角野友基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 スノーボード
X GAMES
2014 X GAMES ASPEN ビッグエア
2015 X GAMES ASPEN ビッグエア
バートン・グローバルオープンシリーズ
2013 ハイファイブス! スロープスタイル
2014 ハイファイブス! スロープスタイル
2015 USオープン スロープスタイル
ワールドカップ
2012-2013 スペインシエラネバダ大会 スロープスタイル

角野 友基(かどの ゆうき、1996年5月18日 - )は、日本のプロスノーボーダーである。日産自動車X-TRAIL所属。岡本圭司率いるプロスノーボード集団「HYWOD」のメンバー。

来歴[編集]

角野選手の地元では「祝ソチオリンピック冬季競技大会出場」とソチオリンピック出場記念の懸垂幕が掲げられている[1][2]
(2014年1月25日、三木市役所玄関前にて)

兵庫県川西市出生、兵庫県三木市大村出身(幼稚園途中より)[3]三木市立平田小学校[4]在学中の8歳の時に父親の影響で六甲山人工スキー場でスノボードを始め、11歳の時にプロに認定される[5][1][6]三木市立三木中学校卒業後[4]日出高等学校通信制課程に進学[7]

2012年12月、北京で開催されたAir & Style BEIJINGでアジアの選手として初の優勝を達成。2013年3月26日、スペインのシエラネバダで開催されたスノーボード・ワールドカップスロープスタイルで初優勝し、2012-13シーズン計3戦の総合成績で種目別優勝を達成した[8]

2013年12月11日に、所属をアルツキララクラブから日産自動車X-TRAILに変更した[9]

2014年X Gamesで初出場ながらビッグエアで2位となる。直後のソチオリンピックに新種目であるスノーボード男子スロープスタイルに出場し8位入賞。

2015年、X Gamesでスロープスタイルでは12位に終わったが、ビッグエアでは予選をトップ通過、決勝では手をついてしまったものの3位入賞。 Air +Styleロサンゼルス大会では2月7日にスノーボード映像撮影中の事故で脊椎損傷等の重傷を負った岡本圭司の名を自身のスノーボード板のノーズ部分に刻み参加。 順調に決勝に進み、決勝では1本目にバックサイドトリプルコーク1620、2本目にバックサイド1260、最後の3本目はスイッチバックサイドトリプルコーク1620をクリーンメイクし、95.26点を獲得し優勝。Air +Styleツアー総合2位となった。 3月の全米オープンではスロープスタイル部門で出場。予選で8位となり決勝進出。決勝では1本目でバックサイドトリプルコーク1440等を決め79.4点を残し暫定1位となった。 しかし、その後3連覇を狙うマーク・マクモリスが1本目で86.6点、2本目で87.8点を獲得し首位に踊り出る。逆転を狙った角野は3本目でバックサイドトリプルコーク1620からスイッチバックサイドトリプルコーク1620という大技を連続で成功させ、90.0点を獲得し逆転優勝を果たした。日本人の全米オープン優勝は國母和宏以来二人目、スロープスタイルでは日本人初。

主な競技結果[編集]

SS=スロープスタイル BA=ビッグエア

  • 2012年 Air & Style Beijing BA 優勝
  • 2013年 Air & Style Innsbruck BA 6位
  • 2014年 Air + Style Beijing BA 8位
  • 2015年 Air + Style Innsbruck BA 3位
  • 2015年 Air + Style Los Angeles BA 優勝
  • 2014年 Winter X Games BA 2位
  • 2015年 Winter X Games BA 3位
  • 2015年 Burton US Open SS 優勝
  • 2013年 Burton High Fives! SS 3位
  • 2014年 Burton High Fives! SS 3位
  • 2011年 The Slope SS 優勝
  • 2012年 The Slope SS 優勝
  • 2010年 雪番長Slopestyle SS 優勝
  • 2011年 雪番長Slopestyke SS 優勝
  • 2011年 Ride Shakdown SS 2位
  • 2011年 Billabong Ante Up BA 5位
  • 2012年 Billabong Bro Down SS 2位
  • 2013年 FIS World Cup(SPA) SS 優勝
  • 2014年 ソチ五輪 SS 8位
  • 2014年 FIS Race SS 優勝
  • 2014年 全日本スキー選手権大会スノーボード競技 SS 優勝
  • 2015年 全日本スキー選手権大会スノーボード競技 SS 優勝
  • 2015年 U.S. Snowboard Grand Prix SS 2位
  • 2015年 AIR MIX 2015 優勝
  • 2012年 2012 Protest World Rookie Finals in ISCHGL SS 2位
  • 2014年 FIS尾瀬戸倉カップ 第1戦 SS 1位
  • 2014年 FIS尾瀬戸倉カップ 第2戦 SS 1位

人物[編集]

  • 小学校時代は週末ごとにスキーの練習をしにスキー場に行っていた。[5]
  • 中学校時代にすでにプロスノーボーダーになっていたので、遠征などで休んだ時に他の部員に迷惑が掛からないように帰宅部であった。[6]また、平日もプロ活動に専念する為に学校を休みがちになり、いじめに遭っていた。[5]
  • 得意科目は社会科国語であり、好きな科目は体育である。[6]
  • スノーボード男子スロープスタイルで唯一の強化指定選手である。[1]
  • 大のももいろクローバーZファンでモノノフを自称する。有安杏果のブログに本名でコメント欄に書き込みをするなどもしている[10]。またゴールデンボンバーのファンでもありソチオリンピックの準決勝・決勝では金爆と刺繍されたネックウォーマーを身に着けていた。
  • 2015年2月、ロサンゼルスで開催されたAir + Styleでは直前に撮影中の怪我で入院療養中の岡本圭司にメッセージを込めて「Ride for Keiji 圭司」と書きこまれたボードで挑み大会に優勝している[11][12]

メディア出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ソチ五輪出場スノボ角野選手 三木市役所に激励懸垂幕 兵庫”. 産経新聞 2014.1.22. 2014年1月25日閲覧。
  2. ^ 角野友基選手ソチオリンピック出場決定!!”. 三木市 教育部 文化スポーツ振興課. 2014年1月25日閲覧。
  3. ^ 将来はスノーボードで世界一 三木の小学6年生”. 47NEWS 2009.1.1. 2014年1月25日閲覧。
  4. ^ a b ソチ五輪、三木出身の角野選手応援 2月8日観戦会”. 神戸新聞 2014.1.25. 2014年1月25日閲覧。
  5. ^ a b c kこころのこやし21”. 河内長野市立千代田中学校. 2014年1月25日閲覧。
  6. ^ a b c スーパーキッズ角野友基のパパ/角野雅一”. Snowbard com.. 2014年1月25日閲覧。
  7. ^ 角野友基 留年回避だ「メダルを獲ったら何とか…」”. スポーツニッポン 2014.1.7. 2014年1月25日閲覧。
  8. ^ 角野、ソチ新競技で金/W杯スノーボード”. 日刊スポーツ 2012.3.28. 2014年2月8日閲覧。
  9. ^ 角野友基がX-TRAIL所属変更 日産に/スノボ”. サンケイスポーツ 2013.12.11. 2014年1月25日閲覧。
  10. ^ 有安杏果ブログ
  11. ^ 角野友基のボードに刻まれた『Ride For Keiji 圭司』!狙うは「Air + Style ロサンゼルス大会」表彰台のてっぺん!”. heavysnowker. 2015年2月23日閲覧。
  12. ^ 角野友基が史上初の最高難易度SWBSトリプルコーク1620をメイクして優勝!【A+S Los Angeles 2015:決勝】”. heavysnowker. 2015年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]