フェニックス市街地コース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Phoenix Grand Prix Circuit

Phoenix Grand Prix Route - 1989, 1990.svg
89-90年のレイアウト

Phoenix Grand Prix Route - 1991.svg
91年のレイアウト

所在地 アリゾナ州フェニックス
主なイベント F1
コース長 3.72 km (2.312 マイル)
コーナー数 15
レコードタイム 1:21.434 (アイルトン・セナ, マクラーレンホンダ, 1991)
テンプレートを表示

フェニックス市街地コース(-しがいち-)は、1989年から1991年までアメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスF1アメリカGPが開催された公道コース

概要[編集]

ほとんどが直線とブラインドの直角コーナーの連続のコースレイアウト。

1989年の初開催時には猛暑となり、タイヤの消耗が激しく晴れのレースとしては非常に珍しくレース時間が2時間を越えたため、翌年より開幕戦に移動し、周回数も減らされることとなった。

1990年のレースでは、予選でピエルルイジ・マルティニミナルディ・コスワース)がフロントローを獲得(これはミナルディの予選における最高位)。また決勝ではジャン・アレジティレル・コスワース)がスタートでトップに躍り出た後、劣るマシンでアイルトン・セナマクラーレンホンダ)と好バトルを繰り広げ2位に入賞した。1コーナーへのブレーキングで前に出たセナに対し、続く2コーナーへの切り返しでアレジが抜き返すという展開だった。

マルティニやアレジの活躍の背景には、前年よりF1に復帰したピレリタイヤがこのコースとのマッチングにおいて、グッドイヤータイヤを上回ったことが挙げられる。

1991年にはコース前半区間のレイアウトを変更し、ヘアピンと中速コーナーを設けたものの、結局6年の開催契約が結ばれていたにも拘らず、この年を最後に3年で終了した。これ以後2000年に至るまで、アメリカでF1レースが開催されることはなかった。

関連項目[編集]