1990年の全日本F3000選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1990年の全日本F3000選手権
Previous: 1989 Next: 1991

1990年の全日本F3000選手権は、1990年(平成2年)3月3日 - 4日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月17日 - 18日に鈴鹿サーキットで閉幕した全日本F3000選手権の全10戦によるシリーズである。

概要[編集]

1980年代後半から続いていたバブル景気や、フォーミュラ1ブームとともに巻き起こったモータースポーツブームを背景に、史上最多の参加台数を記録した。開幕2連勝を達成し、シリーズ6勝を記録した星野一義がチャンピオンになった。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1 日本の旗 小河等 KYGNUS TONEN LOLA
ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308
B ステラインターナショナル
2 日本の旗 中子修 CHERENA LOLA T89
→ CHERENA LOLA T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
B NAKAJIMA PLANNING
3 日本の旗 片山右京 CABIN T90-50 DFV
(ローラT90/50/コスワースDFV
B CABIN RACING TEAM with HEROES
5 日本の旗 長谷見昌弘 スピードスター ダンロップ ローラ
(ローラT90/50/無限MF308)
D スピードスターホイールレーシングチーム
7 日本の旗 高橋国光 ADVAN LOLA MF308
(ローラT90/50/無限MF308)
Y ADVAN SPORTS NOVA
8 日本の旗 松本恵二 ワタナベ ダンロップ 90D
→ ワタナベ ダンロップ T89/50
→ ワタナベ ダンロップ T90/50
(レイナード90D → ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D 株式会社 童夢
9 日本の旗 中谷明彦 SUNTORY WEST LOLA T90
(ローラT90/50/無限MF308)
B TEAM TAKE ONE
10 ドイツの旗 フォルカー・ヴァイドラー PLUS LOLA T90
(ローラT90/50/無限MF308)
B TEAM TAKE ONE
11 アメリカ合衆国の旗 ロス・チーバー ワコール ダンロップ 90D
→ ワコール ダンロップ T89/50
(レイナード90D → ローラT90/50/無限MF308)
D 株式会社童夢
12 日本の旗 佐藤浩二 PIAA REYNARD 90D
(レイナード90D/無限MF308)
B NAKAJIMA PLANNING
14 日本の旗 村松栄紀(第1戦) MOONCRAFT MC041B
(ムーンクラフトMC041B/無限MF308)
B ムーンクラフト
15 ドイツの旗 クリスチャン・ダナー
日本の旗 田中実(第10戦)
LEYTON HOUSE 89B 無限
→ LEYTON HOUSE 90B 無限
(レイトンハウスマーチ89B → レイトンハウスマーチ90B/無限MF308)
B LEYTON HOUSE RACING TEAM
16 日本の旗 関谷正徳 LEYTON HOUSE 89B 無限
→ LEYTON HOUSE 90B 無限
(レイトンハウスマーチ89B → レイトンハウスマーチ90B/無限MF308)
B LEYTON HOUSE RACING TEAM
17 オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー(第1戦) チームノジ ローラT89
(ローラT89/50/無限MF308)
D TEAM NOJI
日本の旗 岡田秀樹(第2 - 10戦) LEYTON HOUSE 90B DFV
(レイトンハウスマーチ90B/コスワースDFV)
D モータースポーツディベロップメント
18 スウェーデンの旗 トーマス・ダニエルソン コスモオイル ダンロップ 90D
→ コスモオイル ダンロップ T90
(レイナード90D → ローラT90/50/無限MF308)
D 株式会社童夢
19 日本の旗 星野一義 CABIN T90 無限
(ローラT90/50/無限MF308)
B CABIN RACING TEAM WITH IMPUL
20 日本の旗 金石勝智 MOLA C2 T89
→MOLA C2 T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D MOLA C2 RACING TEAM
21 日本の旗 影山正彦 KYGNUS TONEN LOLA
