フィリップ・ストレイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ストレイフ
Philippe Streiff and marshals at Monaco GP 2010.jpg
2010年モナコグランプリでのストレイフ
(中央の車椅子の人物)
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ラ・トロンシュ
生年月日 1955年6月26日(59歳)
F1での経歴
所属チーム '84 ルノー
'85 リジェ
'85-'87 ティレル
'88 AGS
活動時期 1984 - 1988
出走回数 54
優勝回数 0
通算獲得ポイント 11
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1984年ポルトガルGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1988年オーストラリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

フィリップ・ストレイフPhilippe Streiff, 1955年6月26日 - )は、フランス人の元レーシングドライバー。1984年にF1デビューし、1988年までF1に参戦。1989年はAGSから参戦の予定だったが、開幕直前のテスト中にクラッシュ。脊髄損傷により引退。

プロフィール[編集]

1980年代前半より、主にAGSチームよりヨーロッパF2シリーズと1985年のF3000シリーズに参戦した。ヨーロッパF2の最後のレースとなった1984年のブランズハッチにおいて、ヨーロッパF2で自身唯一の勝利を挙げた。

1984年最終戦のポルトガルGPにルノーよりF1デビュー。リタイア。

1985年はリジェとティレルより終盤の5戦(ティレルは第15戦のみスポット)に参戦し、最終戦である第16戦オーストラリアGPで初入賞(3位表彰台)。

1986年はティレルに移籍。初のフル参戦で2度の入賞を果たし、3ポイントを獲得。

1987年もティレルより参戦。ターボ全盛期ながら、DFZエンジンを使い2度の入賞を果たし4ポイントを獲得。

1988年はF2、F3000時代の古巣AGSに移籍するも無得点。

1989年はAGSに残留したが、開幕直前にジャカレパグア(ネルソン・ピケ・サーキット)で行われたテスト中のクラッシュにより脊髄を損傷する重傷を負い、引退した。下半身の麻痺が残り、以後車椅子での生活を余儀なくされる。

毎年パリで開かれるプロドライバーによるインドアカート大会の主催者を務める。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1984年 ルノー RE50 ルノー
V6ターボ
BRA
RSA
BEL
SMR
FRA
MON
CAN
DET
USA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
EUR
POR
Ret
33位 0
1985年 リジェ JS25 ルノー V6ターボ BRA
POR
SMR
MON
CAN
DET
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
10
BEL
9
EUR
8
AUS
3
15位 4
ティレル 014 RSA
Ret
1986年 ティレル 014 ルノー V6ターボ BRA
7
ESP
Ret
SMR
Ret
CAN
11
14位 3
015 MON
11
BEL
12
DET
9
FRA
Ret
GBR
6
GER
Ret
HUN
8
AUT
Ret
ITA
9
POR
Ret
MEX
Ret
AUS
5
1987年 ティレル DG016 コスワース V8 BRA
11
SMR
8
BEL
9
MON
Ret
DET
14
FRA
6
GBR
Ret
GER
4
HUN
9
AUT
Ret
ITA
12
POR
12
ESP
7
MEX
8
JPN
12
AUS
Ret
15位 4
1988年 AGS JS23B コスワース V8 BRA
Ret
SMR
10
MON
DNS
MEX
12
CAN
Ret
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
10
ITA
Ret
POR
9
ESP
Ret
JPN
8
AUS
11
21位 0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]