青野令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
世界選手権
2009 江原道 ハーフパイプ
ワールドカップ
2006-07 富良野大会 ハーフパイプ
2006-07 カルガリー大会 ハーフパイプ
2006-07 カルガリー大会 ハーフパイプ
2006-07 ストーンハム大会 ハーフパイプ
2006-07シーズン 総合優勝
2007-08 カルドーナ大会 ハーフパイプ
2007-08 Sungwoo大会 ハーフパイプ
2008-09 カルドーナ大会 ハーフパイプ
2008-09 郡上大会 ハーフパイプ
2008-09 サイプレス大会 ハーフパイプ
2010-11 サースフェー大会 ハーフパイプ
2010-11 ストーンハム大会 ハーフパイプ
2010-11 カルガリー大会 ハーフパイプ
2011-12 サースフェー大会 ハーフパイプ
2012-13 カルドーナ大会 ハーフパイプ
バートン・グローバルオープンシリーズ
2013 ハイファイブス! ハーフパイプ
2012 ハイファイブス! ハーフパイプ
2012 ヨーロピアンオープン ハーフパイプ
2012 カナダオープン ハーフパイプ
2011 ニュージーランドオープン ハーフパイプ
2007 ニュージーランドオープン ハーフパイプ
X GAMES
2008 X GAMES ASPEN ハーフパイプ

青野令あおの りょう1990年5月15日 - )は、愛媛県松山市出身のスノーボード選手。松山城南高等学校出身。松山大学経営学部中退その後日本体育大学体育学部入学在学中。2009年スノーボード世界選手権韓国・江原道大会(種目ハーフパイプ) 日本人男子初の優勝者。

人物[編集]

スノーボード界では珍しい南国(愛媛県)育ちのスノーボーダーである。ヨネックスと契約を結んでおり、同じく同社とスポンサー契約をしている石川遼と共に「Wリョウ」と呼ばれる[1]。2006-07スノーボード・ワールドカップでハーフパイプ種目で総合優勝を果たした。日本人でスノーボード・ワールドカップで総合優勝を果たした選手は彼のほかに今井メロ山岡聡子しかおらず、日本人の男性としては初の総合優勝である。

小学校4年時よりスノーボードをはじめ、東温市内にある国内最大級の屋内ゲレンデ、アクロス重信で練習をしてきた。2004年にはJOCジュニアオリンピックで優勝、2005年には連覇を達成する。

2006年は15歳にしてシニアの大会であるFISキスマークカップスノーボードジャパンに出場し優勝を果たす。その後は日本代表として世界を舞台に戦い、2006-07スノーボード・ワールドカップではハーフパイプ競技で富良野大会、カルガリー大会などでの優勝を果たし、見事総合優勝を果たした。

2008年1月27日アメリカコロラドで行われたWINTER X-GAMES(エックスゲームズ) Men's Snowboard SuperPipeで、ショーン・ホワイトに続く2位になり、銀メダルを獲得。

2009年スノーボード世界選手権ハーフパイプ男子で優勝し、日本人初のスノーボード世界選手権覇者となった。

2010年バンクーバーオリンピックスノーボード・ハーフパイプ日本代表。予選第1組では2位に付けストレートで決勝進出を果たしたものの、決勝では1回目は最初の空中姿勢を崩し、2回目は最後の着地時にバランスを崩し、メダルには届かず9位。

バンクーバー冬季五輪の國母和宏の服装問題において、競技の先輩でもある國母を擁護した人物の一人である。

2012年1月29日アメリカコロラドで行われたWinter X-Games 2012 Snowboard Men's SuperPipeで銅メダルを獲得。

2013年地元松山大学を中退し、将来はスポーツ(体育教師など)指導者を志すと共により良い練習環境を求めて同年4月3日東京の日本体育大学体育学部社会体育学科に入学した。現在日体大学友会(全日本学生スキー連盟一部校所属・体育会系)スキー部フリースタイルブロック(スノーボード・ハーフパイプ)に所属し活躍中[2]。2014年2月ソチオリンピック スノーボード新種目スロープスタイル8位入賞の角野友基、ハープパイプ平野歩夢(銀メダリスト)・平岡卓(銅メダリスト)などはアクロス重信(練習場)の後輩にあたる。

主な成績[編集]

  • 2007年[3]
    • 2月、FISワールドカップ(日本富良野) 1位
    • 3月、FISワールドカップ(カナダカルガリー) 1位
  • 2008年[3]
    • 9月、FISワールドカップ(韓国Sungwoo) 1位
  • 2009年[3]
    • 1月、FISワールドカップ(日本郡上) 1位
    • 1月、スノーボード世界選手権 1位
  • 2011年[3]
    • 2月、FISワールドカップ(トルコエルズルム) 1位
    • 2月、FISワールドカップ(カナダストーンハム) 1位
    • 2月、FISワールドカップ(カナダカルガリー) 1位
    • 8月、FISワールドカップ(ニュージーランドカルドーナ) 1位
  • 2012年[3]
    • 1月、Burton カナダオープン 1位
    • 1月、Burton ニュージーランドオープン 1位
    • 8月、FISワールドカップ(ニュージーランドカルドーナ) 1位
  • 2014年[3]
    • 1月、スノーボードジャンボリー 1位
    • 2月、FISワールドカップ(カナダストーンハム) 1位
    • 4月、全日本選手権(ニセコ) 3位

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ MSN産経ニュース. “新入生にソチ五輪目指すスピード女子・高木ら 青野も、日体大入学式 - MSN産経ニュース”. 2013年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f AONO Ryo - Biographie”. FIS.com. FIS. 2014年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]