1992年の全日本F3000選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1992年の全日本F3000選手権
Previous: 1991 Next: 1993

1992年の全日本F3000選手権は、1992年(平成4年)3月7日 - 8日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月14日 - 15日に鈴鹿サーキットで閉幕した全日本F3000選手権の全11戦によるシリーズである。

概要[編集]

バブル景気の崩壊を背景に、昨年に比べ出走台数が減少した。9人のドライバーが優勝するという混戦の中、1勝しか挙げていないもののポイントを着実に稼ぎ、後半の鈴木利男の追い上げを凌いだマウロ・マルティニがシリーズチャンピオンとなった。第4戦で1989年のシリーズチャンピオンの小河等が事故死した。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
2 スウェーデンの旗 リカルド・リデル(第1 - 3戦)
日本の旗 小河等(第4戦)
NISSO LOLA T92
ローラT92/50/無限MF308
D 株式会社セルモ
3 日本の旗 黒澤琢弥 CABIN T91 DFV
→ CABIN T92 DFV
(ローラT91/50 → ローラT92/50/コスワースDFV
B CABIN RACING TEAM with HEROES
5 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・クロスノフ メイテック DL スピードスター T91
→ メイテック DL スピードスター T92
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
D スピードスターホイールレーシングチーム
6 日本の旗 和田久 CAPCOM LOLA T91
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
D CAPCOM RACING TEAM
7 日本の旗 高橋国光 ADVAN LOLA MF308
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
Y ADVAN SPORT PAL
8 日本の旗 松本恵二 ダンロップ 童夢F103
(童夢F103/無限MF308)
D 株式会社童夢
9 イタリアの旗 マウロ・マルティニ アコム エボリューション T91
→ アコム エボリューション T92
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
B ACOM EVOLUTION TEAM NOVA
10 ドイツの旗 フォルカー・ヴァイドラー
日本の旗 金石勝智(第7・8戦)
ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン(第9 - 11戦)
KAWAISTEEL T91
→ KAWAISTEEL T92
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
B KAWAISTEEL TEAM NOVA
11 イギリスの旗 エディー・アーバイン コスモオイル ローラT91 無限
→ コスモオイル ローラT92 無限
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
D コスモオイルレーシングチーム セルモ
12 日本の旗 中野信治 PIAA RALT RT24J
→ PIAA REYNARD 92D
ラルトRT24J → レイナード92D/無限MF308)
B NAKAJIMA PLANNING
15 日本の旗 藤永敬道(第3 - 6戦) ラルトRT24J
(ラルトRT24J/無限MF308)
B ナウモータースポーツ・ウイズ・ハギワラレーシング
16 日本の旗 関谷正徳 レイナード92D JUDD
(レイナード92D/JUDD KV)
B ハギワラレーシング
18 日本の旗 古谷直広 EVOLUTION T91
→ EVOLUTION T92
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
Y SUPER EVOLUTION RACING TEAM
19 日本の旗 星野一義 CABIN T91 無限
→ CABIN 92D 無限
→ CABIN T92 無限
(ローラT91/50 → レイナード92D → ローラT92/50/無限MF308→コスワースDFV)
B CABIN RACING TEAM WITH IMPUL
20 イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット KYGNUS.TONEN.LOLA
→ KYGNUS.TONEN.REYNARD
(ローラT90/50 → ローラT92/50 → レイナード92D/無限MF308)
B ステラインターナショナル
21 オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー KYGNUS.TONEN.LOLA
(ローラT90/50 → ローラT92/50/無限MF308)
B ステラインターナショナル
25 アメリカ合衆国の旗 ロス・チーバー PROMISE REYNARD 92D
(レイナード92D/無限MF308)
B PROMISE Team Le Mans
26 日本の旗 和田孝夫 NISSEKI RALT RT24J
→ NISSEKI REYNARD 92D
(ラルトRT24J → レイナード92D/無限MF308)
B NISSEKI RACING TEAM
27 日本の旗 舘善泰 ALEXEL-T91
→ ALEXEL-T92
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
D NAVI CONNECTION RACING
28 ブラジルの旗 パウロ・カーカッシ ALEXEL-T91
→ ALEXEL-92D
(ローラT91/50 → レイナード92D/無限MF308)
D NAVI CONNECTION RACING
31 日本の旗 池谷勝則 SEIWA ローラT91
(ローラT91/50/無限MF308)
Y コブラレーシングチーム
34 日本の旗 金石勝智(第1・2戦) ライベックス T91-50
(ローラT91/50 → ローラT92/50/無限MF308)
Y LIVE・X TEAM NOVA
36 日本の旗 福山英朗(第1 - 3・10戦)
日本の旗 粕谷俊二(第5 - 9・11戦)
チームノジ ローラ
(ローラT90/50 → ローラT92/50/コスワースDFV)
D TEAM NOJI
37 フィンランドの旗 ミカ・サロ アド・レーシング レイナード92D
(レイナード92D/無限MF308)
Y 株式会社アド・レーシング
61 スウェーデンの旗 トーマス・ダニエルソン SUNTORY 熱血 LOLA
(ローラT91/50 → ローラT92/50/コスワースDFV)
D TEAM TAKE ONE
62 日本の旗 田中実 PLUS LOLA T91/50
→ PLUS LOLA T92/50
(ローラT91/50 → ローラT92/50/コスワースDFV)
D TEAM TAKE ONE
77 日本の旗 鈴木利男 UNIVERSAL LOLA
(ローラT91/50 → ローラT92/50/コスワースDFV)
Y