(ローラT88/50 → ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
B ステラインターナショナル
22 日本の旗 岡田秀樹(第1戦) LEYTONHOUSE 89B DFV
(レイトンハウスマーチ89B/コスワースDFV)
B モータースポーツディベロップメント
日本の旗 太田哲也(第2 - 10戦) REYNARD 90D
(REYNARD 90D/無限MF308)
CSK T89
→ CSK T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
B チェッカーモーター株式会社(第2戦)
CSK RACING with FLAT OUT(第3 - 10戦)
24 日本の旗 黒澤琢弥 Taka-Q REYNARD 90D
(レイナード90D/無限MF308)
B Taka-Q RACING TEAM With Team Le Mans
25 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート 伊太利屋 REYNARD 90D
(レイナード90D/無限MF308)
B 伊太利屋 Sports With Team Le Mans
26 日本の旗 和田孝夫 TENORAS ADVAN 89
→ TENORAS ADVAN 90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
Y ADVAN SPORT PAL
27 ブラジルの旗 マウリシオ・サンドロ=サーラ CLUB ANGLE 89D
→ CLUB ANGLE T90
(レイナード89D → ローラT90/50/無限MF308)
D FUNAKI RACING
28 日本の旗 茂木和男(第2・4 - 10戦) ZOOM LOLA T89
→ ZOOM LOLA T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/コスワースDFV)
D ZOOM RACING
30 日本の旗 岩城滉一 MEITEC LOLA T89
→ MEITEC LOLA T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D MEITEC with Team Iwaki
31 日本の旗 池谷勝則 VIPバケーション T89
(ローラT89/50/無限MF308)
Y SUPERCAD RACING with NOJI
32 イギリスの旗 ジェフ・リース(第10戦) BEST HOUSE T90
(ローラT90/50/無限MF308)
D TEAM HAYASHI
33 日本の旗 清水正智(第1・2・4・6 - 8戦) トライデント ローラT89
→ トライデント ローラT90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D 清水レーシング
34 イタリアの旗 マウロ・マルティニ SANYO EXCEED T89
→ SANYO EXCEED T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D SUNTEC RACING TEAM
35 アメリカ合衆国の旗 ジェフ・クロスノフ URBANET LOLA T89
→ URBANET LOLA T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D SUNTEC RACING TEAM
36 オーストリアの旗 ローランド・ラッツェンバーガー(第2・3・7 - 9戦)
スイスの旗 フィリップ・ファブル(第4 - 6戦)
日本の旗 福山英朗
TENORAS ローラT89
→ TENORAS ローラT90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D TEAM NOJI
43 日本の旗 松田秀士 たけしプロジェクト T89
→ たけしプロジェクト T90
(ローラT89/50 → ローラT90/50/コスワースDFV)
Y たけしプロジェクト
51 日本の旗 鈴木利男(第1・3 - 10戦) UNIVERSAL LOLA
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
Y SUPER EVOLUTION RACING TEAM
52 日本の旗 粕谷俊二(第2・7 - 9戦) UNIVERSAL LOLA
(ローラT89/50/無限MF308)
Y SUPER EVOLUTION RACING TEAM
55 イタリアの旗 エンリコ・ベルタッジア Footwork LOLA
(ローラT89/50 → ローラT90/50/無限MF308)
D フットワークレーシングインターナショナル
フットワークレーシング株式会社(第2 - 10戦)

