リアル (F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リアル
参戦年度 1988 - 1989
出走回数 20
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 6
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1988年ブラジルGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1989年オーストラリアGP
テンプレートを表示

リアルRial)は1978年に創業したドイツのホイールメーカーであり、1988年から1989年にかけてF1に参戦していた。本拠地はドイツ。F1チーム創立者は1977年から1984年までATSチーム[1]のオーナーだったギュンター・シュミット

歴史[編集]

ATSでもマシンデザインを手がけた元フェラーリグスタフ・ブルナーが加入し、再びマシン設計を担当、そのせいか、1988年のリアルのマシン(ARC1)はフェラーリの前年型F187に似ていた。

エンジンはフォードコスワース製DFZを搭載した。

初年度のドライバーはアンドレア・デ・チェザリスの1台体制。

初年度でスポンサーも少なかったが、経験がものをいったのかデトロイトGPでは4位入賞を果たした。このシーズンで入賞を果たしたのはこの1回、完走も5回(内2回は完走扱い)だけではあったもののコンストラクターズランキングでは9位を記録した。

1989年は2台体制となり、離脱したデ・チェザリスの代わりにクリスチャン・ダナーフォルカー・ヴァイドラーが加入。

この年のマシン(ARC2)はブルナーのほかシュテファン・フォーバーボブ・ベルの手がけた前年型の進化版でエンジンはフォード・コスワース製DFRを搭載した。

アメリカGPでダナーが4位入賞して後半戦でチームが予備予選免除となるなど活躍するシーンがあったが、基本的には低調で、ヴァイドラーは予備予選通過すらままならない状況で第10戦で予選落ちしたところでチームを放出され、第12戦からピエール=アンリ・ラファネルに代わったが、ラファネルも5レースすべて予選落ちという結果。ダナーも第13戦限りでチームを離脱し、第14戦をグレガー・フォイテク、その後をベルトラン・ガショーが引き継いだが二人とも予選を通過できなかった。
結局この年予選を通過したのはダナーの4回だけで、リアルはこのシーズン限りで撤退した。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 リアル・ARC-01 フォード DFZ V8 G BRA SMR MON MEX CAN DET FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS 3 9th
アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret 9 4 10 Ret 13 Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8
1989年 リアル・ARC-02 フォード DFR V8 G BRA SMR MON MEX USA CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS 3 13th
クリスチャン・ダナー 14 DNQ DNQ 12 4 8 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
フォルカー・ヴァイドラー DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ EX DNQ
ピエール=アンリ・ラファネル DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
グレガー・フォイテク DNQ
ベルトラン・ガショー DNQ DNQ

脚注[編集]

  1. ^ リアル同様、ATSもドイツのホイールメーカーである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]