1988年イタリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 1988年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza 1976.jpg
日程 1988年シーズン第12戦
決勝開催日 9月11日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリア モンツァ
コース長 5.800km
レース距離 51周(295.800km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ブラジルの旗 アイルトン・セナ
タイム 1'25.974
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
タイム 1'29.070(Lap 44)
決勝順位
優勝 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1:17'39.744
2位 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
3位 アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー

1988年イタリアグランプリは、1988年F1世界選手権の第12戦として、1988年9月11日モンツァ・サーキットで開催された。

概要[編集]

1988年マクラーレンが圧倒的な強さを見せ、年間16戦のうち15勝を記録した。このレースは、1988年にマクラーレンが勝利を挙げられなかった唯一のレースだった。

フェラーリにとっては前月にエンツォ・フェラーリが死去したばかりで迎えた地元レースだったが、このレースで劇的な1-2フィニッシュを果たし、前年の最終戦1987年オーストラリアGP以来の勝利を収めた。

予選[編集]

マクラーレンのアイルトン・セナがシーズン12戦目にして10度目のポールポジションを獲得した。2番手にはチームメイトのアラン・プロストが入った。マクラーレンがフロントローを独占したのは、このシーズン8度目のことだった。フェラーリのゲルハルト・ベルガーミケーレ・アルボレートがマクラーレンに続いた。

決勝[編集]

スタートに成功したプロストがセナの前に出るが、プロストは第1コーナーまでにセナに抜き返された。レースはセナが先頭でプロストがそれを追い、さらにフェラーリの2台が続く、予選通りの順位で展開した。プロストはスタート直後から軽いエンジントラブルに見舞われていた。

30周を過ぎるとプロストのエンジントラブルは悪化し、35周でピットインしたプロストはそのままリタイアした。この年、マクラーレンがエンジントラブルでリタイアしたのはこの1回だけだった。

レースの終盤にかけてフェラーリの2台が燃費に苦しむセナ[1]に迫り、残り2周の時点で2位のベルガーはセナの5秒後方につけた。セナはこの周の第1シケインで周回遅れのジャン=ルイ・シュレッサーに追いついた。病気で欠場したナイジェル・マンセルの代わりにウィリアムズをドライブしていたシュレッサーは、このコーナーのブレーキングに失敗しレーシングラインを外れた。これがデビューレースだったシュレッサーはコースアウトを逃れたが、シケインの2つ目のコーナーで失速したシュレッサーと、それを抜きに掛かったセナが接触した。セナのマクラーレンはスピンし縁石に乗り上げ、再スタートが切れなかったセナはマシンを降りた。

これで首位に躍り出たベルガーは、追走するアルボレートを僅差で従えゴールまで走り切り、フェラーリはこのシーズン唯一の勝利となったレースを1-2フィニッシュで終えることに成功した。

結果[編集]

予選結果[編集]

決勝結果[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Alan Henry, ed (1988) (英語). Autocourse 1988-89. Hazleton Publishing. pp. pp.184-ff. ISBN 0-905138-57-0. 
前戦
1988年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
1988年シーズン
次戦
1988年ポルトガルグランプリ
前回開催
1987年イタリアグランプリ
イタリアの旗 イタリアグランプリ 次回開催
1989年イタリアグランプリ