1986年イギリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 1986年イギリスグランプリ
レース詳細
Brands Hatch.svg
日程 1986年シーズン第9戦
決勝開催日 7月13日
開催地 ブランズハッチ
イングランドケント州
コース長 4.206km
レース距離 75周(315.511km)
決勝日天候 ドライ
ポールポジション
ドライバー ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
タイム 1'06.961
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
タイム 1'09.593(Lap 69)
決勝順位
優勝 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
タイム 1:30'38.471
2位 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
3位 フランスの旗 アラン・プロスト

1986年イギリスグランプリは、1986年F1世界選手権の第9戦として、1986年7月13日ブランズハッチで開催された。2008年シーズン終了現在、最後にブランズハッチで開催されたF1レースである。

概要[編集]

決勝スタート直後にパドックベンド(第1コーナー)で多重クラッシュが発生した。これに巻き込まれコース内側のガードレールにTボーンクラッシュしたジャック・ラフィットは両足を複雑骨折する重傷を負い、このレースを最後にF1を引退した。このレースはラフィットにとって176戦目の決勝スタートであり、当時グラハム・ヒルが保持していたF1最多出走記録に並んだレースだった。

このクラッシュによりレースは中断し、再スタートが行われた。1周も終えないうちの事故だったため、完全に新しいレースとして再スタートの手順が行われた。自国グランプリのナイジェル・マンセルは最初のスタート時にドライブシャフトを壊していたが、この決定により再スタートに出走することができた。

再スタート後はネルソン・ピケがリードしマンセルが追走する形でレースが展開した。マンセルは23周目にピケがミスを犯したところを捉えてトップに浮上した。タイヤ交換を済ませてもマンセルはピケの前を抑え、そのままゴールまで走り切った。

マンセルはキャリア初優勝を果たした前年ヨーロッパGPに続く、ブランズハッチでの2連勝を果たした。


結果[編集]

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 6 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'07.690 1'06.961
2 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'08.818 1'07.399
3 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータスルノー 1'09.042 1'07.524
4 20 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー ベネトンBMW 1'08.196 1'09.008
5 2 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ マクラーレンTAG 1'09.479 1'08.477
6 1 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'09.779 1'09.334
7 19 イタリアの旗 テオ・ファビ ベネトンBMW 1'11.819 1'09.409
8 25 フランスの旗 ルネ・アルヌー リジェルノー 1'09.971 1'09.543
9 8 イギリスの旗 デレック・ワーウィック ブラバムBMW 1'12.403 1'10.209
10 11 イギリスの旗 ジョニー・ダンフリーズ ロータスルノー 1'10.304 1'10.583
11 3 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ティレルルノー 1'11.432 1'10.334
12 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'11.662 1'10.338
13 18 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 1'12.333 1'10.941
14 15 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ローラフォード 1'12.060 1'11.121
15 7 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'12.513 1'11.267
16 4 フランスの旗 フィリップ・ストレイフ ティレルルノー 1'11.682 1'11.450
17 16 フランスの旗 パトリック・タンベイ ローラフォード 1'13.376 1'11.458
18 28 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン フェラーリ 1'11.500 1'11.568
19 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェルノー 1'12.715 1'12.281
20 24 イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'12.848 1'13.496
21 23 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'14.366 1'12.980
22 14 イギリスの旗 ジョナサン・パーマー ザクスピード 1'14.678 1'13.009
23 17 ドイツの旗 クリスチャン・ダナー アロウズBMW 1'13.261 1'13.421
24 21 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラアルファ・ロメオ 1'16.440 1'16.134
25 29 オランダの旗 ヒューブ・ロテンガッター ザクスピード - 1'16.854
26 22 カナダの旗 アレン・バーグ オゼッラアルファ・ロメオ 1'18.319 -

決勝結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 75 1:30'38.471 2 9
2 6 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 75 + 5.574 1 6
3 1 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンTAG 74 +1 Lap 6 4
4 25 フランスの旗 ルネ・アルヌー リジェルノー 73 +2 Laps 8 3
5 3 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ティレルルノー 72 +3 Laps 11 2
6 4 フランスの旗 フィリップ・ストレイフ ティレルルノー 72 +3 Laps 16 1
7 11 イギリスの旗 ジョニー・ダンフリーズ ロータスルノー 72 +3 Laps 10  
8 8 イギリスの旗 デレック・ワーウィック ブラバムBMW 72 +3 Laps 9  
9 14 イギリスの旗 ジョナサン・パーマー ザクスピード 69 +6 Laps 22  
NC 18 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 62 規定周回数不足 13  
リタイヤ 16 フランスの旗 パトリック・タンベイ ローラフォード 60 ギアボックス 17  
リタイヤ 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 51 ターボ 12  
リタイヤ 24 イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 50 ステアリング 20  
リタイヤ 19 イタリアの旗 テオ・ファビ ベネトンBMW 45 燃料システム 7  
リタイヤ 7 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 39 エンジン 15  
リタイヤ 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータスルノー 27 ギアボックス 3  
リタイヤ 29 オランダの旗 ヒューブ・ロテンガッター ザクスピード 24 エンジン 25  
リタイヤ 23 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス ミナルディモトーリ・モデルニ 23 電気系 21  
リタイヤ 20 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー ベネトンBMW 22 電気系 4  
リタイヤ 15 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ローラフォード 22 スロットル 14  
リタイヤ 28 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン フェラーリ 20 エンジン 18  
リタイヤ 2 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ マクラーレンTAG 7 ギアボックス 5  
リタイヤ 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェルノー 0 衝突 19  
リタイヤ 17 ドイツの旗 クリスチャン・ダナー アロウズBMW 0 衝突 23  
リタイヤ 21 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラアルファ・ロメオ 0 衝突 24  
リタイヤ 22 カナダの旗 アレン・バーグ オゼッラアルファ・ロメオ 0 衝突 26  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[1] および AUTOCOURSE 1986-1987[2] より。

記録[編集]

  • 最終戦:ジャック・ラフィット

脚注[編集]

  1. ^ The Official Formula 1 Website”. 2009年2月18日閲覧。
  2. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1986). AUTOCOURSE 1986-87. Hazleton Publishing. pp. p246. ISBN 0-905138-44-9. 

関連項目[編集]

前戦
1986年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1986年シーズン
次戦
1986年ドイツグランプリ
前回開催
1985年イギリスグランプリ
イギリスの旗 イギリスグランプリ 次回開催
1987年イギリスグランプリ