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップY横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 3月3日 - 4日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE 2&4 SUZUKA 星野一義
第2戦 4月14日 - 15日 富士スピードウェイ CABIN INTERNATIONAL FORMULA CUP 星野一義
第3戦 5月12日 - 13日 西日本サーキット Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.1 NISHI-NIHON ALL STAR 松本恵二
第4戦 5月26日 - 27日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Rd.2 SUZUKA 松本恵二
第5戦 7月28日 - 29日 スポーツランド菅生 Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.2 SUGO INTER FORMULA M・マルティニ
第6戦 8月11日 - 12日 富士スピードウェイ Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.3 FUJI CHAMPIONS 星野一義
第7戦 9月1日 - 2日 富士スピードウェイ Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.4 FUJI INTER 星野一義
第8戦 9月22日 - 23日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE Rd.3 SUZUKA 星野一義
第9戦 10月27日 - 28日 富士スピードウェイ Nippon Shinpan SUPER CUP Rd.5 FUJI FINAL V・ヴァイドラー
第10戦 11月16日 - 17日 鈴鹿サーキット MILLION CARD CUP RACE FINAL ROUND SUZUKA 星野一義

シリーズポイントランキング[編集]

順位 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 第9戦 第10戦 合計 有効得点
1 星野一義 9 9 3 0 4 9 9 9 2 9 63 58
2 小河等 0 6 6 0 3 1 0 6 6 6 34 34
3 M・マルティニ 1 2 0 6 9 6 0 3 0 2 29 29
4 松本恵二 4 0 9 9 0 0 0 0 0 0 22 22
5 片山右京 0 4 2 0 0 2 6 4 0 0 18 18
6 V・ヴァイドラー 0 0 0 2 0 4 0 0 9 0 15 15
7 J・クロスノフ 0 0 0 4 0 0 3 2 0 4 13 13
8 R・チーバー 6 NS 0 0 1 0 1 0 0 0 8 8
9 高橋国光 0 0 0 3 0 0 4 0 0 0 7 7
10 T・ダニエルソン 0 0 0 0 6 0 0 0 0 0 6 6
11 和田孝夫 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 6 6
12 中谷明彦 0 0 0 0 2 3 0 0 0 0 5 5
13 長谷見昌弘 3 1 0 1 0 0 0 0 0 0 5 5
14 E・ベルタッジア 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4 4
14 C・ダナー 0 0 0 0 0 0 0 0 4 - 4 4
16 黒澤琢弥 0 0 0 0 2 0 0 0 3 0 3 3
17 中子修 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 3
17 J・ハーバート 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 3 3
19 影山正彦 0 0 1 0 0 0 0 0 NS 0 1 1
19 岡田秀樹 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1

※ベスト7戦が有効得点

トピックス[編集]

  • バブル景気によって日本経済が好調だったこと、前年限りで終了したGCシリーズからの転入などによって、開幕戦のエントリー台数が前年の開幕戦の22台から31台へと大幅に増加した。このため予選で混雑が起きることが予想されたため、予選をA組、B組の二組に分けて行うことになった(この方式は1992年の開幕戦まで行われた)。
  • 富士スピードウェイを中心に行われていたGCシリーズが前年限りで終了したことに伴う代替イベント確保のため、富士スピードウェイでのレースが年4戦に増加した。
  • 前年までF1ドライバーだったジョニー・ハーバート、フォルカー・ヴァイドラー、クリスチャン・ダナー、エンリコ・ベルタッジアが全日本F3000に参戦した。
  • レイナードは1990年用の新車90DでF3000マシンとしては初めて横置きトランスミッションを採用した。しかし、その横置きトランスミッションにトラブルが多発し、レイナードユーザーの成績は低迷した。
  • 前年度チャンピオンの小河等がタイヤ銘柄を変更した。この移籍劇についての生臭い経緯が関係者によって明らかにされている[1]
  • 俳優の岩城滉一が、芸能活動を一年間停止して全日本F3000にフルエントリーした。全戦予選落ちに終わったが、第2戦富士でロス・チーバーがマシントラブルでレース開始直前に出走を取りやめたことから、繰り上げでピットからのスタートながら1レースのみ走ることができた。
  • 第7戦富士で、サンテックがタイトル争いをするマウロ・マルティニのポールポジション獲得のために予選でチームプレイを披露した。チームメイトのジェフ・クロスノフ、マルティニの順で連なってウォームアップ・ランに入り、ストレートでマルティニがクロスノフのスリップストリームに入ってトップスピードを稼ぎながらタイムアタックに入るというもので、マルティニは見事ポールポジションを獲得した。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オートスポーツ No.549』、三栄書房、1990年、p.43。
  2. ^ Racing On」 No.083、p.22、武集書房、1990年。