ティレル・024

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティレル・024
Tyrrell-024.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) プッシュロッド
サスペンション(後) プッシュロッド
エンジン ヤマハ OX11A 72度 V10
トランスミッション ティレル製 6速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ティレル・ヤマハ
ドライバー 18. 片山右京
19. ミカ・サロ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1996年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

ティレル・024 (Tyrrel 024 ) は、ティレル1996年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。チーム4年目の片山右京と、2年目のミカ・サロがドライブした。

概要[編集]

024は前年型の023に比べると大きく進歩したものの、ヤマハ・OX11Aエンジンが信頼性に欠け、片山はヨーロッパGPでの失格を挟んで8戦連続リタイアとなる。チームは翌シーズンからフォードエンジンの搭載を決定することとなる。

OX11Aはヤマハにとっての意欲作であり、超軽量・コンパクトなエンジンであった。ショートボア、ロングストロークで重量は105kgであったが、初年度は初期トラブルが多く、目立った結果を残すことはできなかった。ヤマハは翌年アロウズと組むこととなる。

第11戦ドイツGPが行われたホッケンハイムリンクでは、超高速サーキットでドラッグを少しでも減らそうという狙いから、幅の狭いフロントタイヤを後輪にも装着する「全輪フロントタイヤ」という奇策を試みた。しかし、グッドイヤータイヤ側から「フロントタイヤは駆動用に設計されていない」とクレームを付けられ、フリー走行後にFIAから禁止された。

サロはシーズンを通して3度ポイントを獲得した。一方の片山はノーポイントに終わり、翌シーズンはミナルディに移籍した。チームは結局5ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング8位でシーズンを終えた。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • 型名 021
  • ホイルベース 2,940mm
  • 前トレッド 1,700 mm
  • 後トレッド 1,610 mm
  • サスペンション プッシュロッド、ロッカー式スプリング&ダンパー、サードスプリング
  • ブレーキ AP
  • ホイール フォンドメタル
  • タイヤ グッドイヤー

エンジン[編集]

  • 型名 ヤマハOX11A
  • 気筒数・角度 V型10気筒・72度
  • 排気量 2,996 cc
  • スパークプラグ NGK
  • インジェクション ザイテック
  • 燃料・潤滑油 エルフ


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1996年 ティレル ヤマハ V10 G オーストラリアの旗
AUS
ブラジルの旗
BRA
アルゼンチンの旗
ARG
欧州連合の旗
EUR
サンマリノの旗
SMR
モナコの旗
MON
スペインの旗
ESP
カナダの旗
CAN
フランスの旗
FRA
イギリスの旗
GBR
ドイツの旗
GER
ハンガリーの旗
HUN
ベルギーの旗
BEL
イタリアの旗
ITA
ポルトガルの旗
POR
日本の旗
JPN
5 8位
片山右京 11 9 Ret DSQ Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 7 8 10 12 Ret
ミカ・サロ 6 5 Ret DSQ Ret 5 DSQ Ret 10 7 9 Ret 7 Ret 11 Ret

参照[編集]