B

UNIVERSAL RACING TEAM
90 イタリアの旗 マルコ・アピチェラ オムロン ダンロップ F103
(童夢F103/無限MF308)
D 株式会社童夢
98 日本の旗 服部尚貴 TOSTEM LOLA T91
→ TOSTEM LOLA T92
→ TOSTEM REYNARD 92D
(ローラT91/50 → ローラT92/50 → レイナード92D/無限MF308)
B LE GARAGE COX RACING TEAM + MOON CRAFT
99 日本の旗 中谷明彦 TOSTEM LOLA T91
→ TOSTEM REYNARD 92D
(ローラT91/50 → レイナード92D/無限MF308)
B LE GARAGE COX RACING TEAM + MOON CRAFT

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップY横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 3月7日 - 8日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE 2&4 SUZUKA R・チーバー
第2戦 4月11日 - 12日 富士スピードウェイ CABIN INTERNATIONAL FORMULA CUP P・カーカッシ
第3戦 5月9日 - 10日 CP MINEサーキット Nippon Shinpan NICOS CUP Rd.1 MINE ALL STAR E・アーバイン
第4戦 5月23日 - 24日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Rd.2 SUZUKA V・ヴァイドラー
第5戦 7月18日 - 19日 オートポリス ALL JAPAN F3000 CHAMPIONSHIP RACE in AUTOPOLIS M・アピチェラ
第6戦 8月1日 - 2日 スポーツランド菅生 Nippon Shinpan NICOS CUP Rd.2 SUGO INTER FORMULA V・ヴァイドラー
第7戦 8月15日 - 16日 富士スピードウェイ Nippon Shinpan NICOS CUP Rd.3 FUJI CHAMPIONS M・マルティニ
第8戦 9月5日 - 6日 富士スピードウェイ Nippon Shinpan NICOS CUP Rd.4 FUJI INTER 鈴木利男
第9戦 9月26日 - 27日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Rd.3 SUZUKA R・ラッツェンバーガー
第10戦 10月17日 - 18日 富士スピードウェイ Nippon Shinpan NICOS CUP Rd.5 FUJI FINAL 鈴木利男
第11戦 11月14日 - 15日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE FINAL ROUND SUZUKA 服部尚貴

シリーズポイントランキング[編集]

順位 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 第9戦 第10戦 第11戦 合計 有効得点
1 M・マルティニ 1 4 6 1 6 NS 9 0 4 4 0 35 35
2 鈴木利男 0 0 0 0 0 6 6 9 0 9 0 30 30
3 R・チーバー 9 0 0 6 0 4 0 6 NS 1 3 29 29
4 V・ヴァイドラー 4 0 0 9 4 9 - - - - - 26 26
5 服部尚貴 3 0 2 4 1 0 0 0 0 2 9 21 21
6 黒澤琢弥 2 0 0 0 0 0 3 4 0 6 6 21 21
7 R・ラッツェンバーガー 0 0 4 0 0 3 0 3 9 0 0 19 19
8 E・アーバイン 0 3 9 0 0 0 0 2 3 0 0 17 17
9 A・G・スコット 0 0 0 3 3 1 0 0 6 3 0 16 16
10 M・アピチェラ 0 0 1 0 9 2 0 1 0 0 0 13 13
11 P・カーカッシ 0 9 0 0 2 0 - 0 0 0 0 11 11
12 星野一義 6 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 10 10
13 T・ダニエルソン 0 6 0 0 0 0 2 0 2 0 0 10 10
14 H-H・フレンツェン - - - - - - - - 1 0 4 5 5
15 M・サロ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 2 5 5
16 和田久 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
17 小河等 - - - 2 - - - - - - - 2 2
17 R・リデル 0 1 0 - - - - - - - - 1 1
17 和田孝夫 0 0 0 0 0 0 1 0 NS 0 0 1 1
20 古谷直広 0 - - 0 - 0 - 0 0 0 1 1 1

※ベスト8戦が有効得点

全日本F3000の予選用タイヤについて[編集]

