ジャン=クリストフ・ブイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=クリストフ・ブイヨン
Jean-Christophe Boullion 2007 Mil Milhas Brasil.jpg
基本情報
フルネーム Jean-Christophe Joël Louis Boullion
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・コート=ダルモール県サン=ブリユー
生年月日 1969年12月27日(44歳)
F1での経歴
所属チーム ザウバー
活動時期 1995
出走回数 11
優勝回数 0
通算獲得ポイント 3
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1995年モナコGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1995年パシフィックGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ジャン=クリストフ・ジョエル・ルイ・ブイヨンJean-Christophe Joël Louis Boullion1969年12月27日 - )は、フランス出身の元F1ドライバーである。

経歴[編集]

ザウバー・C14をドライブするブイヨン(1995年イギリスGP

1982年レーシングカートを始めてレーサーとしてのキャリアを始める。

1989年にはフランスのフォーミュラ・フォード1600にステップアップ。翌1990年にシリーズチャンピオンになった。1991年にはフランスF3にステップアップするが、初年度を6位で終える。2年目の1992年にはシリーズ4位に入り、マカオGPにも参戦した。

1993年に国際F3000にステップアップし、翌1994年には名門・DAMSに移籍してフランク・ラゴルスとタイトル争いをし、シリーズチャンピオンに輝く。この実績を持ってウィリアムズとテストドライバー契約を結ぶ。

1995年は当初ウィリアムズのテストドライバーだったものの、前年の大怪我から復帰したカール・ヴェンドリンガーの調子が上がらないザウバーからのオファーがあり、ウィリアムズからのレンタル移籍の形で同年の第5戦モナコGPからF1に参戦する。結局同年の第15戦パシフィックGPまで参戦を続けたが、入賞は第9戦ドイツGPと第12戦イタリアGPの3ポイントに留まり、15ポイントを獲得したチームメイトのハインツ=ハラルド・フレンツェンに大きく水をあけられた。第16戦日本GPよりヴェンドリンガーが復帰することになり、ブイヨンはザウバーを放出された。

以後はウィリアムズやティレルでテストドライバーを務めたが、2000年代に入るとスポーツカーレースに活動の主軸を移しており、アンリ・ペスカロロ率いるペスカロロ・スポーツからル・マン・シリーズ(LMS)などに参戦している。2005年2006年にはエマニュエル・コラールとのコンビでLMSのシリーズチャンピオンを獲得しているほか、2007年ル・マン24時間レースでは総合3位に入賞している。しかしハコも嫌いなようで、スポーツプロト専門でレース活動をしている。

エピソード[編集]