エックスゲームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エックスゲームズ(X Games)は、いろいろな種類のエクストリームスポーツを集め、夏と冬の年2回開催されるスポーツ競技大会である。アメリカケーブルテレビネットワークであるESPNによって開催され、アメリカを中心に全世界でテレビ放送される。競技は分類やスタイルによって多種に分けられており、その中で選手たちは金、銀、銅メダルを目指して戦う。アメリカ以外で行われるものとして、Asian X GamesEuropian X GamesLatin X Games もある。

夏季大会Summer X Gamesは8月に 、冬季大会Winter X Games は1月または2月に開催される。特に冬の大会では、X Gamesに出場するため同時期に行われるワールドカップへは出場しない強豪選手もおり、競技によってはX Gamesが最高位の格付けと見なされている。開催地は2、3年ごとに変更され、競技種目も年々変化する。男子種目が多いが女子種目もある。

歴史[編集]

1994年に、X Gamesの前身であるExtreme Gamesエクストリームゲームズ)が開催された。翌年にはX Gamesと名前を変えて第1回大会(夏季大会)が行われ、この大会はエクストリームスポーツを世の中に知らしめた。さらに、大会と選手たちの名声は、回を重ねるごとにX Gamesをより大規模でレベルの高いものにし、記録更新と妙技が連発するショーケースのようになった。また同時に繰り広げられるバンド演奏は、大会をフェスティバルのような雰囲気にして盛り上げている。

日本での状況[編集]

欧米だけでなく、現在ではアジア地域においても大変な人気を得ているが(X Games Asiaは上海で開催)、日本のテレビ局ではNHK BS1が不定期に放映する程度であり、日本での認知度は小さい。そのため世界的な日本人選手が無名なこともある。

日本ではESPNの日本放送が終了しているためネット経由で受信するか、ニコニコ動画の「X Gamesチャンネル」での視聴となる。

2014年のASPEN大会はTBSで放送された。

開催種目[編集]

Summer X Games[編集]

  • BMX
    • フリースタイル・ヴァート
    • フリースタイル・パーク
    • フリースタイル・ビッグエア
    • フリースタイル・ストリート
  • モトX
    • フリースタイル
    • ステップアップ
    • アダプティブ
    • ベストトリック
    • ベストウィップ
    • レーシング
    • スーパーモト(男子、女子)
  • ラリー
    • レーシング
    • スーパーラリー
  • スケートボーディング
    • ビッグエア
    • ストリート(男子、女子)
    • ヴァート(男子、女子)
    • ヴァート・ベストトリック
    • パーク
    • パーク・レジェンド

過去に行われていた種目[編集]

  • BMX
    • スタント・ダート
    • スタント・フラットランド
  • アグレッシブインラインスケート
    • ヴァート
    • ヴァート・トリプルス
    • ダウンヒル(男子、女子)
    • ストリート(男子、女子)
  • スケートボーディング
    • ヴァート・ダブルス
  • サーフィン
    • ザ・ゲーム
  • ウェイクボード(男子、女子)
  • ベアフット・ジャンプ
  • スポーツクライミング(難度、スピード)
  • スカイサーフィン
  • ストリートリュージュ
    • デュアル
    • マス
    • スーパーマス

Winter X Games[編集]

  • スノーボーディング
    • スロープスタイル(男子、女子)
    • スノーボーダーX(男子、女子)
    • スーパーパイプ(男子、女子)
    • ビッグエア(廃止→再開)

※ビッグエアは2010年からルールが変更され、予選・決勝ラウンド共に15分のジャムセッション制となった。

  • スノーモービル
    • スノークロス
    • フリースタイル
    • ベストトリック
    • スピード&スタイル
    • ノックアウト(2010年のみ)・・・キッカーからの飛距離を競う。

X Gamesの歩み[編集]

Summer X Games[編集]

