BMW・M12/13エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BMW M12/13は、BMWが開発したF1直列4気筒ターボエンジンで、1982年から1988年まで[1]使用された。

概要[編集]

エンジン外観

このエンジンは、BMWが1961年に発表した市販車用エンジン「M10」をルーツに持つ。BMWはM10エンジンの発展型であるM12を使ってF2グループ5などに参戦していた。BMWは、このM12をベースにF1用エンジンの開発を行った。

大元のエンジンであるM10は1961年に発表され、1,500ccで80馬力を発するエンジンだった。1986年にM12/13エンジンのチューニングを担当したハイニ・マーダーによると、この年のM12/13は予選仕様で5.5バールの過給圧を掛け、M10と同じ1,500ccの排気量ながら最大1,300馬力を発生したという[2]。このエンジンのシリンダーブロックは、実際にBMWの市販車用エンジンの生産ラインから抜き取ったものが使用された[3]

ブラバムのデザイナーだったゴードン・マレーによると、1983年の予選では「ヒトラーチップ」という特殊なROMを装着し、ウェストゲートバルブを取り外してタイムアタックを行ったという[4]過給圧は5バールに達し、走行中エンジンが粉々になったこともあるという[4]

M12/13[編集]

1979年ルノーがターボエンジン搭載車でF1初勝利を挙げると、他社もターボエンジンを相次いで導入し始めた。BMWはブラバムに対し直列4気筒のターボエンジン供給を行うことを決定し、1981年の夏にはテストが行われた。ブラバムチームはこのエンジンを搭載したBT50Dを同年イギリスGPのプラクティスに初めて試験的に出走させた。

本格的に参戦を開始した1982年のエンジンは公称出力570馬力で、ブラバムのみに供給され、BT50に搭載された。実質的な初年度ながら、カナダGPネルソン・ピケが優勝を挙げた。

1983年には公称出力が640馬力となった。ブラバムのネルソン・ピケが3勝、リカルド・パトレーゼが1勝の計4勝を挙げた。ピケはドライバーズタイトルを獲得したが、コンストラクターズランキングはフェラーリルノーに次ぐ3位に終わった。この年、ドイツのATSにもエンジン供給を行った。

1984年のエンジンはメインベアリングキャップ周辺に補強が加えられ、公称出力は予選仕様で850馬力まで引き上げられたが、実際にはシーズン終盤には5バールの過給圧で1,000馬力に達していた[5]。この年はブラバム、ATSに加えてアロウズにも供給を開始した。ATSとアロウズのエンジンは、ハイニ・マーダーがチューニングを担当した。ピケは9度のポールポジションを獲得しエンジンの速さ見せたが、レースはカナダGPアメリカ東GPでの2勝を挙げたに留まった。エンジンの信頼性に苦しめられ9度のリタイヤを喫したピケはドライバーズランキング5位に終わった。

1985年はATSが撤退し、ブラバムとアロウズの2チームにエンジンを供給した。この年はブラバムが使用するエンジンのターボチャージャーをKKKからギャレットに変更した。公称出力は前年と同じ850馬力だったが、この年も信頼性に苦しめられ、優勝とポールポジションはともに1度ずつに終わり(いずれもブラバムが記録)、ブラバムのコンストラクターズランキングは5位に留まった。ブラバムに対して行ってきたM12/13でのBMWのワークス活動はこの年限りとなり、翌1986年のワークス活動では横倒型のM12/13/1をブラバムに供給した。アロウズはプライベートテストでIHIのターボチャージャーをテストすることもあった。

1986年にはハイニ・マーダーがこのエンジンの唯一の供給元となり、アロウズとベネトンに供給された。この年はベネトンが2度のポールポジション(いずれもテオ・ファビ)を獲得し、1勝(ゲルハルト・ベルガー)を挙げることに成功した。

このエンジンは、翌1987年1988年にはメガトロン名義で供給された(下記参照)。

M12/13/1[編集]

ブラバムチームは1986年用に超低重心のマシン、BT55を開発した。BMWはこのマシンに対応するため、シリンダを垂直から72度傾けたエンジンをブラバムに供給した。このエンジンはM12/13/1と名づけられブラバムのみが使用したが、信頼性に欠け優勝することもできず苦戦した。このエンジンは翌1987年もブラバムのみに供給され、BT56に搭載されたが、この年いっぱいでブラバムが活動を休止すると、このエンジンもこの年を最後にF1から姿を消した。

メガトロン M12/13[編集]

メガトロン (エンジンメーカー)も参照のこと

1987年にBMWはF1活動を縮小し、ブラバムのみに横倒型のM12/13/1エンジンを供給したが、「直立型」のM12/13エンジンは、1987年1988年に、メガトロンの名義で引き続き使用された。

BMWはブラバム以外のチームへのエンジン供給を1986年いっぱいで終了する予定だったが、アロウズのチームスポンサーだったコンピュータリース会社のメガトロンがBMWエンジンの権利を買い取り、バッジネームを被せた[6]。メガトロンは、アロウズのタイトルスポンサーだったUSF&Gが1984年に買収していた。

このエンジンは引き続きハイニ・マーダーがチューニングを行い、実質的に前年までと同じ体制で供給された。当初アロウズのみが使用する予定だったが、1987年には開幕直前にアルファ・ロメオからのエンジン供給を失ったリジェにも供給された。

脚注[編集]

  1. ^ 1988年はメガトロン名義のみ
  2. ^ イアン・バムゼイ 『世界のレーシングエンジン』 三重宗久訳、株式会社グランプリ出版、東京都新宿区、1990年、p.36。ISBN 4-906189-99-7
  3. ^ 『世界のレーシングエンジン』、p.33。
  4. ^ a b 『F1レーシング日本版』2008年5月、三栄書房、 75頁。
  5. ^ Bamsey, Ian (1988). The 1000 BHP Grand Prix cars.. Haynes Publishing Group. pp. p.54. ISBN 0-85429-617-4. 
  6. ^ Bamsey, Ian. The 1000 BHP Grand Prix cars.. pp. p.58.