日出中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日出中学校・高等学校
Hinode highschool.jpg
過去の名称 日出高等女学校
日出女子学園中学校・高等学校
日出女子学園中学校・日出高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人日出学園
設立年月日 1903年(明治36年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
通信制課程
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(通信制)
設置学科 普通科
学科内専門コース 総合コース
スポーツコース
芸能コース
学期 3学期制
高校コード 13623K
所在地 153-0063
東京都目黒区目黒一丁目6番15号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

日出中学校・高等学校(ひのでちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都目黒区目黒一丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校。高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒の間で、第1学年から混合してクラスを編成する併設型中高一貫校[1]。通称は、「日出」、「日出中学」、「日出高校」。

概要[編集]

大正年間より現在地の目黒駅前権之助坂に所在する(2015年までは工事中のため移転)。幼稚園も併設している。制服は2011年度から新しくなり、種類も選べる。着用義務化。式典の場合のみフォーマル(基準服)の制服を着る。

学園祭は「すずかけ祭」と呼ばれ、毎年10月に行われる(戦災の際に無事だった「スズカケの木」から命名)。「目黒のさんま祭り」や「権之助坂商店街盆踊り大会」へのボランティア参加など、地元住民との交流がある。

高校は2000年度に通信制男女共学)が設置され、2001年度より日出女子学園高等学校から「日出高等学校」に校名変更している。2005年度より高校全日制男女共学になった。中学は2006年度に男女共学となり、同時に日出女子学園中学校から「日出中学校」に校名変更した。共学化とともに、総合コース・芸能コース・スポーツコース・少人数ゼミコース・医歯薬系進学コース(メディカルコース)にコース別化した。現在は総合コース、スポーツコース、芸能コースのみ。

目黒駅から徒歩5分以内という立地条件の良さと、芸能活動などの社会経験との両立に対する理解度の高さを売りにしており[要出典]新垣結衣多部未華子など多数の著名人を輩出してきた実績がある。

沿革[編集]

  • 1903年 - 東京府東京市芝区高輪台町大教寺境内に開校(当時の名前は、「高輪裁縫学校」)。
  • 1919年 - 現在地に移転。
  • 1921年 - 日出高等女学校に名称変更。
  • 1947年 - 日出女子学園中学校が開校。
  • 1948年 - 日出女子学園高等学校が開校。
  • 2000年 - 高等学校に通信制課程(男女共学)が開設。
  • 2001年 - 日出高等学校に名称変更
  • 2003年 - 創立100周年。記念祝賀式典が行なわれる。
  • 2005年 - 全日制高等学校を男女共学化。
  • 2006年 - 中学校を男女共学化。名称を、日出中学校に変更。
  • 2011年 - 新制服

交通[編集]

出身者[編集]

脚注及び参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日出高校の学校情報(高校受験パスナビ)(旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭に「●内部進学生とは1年次から混合クラス。」と掲載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]