1999年ヨーロッパグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
欧州連合の旗 1999年ヨーロッパグランプリ
レース詳細
Nurburgring 1995.jpg
日程 1999年シーズン第14戦
決勝開催日 1999年9月26日
開催地 ニュルブルクリンク
ドイツ ニュルブルク
コース長 4.556km
レース距離 66周(300.696km)
エクストラフォーメーションラップにより1周減算
決勝日天候 晴れ(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン
タイム 1'19.910
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン
タイム 1'21.282(Lap 64)
決勝順位
優勝 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート
タイム 1:41'54.314
2位 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ
3位 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ

1999年ヨーロッパグランプリ(1999 European Grand Prix)は、1999年F1世界選手権第14戦として、1999年9月26日ニュルブルクリンクで開催された。

近年まれに見る荒れた展開となったレースの一つ。リーダーが続々と入れ替わるなど、予想を大きく覆す結果となった。

予選[編集]

ドライバーズタイトル争いは、3戦を残した時点でミカ・ハッキネンエディ・アーバインが60ポイントで並び、次いでフレンツェンが50ポイント、デビッド・クルサードが48ポイントと接戦の状態となっていた。

予選は濡れた路面が乾いていく状況で、ベストタイムが更新されていく中、前戦イタリアGPでシーズン2勝目を飾ったハインツ=ハラルド・フレンツェンがポールポジションを獲得。ジョーダンチームとしては1994年ベルギーGP以来となる2度目のポールポジションであり、無限ホンダとしては初めてのポールポジションである。ハッキネンは連続ポール獲得が6でストップした。

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム タイム
1 8 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン ジョーダン無限ホンダ 1'19.910  
2 2 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 1'20.176 +0.266
3 1 フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 1'20.376 +0.466
4 6 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズスーパーテック 1'20.444 +0.534
5 18 フランスの旗 オリビエ・パニス プロストプジョー 1'20.638 +0.728
6 9 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ベネトンプレイライフ 1'20.781 +0.871
7 7 イギリスの旗 デイモン・ヒル ジョーダン無限ホンダ 1'20.818 +0.908
8 22 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・Rスーパーテック 1'20.825 +0.915
9 4 イギリスの旗 エディ・アーバイン フェラーリ 1'20.842 +0.932
10 19 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ プロストプジョー 1'20.965 +1.055
11 10 オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ ベネトンプレイライフ 1'21.144 +1.234
12 3 フィンランドの旗 ミカ・サロ フェラーリ 1'21.314 +1.404
13 12 ブラジルの旗 ペドロ・ディニス ザウバーペトロナス 1'21.345 +1.435
14 17 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート スチュワートフォード 1'21.379 +1.469
15 16 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ スチュワートフォード 1'21.490 +1.580
16 11 フランスの旗 ジャン・アレジ ザウバーペトロナス 1'21.634 +1.724
17 23 ブラジルの旗 リカルド・ゾンタ B・A・Rスーパーテック 1'22.267 +2.357
18 5 イタリアの旗 アレッサンドロ・ザナルディ ウィリアムズスーパーテック 1'22.284 +2.374
19 20 イタリアの旗 ルカ・バドエル ミナルディフォード 1'22.631 +2.721
20 21 スペインの旗 マルク・ジェネ ミナルディフォード 1'22.760 +2.850
21 15 日本の旗 高木虎之介 アロウズ 1'23.401 +3.491
22 14 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ アロウズ 1'23.698 +3.788

決勝[編集]

展開[編集]

決勝レースは予想し得ない大荒れの展開を擁していくこととなる。まずフォーメーションラップ直前、ミナルディマルク・ジェネが動くことができずディレイとなるが、多くのドライバーがこれに気付かずにスタートしかけてしまう、その後エクストラフォーメーションラップが実施された。

2度目のスタートは滞りなくきられたものの、1周目の1コーナーでジョーダンデイモン・ヒルが電気系トラブルにより突然スローダウン。それをかわそうとステアリングを右に切ったアレクサンダー・ヴルツがすぐ横を通っていたペドロ・ディニスに激突し、ディニスのマシンは激しく横転しながらグラベルへ飛び出した。ドライバーの頭部を保護する目的のロールバーが潰れており、ディニスの安否が気遣われたが幸いにも彼に怪我はなかった。この事故によりセーフティーカーが先導する形となった。

レース再開後、17周目に雨が降り始めるが、ここでフェラーリのピットに大混乱が発生する。初めにアーバインがピットインする予定だったが、急きょミカ・サロへ変更。しかしすでにアーバイン用のレインタイヤを準備していたピットクルーは作業に手間取り、ピットアウトに38秒もかかってしまった。次の周にアーバインもピットへ向かうが、ドライタイヤを要求したためピットクルーがさらに混乱。右リアタイヤが見つからないという失態を演じ、こちらも28秒という多大な時間を使ってしまった。

フレンツェン、クルサード、ラルフ・シューマッハという3名の先頭集団がリードする一方、レインタイヤを履いていたハッキネンは雨が一旦止んだため大きく後退し、ドライタイヤへ戻した頃には周回遅れにされてしまった。

33周目、トップのフレンツェンと2番手走行中のクルサードが同時にピットイン。フレンツェンは素早いピット作業でトップのままコースに復帰したが、電気系のトラブルによって1コーナーの先でストップ。これによりトップにはクルサードが立つこととなった。

