ルノー・R31

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー R31
2011年マレーシアGPにてニック・ハイドフェルドが駆るR31
カテゴリー F1
コンストラクター ルノー
デザイナー ジェームス・アリソン
先代 ルノー・R30
後継 ロータス・E20
主要諸元
エンジン ルノーRS27-2011
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ロータス・ルノーGP
ドライバー 9. ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド
9. ブラジルの旗 ブルーノ・セナ
10. ロシアの旗 ヴィタリー・ペトロフ
出走時期 2011年
表彰台(3位以内)回数 2
通算獲得ポイント 73
初戦 2011年オーストラリアGP
最終戦 2011年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
19 0 0 -
テンプレートを表示

ルノー・R31 (Renault R31) は、ロータス・ルノーGP2011年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。2011年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

概要[編集]

グループ・ロータスの資本参入によりチーム名は「ロータス・ルノーGP」となり、カラーリングはチーム・ロータスの1970年代から1980年代にかけてのメインスポンサーであるJPSを彷彿させる、「黒色ボディに金文字」という配色になった[1]。コンストラクター名はルノーのままだが、チームは完全に独立しており、ルノーのF1エンジン部門(ルノースポールF1)からエンジンやKERSの供給を受ける形となった。

特徴[編集]

R31の唯一無二の特徴として、特異な前方排気システムが挙げられる。通常、フォーミュラ1カーではエギゾーストパイプの出口を車両後端に配置するものであるが、R31では、エンジンからの排気をエキゾーストパイプをシャシー中央まで引き出し、サイドポット前方から排出するよう設計されている[2]。高速で吐き出される排気を利用してアンダーフロアを通過する気流の速度を増すことで、ダウンフォースの増大を狙っていると考えられている[3][4]

ただし、このエギゾーストパイプ配置では、エンジンや燃料タンクなどが位置する部分(サイドポンツーン前端より後方)が高温の排気ガスにさらされる。そのため、この排気システムが他チームに広がることはなく、むしろ第5戦スペインGP予選と第11戦ハンガリーGP決勝でエギゾーストパイプのトラブルによってマシンが炎上している[5][6]

2011年シーズン[編集]

開幕前のバレンシア合同テストではロバート・クビサがトップタイムを記録して注目を集めた[7]。しかし、クビサはラリー参戦中に重傷を負って全戦欠場することになり、代役としてニック・ハイドフェルドが起用された。

開幕戦ではヴィタリー・ペトロフがロシア人初となる3位表彰台を獲得。第2戦でもハイドフェルドが3位となり、好調なスタートを切った。しかし、シーズン経過とともに中団グループに後退し、後半戦は入賞圏外で終えるレースが目立つようになった。第10戦ドイツGPのフリー走行では、ハイドフェルドのマシンから前方排気を取り外し、他チームが採用しているようなブロウンディフューザーをテストした[8](実戦には未投入)。成績不振が続く中、チームはハイドフェルドに替えてブルーノ・セナを起用した。

テクニカルディレクターのジェームス・アリソンによれば、前方排気はアンダーステア対策として、車体中央付近のダウンフォースを増やす狙いがあったという[9]。風洞実験の数値から期待されたものの、実際はそれほどのダウンフォースを発生せず、低速コーナーに根本的な弱点を抱えていたという[10]。アリソンは「大胆な試みではあったが、最終的に失敗だった」と認めた[10]

スペック[編集]

サイドポンツーン前方下部にある排気口。
排気口は斜め下方向に向けられている。

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーRS27-2011
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,400cc
  • 最高回転数 18,000rpm(レギュレーションで規定)
  • シリンダーブロック アルミニウム鋳造製
  • バルブ数 32
  • 重量 95kg
  • 潤滑油 トタル
  • エンジンマネージメント FIA(MES製)標準コントロールユニットTAG310B

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
TUR
トルコの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
2011 9 ドイツの旗 ハイドフェルド 12 3 12 7 8 8 Ret 10 8 Ret Ret 73 5位
ブラジルの旗 セナ 13 9 15 16 13 12 16 17
10 ロシアの旗 ペトロフ 3 17 9 8 11 Ret 5 15 12 10 12 9 Ret 17 9 Ret 11 13 10

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ロータスがルノーの株式を取得。ルノーはサプライヤーに”. AUTOSPORT web. (2010年12月8日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=30995 2010年12月8日閲覧。 
  2. ^ “ロータス・ルノーGP R31、サイドポット前方に排気口を配置”. F1-Gate.com. (2011年2月2日). http://f1-gate.com/renault/f1_10588.html 2011年2月19日閲覧。 
  3. ^ “ルノーの排気システム、2011年F1マシンのトレンドに?”. F1-Gate.com. (2011年2月3日). http://f1-gate.com/renault/f1_10610.html 2011年2月19日閲覧。 
  4. ^ “Renault R31 - forward exhausts”. Formula1.com. (2011年2月11日). http://www.formula1.com/news/technical/2011/0/832.html 2011年12月9日閲覧。 
  5. ^ “ニック・ハイドフェルド、火災の原因はエキゾーストの故障”. F1-Gate.com. (2011年5月22日). http://f1-gate.com/heidfeld/f1_11790.html 2011年8月1日閲覧。 
  6. ^ “ニック・ハイドフェルド、マシン炎上も怪我はなし”. F1-Gate.com. (2011年8月1日). http://f1-gate.com/heidfeld/f1_12543.html 2011年8月1日閲覧。 
  7. ^ “バレンシアテスト最終日:2月3日”. ESPN F1. (2011年2月4日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/39910.html 2011年12月9日閲覧。 
  8. ^ “ルノー、前方排気を断念か。“通常型”をテストへ”. AUTOSPORT web. (2011年7月21日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=34826 2011年12月9日閲覧。 
  9. ^ 『オートスポーツ2月2日号』第1323号、三栄書房、2012年1月、 65頁。
  10. ^ a b “R31は"大胆"だが失敗作とルノー”. ESPN F1. (2011年11月19日). http://ja.espnf1.com/renault/motorsport/story/64802.html 2011年12月9日閲覧。 
  11. ^ “ロータス・ルノーGP R31”. F1-Gate.com. (2011年1月31日). http://f1-gate.com/renault/r31.html 2011年2月4日閲覧。