  • 1994年 First Extreme Games, ロードアイランド州
  • 1995年 X Games I - ロードアイランド州ニューポートバーモント州マウントスノー
    • 観客動員数 198,000人
  • 1996年 X Games II - ロードアイランド州ニューポート
    • 観客動員数 200,000人
  • 1997年 X Games III - カリフォルニア州サンディエゴ
    • 観客動員数 221,200人
  • 1998年 X Games IV - カリフォルニア州サンディエゴ
    • 観客動員数 233,000人
  • 1999年 X Games V - カリフォルニア州サンフランシスコ30桟橋、32桟橋
    • インラインスケートのヴァート競技に安床武士が史上最年少の11歳6ヶ月で初出場を果たす。この記録は現在も破られていない。
    • 観客動員数 275,000人
    • スケートボードのベストトリック競技で、トニー・ホークが大会史上初の900度回転(2回転半)の技を成功させ、圧倒的な差をつけて優勝した。
    • インラインスケートのヴァート競技で、安床栄人が初優勝。
  • 2000年 X Games VI - カリフォルニア州サンフランシスコ30桟橋、32桟橋
    • インラインスケートのヴァート競技で、安床栄人、安床武士の安床ブラザーズが初の1,2フィニッシュ。兄弟の1,2フィニッシュは歴史上初。
  • 2001年 X Games VII - ペンシルベニア州フィラデルフィアファースト・ユニオン・センター
    • 観客動員数 235,000人
  • 2002年 X Games VIII - ペンシルベニア州フィラデルフィア :ファースト・ユニオン・センター
    • インラインスケートのヴァート競技で、安床武士が初優勝。
  • 2003年 X Games IX - カリフォルニア州ロサンゼルスステイプルズ・センター
    • インラインスケートのヴァート競技で、安床栄人、安床武士の安床ブラザーズが2度目の1,2フィニッシュ。
  • 2004年 X Games X - カリフォルニア州ロサンゼルス:ステイプルズ・センター
    • スケートボード・ビッグエア競技が導入された。
  • 2005年 X Games XI - カリフォルニア州ロサンゼルス :ステイプルズ・センター
    • 2009年までサマーXゲームズはカリフォルニア州で行われることが決定した。
  • 2006年 X Games XII - カリフォルニア州ロサンゼルス :ステイプルズ・センター、ホーム・デポ・センター、ロングビーチ・マリーン・スタジアム
    • モトXのベストトリック競技で、トラビス・パストラーナが史上初のダブルバックフリップ(後方2回宙返り)を成功させた。
  • 2007年 X Games XIII - カリフォルニア州ロサンゼルス :ステイプルズ・センター、ホーム・デポ・センター、ロングビーチ・マリーン・スタジアム
  • 2008年 X Games XIV - カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 2009年 X Games XV - カリフォルニア州ロサンゼルス :ステイプルズ・センター、ホーム・デポ・センター
  • 2010年 X Games XVI - カリフォルニア州ロサンゼルス :ステイプルズ・センター、L.A.ライブロサンゼルス・メモリアル・コロシアム

Winter X Games[編集]

  • 1997年 Winter X Games I - カリフォルニア州ビッグベアレイク スノーサミットマウンテンリゾート
    • 観客動員数 38,000人
  • 1998年 Winter X Games II - コロラド州クレステッドビュート
    • 観客動員数 25,000人
  • 1999年 Winter X Games III - コロラド州クレステッドビュート
    • 観客動員数 30,000人以上
  • 2000年 Winter X Games IV - バーモント州マウントスノー
    • 観客動員数 83,500人
  • 2001年 Winter X Games V - バーモント州マウントスノー
    • 観客動員数 50,000人以上、ウルトラクロスで瀧澤宏臣が優勝。
  • 2002年 Winter X Games VI - コロラド州アスペン
  • 2003年 Winter X Games VII - コロラド州アスペン
  • 2004年 Winter X Games VIII - コロラド州アスペン
  • 2005年 Winter X Games IX - コロラド州アスペン
  • 2006年 Winter X Games X - コロラド州アスペン、スノーマス バターミルクマウンテン
  • 2007年 Winter X Games XI - コロラド州アスペン、スノーマス バターミルクマウンテン
  • 2008年 Winter X Games XII - コロラド州アスペン
    • スノーボードスーパーパイプで青野令が準優勝。
  • 2009年 Winter X Games XIII - コロラド州アスペン
    • スキークロスで瀧澤宏臣が準優勝。
  • 2010年 Winter X Games XIV - コロラド州アスペン
    • スノーボードスーパーパイプにて、ショーン・ホワイトが史上初となるダブルマックツイスト1260を成功させる、また國母和宏が3位。
    • スキービッグエアでは、ボビー・ブラウンがスイッチダブルミスティー1440、TJシラーがダブルコーク1620を成功させる。(共に史上初)
  • 2011年 Winter X Games XV - コロラド州アスペン
    • スノーボードビッグエアにて、トースタイン・ホーグモが史上初となるトリプルコークを成功させる。
  • 2012年 Winter X Games XVI - コロラド州アスペン
    • スノーボードスーパーパイプにて、ショーン・ホワイトが史上初のパーフェクトスコア(100点満点)を記録する、青野令が3位。
    • スノーモービルベストトリックにて、ヒース・フリスビーが史上初となるフロントフリップを成功させる。
  • 2013年 Winter X Games XVII - コロラド州アスペン
    • スノーボードスーパーパイプで平野歩夢が準優勝。
  • 2014年 Winter X Games XVIII - コロラド州アスペン
    • スノーボードビックエアで角野友基が準優勝。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]