに貼り付けてシーズンを戦った。

クロスノフが激突したニレの木は、2002年に立ち枯れ病により切り倒された。しかし切り倒されることが判明した2001年頃より行われた募金活動により、切り株は残されている。また、クロスノフと亡くなったマーシャルの2人の名前が刻まれたプレートが埋め込まれた。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1988 スピードスターホイールレーシングチーム SUZ
FUJ
MIN
SUZ
SUG
FUJ
SUZ
SUZ
13
- 0
1989 スピードスターホイールレーシングチーム SUZ
FUJ
5
MIN
9
SUZ
Ret
SUG
Ret
FUJ
13
SUZ
9
SUZ
3
12th 6
1990 SUNTEC RACING TEAM SUZ
10
FUJ
Ret
MIN
DNQ
SUZ
3
SUG
10
FUJ
Ret
FUJ
4
SUZ
5
FUJ
17
SUZ
3
7th 13
1991 SUNTEC RACING TEAM SUZ
7
AUT
10
FUJ
4
MIN
Ret
SUZ
Ret
SUG
14
FUJ
17
SUZ
Ret
FUJ
C
SUZ
9
FUJ
4
14th 6
1992 スピードスターホイールレーシングチーム SUZ
12
FUJ
9
MIN
Ret
SUZ
13
AUT
11
SUG
14
FUJ
Ret
FUJ
24
SUZ
10
FUJ
FUJ
- 0
1993 スピードスターホイールレーシングチーム SUZ
14
FUJ
13
MIN
2
SUZ
13
AUT
C
SUG
Ret
FUJ
C
FUJ
11
SUZ
11
FUJ
13
SUZ
15
11th 6
1994 GIZA RACING TEAM SUZ
6
FUJ
11
MIN
Ret
16th 1
スピードスターホイールレーシングチーム SUZ
SUG
FUJ
SUZ
12
FUJ
7
FUJ
16
SUZ
Ret
1995 TEAM 5ZIGEN SUZ
10
FUJ
C
MIN
9
SUZ
12
SUG
9
FUJ
10
TOK
Ret
FUJ
12
SUZ
Ret
- 0

JGTC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 順位 ポイント
1994 トヨタチームサード トヨタ・スープラ GT1 FUJ
SEN
FUJ
SUG
Ret
MIN
10
27th 1
1995 トヨタチームサード トヨタ・スープラ GT1 SUZ
3
FUJ
12
SEN
5
FUJ
16
SUG
3
MIN
11
8th 32

エピソード[編集]

  • レーシングドライバーとしては異色の存在で、大学時代は心理学を学んでいた。

1994年ル・マン24時間レース[編集]

1994年4月30日、親友の一人でありこの年のル・マン24時間レースでチームメイトになるはずだったラッツェンバーガーが、F1サンマリノGP予選中の事故で他界。トヨタチームはもう一人のチームメイトだったマルティニに加えて、代役にアーバインを抜擢しル・マンに参戦することとなった。

チームはレース終盤までトップを走行していたが、残り2時間というところでミッショントラブルでストップ。ピット出口付近であり、そのままリタイヤかと思われたが、その際にドライバーを務めていたクロスノフが、ミッションに手を突っ込み、無理矢理3速に固定して再び走り出し、マシンをピットまで帰還させた。レーススタート前にそのような事態に備え、メカニックから方法を聞きだしていたのだという。

優勝は出来なかったが、最終的にはチームは2位に入賞した。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ TV放送ではアンドレ・リベイロも巻き込まれた様に放送されたが、リベイロは事故の前を走っておりトラブルか、ミラーで事故を確認しエスケープゾーンに避けた後、クロスノフのマシンのパーツが飛んできてタイヤバリアまで押されている。