全日本F3000シリーズはエイボン製のワンメイクタイヤを使用する国際F3000シリーズに対しブリヂストン、ダンロップ、横浜ゴムの各メーカーによる激しいタイヤ開発競争が行われていたことが大きな技術的特徴と言える。

F1においても1991年まではグッドイヤーピレリによってタイヤの開発競争が行われていたが、1991年限りでピレリが撤退。1992年シーズンからグッドイヤーのワンメイクとなり、レギュレーションにより予選用タイヤも禁止された。

F3000マシンはF1マシンと比べて、シャシーが市販品であること、回転数が9000回転までに制限された3リッターエンジンであること等、マシンの性能はF1とはかなり差がある。しかし上述のF1のタイヤを巡る状況の変化によって、これまで通り予選用タイヤを使用する全日本F3000との予選タイムが急速に接近することになった。以下、開催時期が近い1992年F1日本グランプリ(10月23~25日開催)と鈴鹿サーキットで行われた1992年全日本F3000最終戦(11月14~15日開催)の予選タイムを比較する。

F3000最終戦のポールポジションタイムは1:42.934でロス・チーバーが記録した。このタイムを日本グランプリの予選順位に当てはめると1:42.824のタイムを出した15位のフェラーリジャン・アレジと1:43.029を記録し16位に入ったフットワーク無限ホンダ鈴木亜久里の間に割って入ることになる(チーバーのマシンは無限エンジン搭載車なので、F1の無限ホンダエンジン搭載車より、F3000の無限エンジン搭載車の方が良いタイムを出したことになる)。
さらにF3000最終戦予選2位の服部尚貴(1:43.401)と予選3位の黒澤琢弥(1:43.903)が、日本グランプリ予選25位のマウリシオ・グージェルミン(1:44.253)のタイムを上回り、F3000最終戦予選24位の舘善泰(1:46.708)のラインまでが日本グランプリで一人だけ遅かった予選26位のエマヌエル・ナスペッティ(1:47.303)のタイムを上回っている。全日本F3000マシンの殆どが日本グランプリの予選最後尾のマシンより良いタイムを出していることになる。

1991年に全日本F3000にスポット参戦したミヒャエル・シューマッハーがレース用タイヤと1周当たり3秒もタイムが違うと驚き[1]長谷見昌弘が信じられないくらい食いつく[2]と語った予選用タイヤの存在がF1と全日本F3000のマシン性能の差を埋めてしまったといえるだろう。

トピックス[編集]

  • 鈴木利男のマシンにニスモが主に足回り面について技術支援を行った。タイヤをヨコハマからブリヂストンに変更した第5戦以降成績も向上、2勝を挙げタイトル争いに加わる活躍を見せた。
  • 第5戦オートポリスで、童夢が国産シャシーとして初のF3000優勝を記録。
  • フォルカー・ヴァイドラーが第6戦菅生でシーズン2勝目を挙げポイント・ランキングトップにたった後、持病の耳鳴りの症状の悪化により休養した(その後引退)。第9戦鈴鹿からヴァイドラーの推薦によりハインツ=ハラルド・フレンツェンが、ノバのドライバーとして起用された[3]
  • 第9戦鈴鹿で松本恵二のマシンに、童夢・オムロン共同開発による電気式のパワーステアリングが装備された。
  • 1992年にブラバムからF1にデビューするはずだった中谷明彦は、FISAからスーパー・ライセンスが発行されず、引き続き全日本F3000を戦うことになった。中谷によると、スーパー・ライセンスの申請書に対しての返信に「あなたの次のステップはインターナショナルF3000です」とあったことから、FISAがインターナショナルF3000と全日本F3000のヒエラルキーを明確化させようとしていたのではないかと中谷は推測している[4]
  • 第3戦美祢で星野一義が予選落ちする「事件」があった。1992年星野のチームはチーフエンジニア不在で、星野がチーフエンジニアを兼務したが成績は低迷した。シーズン後半に入って星野は、エンジンをケン松浦チューンのフォードDFVに変更する決断を行った。ケン松浦DFVが性能面で無限MF308を上回っていた[5]ことによる変更であるが、星野は開幕戦で彼のマシンにのみバタフライ式スロットルバルブ、ダブルインジェクター付きのエンジンを供給される[6]など事実上の「無限ワークス」として活動してきただけに大きな決断であった。しかし、結果には結びつかず1983年以来の国内トップフォーミュラ勝利無しに終わった。

脚注[編集]

  1. ^ Racing On」No.104、p.30、ニューズ出版、1991年。
  2. ^ 「Racing On」No.137、p.142、ニューズ出版、1993年。
  3. ^ 「Racing On」No.139、p.86、ニューズ出版、1993年。
  4. ^ 「Racing On」No.116、p.39、ニューズ出版、1992年。
  5. ^ 「Racing On」No.128、p.28、ニューズ出版、1992年。
  6. ^ オートスポーツ」No.605、p.31、三栄書房、1992年。