ケニー・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケニー・ブラックKenny Bräck, 1966年3月21日 - )は、スウェーデン人の元レーシングドライバー、1999年インディ500優勝者。

プロフィール[編集]

1980年代末にスウェーデンF3で活躍後、1993年北米のバーバー・サーブシリーズでチャンピオンになる。国際F3000参戦3年目にシリーズ2位となり、その間F1のテストドライブも経験する。1997年活動の場をアメリカに移しIRLに参戦。AJフォイトに移籍をした1998年には3勝マークしてチャンピオンに、翌1999年にはインディ500を逆転で勝利を収めシリーズ2位と大成功を収めた。

2000年にCARTへ転向、レイホールに在籍をし初年度から活躍し、シリーズ4位でルーキーオブザイヤーを獲得する。翌年は4勝6PPでシリーズ2位へと躍進。2002年はチャンピオンを狙えるチーム、チップ・ガナッシに移籍をするが最終戦の1勝のみでシーズンを終了した。

2003年はCARTの騒動から、IRLへ流れたメーカー、チームと歩調を合わせてIRLへ移籍復帰し、CART時代の古巣レイホールへ復帰をしてシーズンを戦うが最終戦で大クラッシュ、腰椎などを骨折する重傷を負い、手術を受けた。

約1年半のリハビリおよび休養の後、2005年のインディ500で復帰。予選ではポールポジションのスピードを上回る結果を出したが、予選3日目であったためスタートは23番手。決勝ではハンドリングに苦しみ92周を終えた時点でリタイア、26位に終わった。

翌2006年、ブラックは引退を発表。引退後はマーカス・エリクソンのマネージメントをしている。

2009年8月、ロサンゼルス郊外のホーム・デポ・センター周辺で開催されたX Games XVのラリーカーレーシング部門にフォード・フィエスタで参戦。決勝でスバル・インプレッサを操るトラビス・パストラーナと対戦、パストラーナのミスもあり見事金メダルを獲得した。

経歴[編集]

  • 1996年 国際F3000参戦/ベネトンF1テストドライバー
  • 1997年 IRL参戦
  • 1998年 IRL(チーム:AJ フォイト エンタープライズ(A.J.Foyt Enterprises))3勝 シリーズチャンピオン
  • 1999年 IRL(チーム:AJ フォイト エンタープライズ)(マシン:ダラーラオールズモビル) シリーズ2位 インディ500優勝
  • 2000年 CART参戦(チーム:レイホール(Rahal))(マシン:レイナード2KIフォード)最高位2位 シリーズ4位 ルーキーオブザイヤー獲得
  • 2001年 CART(チーム:レイホール)(マシン:ローラB1/00フォード)4勝,6PP シリーズ2位
  • 2002年 CART(チーム:チップ・ガナッシ(Chip Ganassi))(マシン:ローラB2/00トヨタ)1勝 シリーズ6位
  • 2003年 IRL インディカー・シリーズ復帰(チーム:レイホール)(マシン:ダラーラIR03ホンダ)最高位2位 シリーズ9位
  • 2005年 IRL インディカー・シリーズ(チーム:レイホール)(マシン:パノスGフォースGF09ホンダ)インディ500 予選23位 決勝26位

エピソード[編集]

1996年にベネトンでF1のテストドライバーを経験し、翌年のレギュラーシート獲得も期待されたが、実現することなくアメリカへ活躍の場を移した。これは当時ベネトンのマネージングディレクターであったフラビオ・ブリアトーレが自身のドライバーマネージメント傘下に入ることをオファーしてきたが、これを固辞したことが原因といわれる。フラビオは当時すでにチームマネージメントをこなす傍らで、ドライバーマネージメントも手がけ始めており、若手を中心にいわゆる「子飼い」のドライバーを増やし始めていた。ドライバーにとっては、下位カテゴリーでの活躍如何でF1のレギュラーシートやテストの機会が用意される期待もある半面、フラビオが数多く抱える他のドライバーとの兼ね合いなどにより、自身のレース活動が制約を受けたり、高額なマネージメント料をはねられるなどデメリットも言われており、これを嫌ったブラックは以降のF1での活動の場を奪われたと見る向きが強い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]