35周目に再び雨が降り出し、38周目にドライタイヤのままで走行していたクルサードが、コースオフしてノーズからタイヤバリアに激突、リタイアとなった。このクラッシュにより、今度はラルフ・シューマッハが母国の歓声のもとトップに立ち初優勝も見える状態となる。

44周目にラルフはタイヤ交換のためピットイン。充分なマージンは築いていたと思われたが、ベネトンジャンカルロ・フィジケラスチュワートジョニー・ハーバートにかわされ3番手に落ちてしまった。46周目に今度はハーバートがピットインしラルフとの順位は入れ替わった。

波乱は止まず、49周目にフィジケラのプロテクターが脱落、バランスを崩したままスピンしグラベルにつかまったことで無念のリタイアとなる。初優勝を逃したフィジケラは、マシンを降りるとがっくりと頭を垂れた 。これでラルフが再びトップに立ったが、フィジケラがリタイアした同一周に突然右リアタイヤがバースト。グラベルに飛び出しながらも3輪でコースへ復帰したが、初優勝の可能性は絶たれた。

ラルフに変わってトップに立ったハーバートは、タイヤ交換の好判断により予選14位からここまで浮上してきた。その後方では2位ヤルノ・トゥルーリと3位ルーベンス・バリチェロのバトルが白熱する。

54周目、非力なミナルディのマシンで4位を力走していたルカ・バドエルがギアボックストラブルによりリタイア。マシンにすがりついて泣くバドエルの姿が国際映像でもとらえられた。

チャンピオンを争うハッキネンとアーバインは終始ポイント圏外での戦いを続けていたが、徐々に順位を上げていき終盤には入賞争いを展開するようになる。

その後は大きな波乱はなく、ハーバートが1995年イタリアグランプリ以来実に4年ぶりとなる3勝目、またスチュワート・グランプリにとって最初で最後の優勝を果たした。2位トゥルーリは初表彰台。3位にバリチェロが入り、スチュワートは1-3フィニッシュを達成した。4位に健闘を見せたラルフ・シューマッハ、5位にハッキネン、6位にはバドエルに代わってジェネが入賞した。アーバインは7位となりポイント獲得はならなかった。

この結果、ドライバーズポイントはハッキネンが62点、アーバインが60点とわずかにハッキネンがリードする状態で次戦マレーシアGPへと向かうことになった。

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 17 Flag of the United Kingdom.svg ジョニー・ハーバート スチュワートフォード 66 1:41'54.314 14 10
2 19 Flag of Italy.svg ヤルノ・トゥルーリ プロストプジョー 66 +22.619 10 6
3 16 Flag of Brazil.svg ルーベンス・バリチェロ スチュワートフォード 66 +22.866 15 4
4 6 Flag of Germany.svg ラルフ・シューマッハ ウィリアムズスーパーテック 66 +39.508 4 3
5 1 Flag of Finland.svg ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 66 +1'02.950 3 2
6 21 Flag of Spain.svg マルク・ジェネ ミナルディフォード 66 +1:05.154 20 1
7 4 Flag of the United Kingdom.svg エディ・アーバイン フェラーリ 66 +1'06.683 9
8 23 Flag of Brazil.svg リカルド・ゾンタ B・A・Rスーパーテック 65 +1 Lap 17
9 18 Flag of France.svg オリビエ・パニス プロストプジョー 65 +1 Lap 5
10 22 Flag of Canada.svg ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・Rスーパーテック 61 +5 Laps 8
Ret 20 Flag of Italy.svg ルカ・バドエル ミナルディフォード 53 ギアボックス 19
Ret 14 Flag of Spain.svg ペドロ・デ・ラ・ロサ アロウズ 52 ギアボックス 22
Ret 9 Flag of Italy.svg ジャンカルロ・フィジケラ ベネトンプレイライフ 48 スピンアウト 6
Ret 3 Flag of Finland.svg ミカ・サロ フェラーリ 44 ブレーキ 12
Ret 15 Flag of Japan.svg 高木虎之介 アロウズ 42 スピンアウト 21
Ret 2 Flag of the United Kingdom.svg デビッド・クルサード マクラーレンメルセデス 37 スピンアウト 2
Ret 11 Flag of France.svg ジャン・アレジ ザウバーペトロナス 35 ドライブシャフト 16
Ret 8 Flag of Germany.svg ハインツ=ハラルド・フレンツェン ジョーダン無限ホンダ 32 電気系 1
Ret 5 Flag of Italy.svg アレッサンドロ・ザナルディ ウィリアムズスーパーテック 10 衝突 18
Ret 7 Flag of the United Kingdom.svg デイモン・ヒル ジョーダン無限ホンダ 0 電気系 7
Ret 10 Flag of Austria.svg アレクサンダー・ヴルツ ベネトンプレイライフ 0 衝突 11
Ret 12 Flag of Brazil.svg ペドロ・ディニス ザウバーペトロナス 0 衝突 13
前戦
1999年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
1999年シーズン
次戦
1999年マレーシアグランプリ
前回開催
1998年ヨーロッパグランプリ
欧州連合の旗 ヨーロッパグランプリ 次回開催
2000年ヨーロッパグランプリ