スコット・ディクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ロナルド・ディクソン
インディアナポリス・モーター・スピードウェイでのカーブ・デイ(2009年のインディ500)
基本情報
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
生年月日 1980年7月22日(34歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリアブリスベン
2014年インディカー・シリーズ
デビュー 2003年
所属 チップ・ガナッシ・レーシング
車番 9
出走回数 115
優勝回数 28
ポールポジション 18
ファステストラップ 24
シリーズ最高順位 1位(2003年、2008年)
過去参加シリーズ
1994年
1995年-1996年
1997年-1998年

1999年-2000年
2001年-2002年
ニュージーランドFormula Vee
ニュージーランドFormula Ford
オーストラリア フォーミュラホルーデン
インディライツ
CARTチャンプカー
選手権タイトル
1994年

1995年

1996年

1998年

2000年
2003年
2008年
ニュージーランドFormula Vee クラスII
ニュージーランドFormula Ford クラスII
ニュージーランドFormula Ford クラスI
オーストラリアドライバーズチャンピオンシップ
インディライツ
インディカー・シリーズ
インディカー・シリーズ
受賞
1999年
2001年
2001年
2003年
2004年
2008年
2008年
2008年

2009年
ジム・クラークトロフィー
CARTルーキー・オブザイヤー
ジム・クラークトロフィー
ブルース・マクラーレントロフィー
ジム・クラークトロフィー
インディ500シリーズチャンピオン
ブルース・マクラーレントロフィー
ニュージーランド スポーツマン・オブザイヤー
ニュージーランド モータースポーツ殿堂入り

スコット・ロナルド・ディクソン MNZMScott Ronald Dixon, 1980年7月22日 - )は、ニュージーランドのレーシングドライバー。インディ・レーシング・リーグに参戦し、2009年8月にミッドオハイオ・スポーツカーコースで開催されたホンダ・インディ200で21勝目を挙げ、アメリカで最も成功したニュージーランド人ドライバーとなった[1]。インディカー参戦当初よりチップ・ガナッシ・レーシングに所属し、2003年2008年と2度タイトルを獲得、2008年のインディ500ではポールポジションから優勝を遂げた[2]

同年8月のケンタッキーで6勝目を挙げ、これはシーズン最多のタイ記録であった。ディクソンは安定してレースを完走することで知られ、2005年のワトキンズ・グレンから2007年のミッドオハイオまで28戦連続完走の記録を達成した[3]。彼はまた90戦の内48回表彰台に上り、その勝率はフルタイム参戦するIRLドライバーの中で最高である。

ディクソンはジム・クラーク・トロフィーを3回(1999, 2001, 2004)、ブルース・マクラーレン・トロフィーを2回(2003, 2008)受賞している。2012年にはニュージーランド・メリット勲章を受章した。

経歴[編集]

ディクソンはオーストラリアブリスベンニュージーランド人のロンおよびグレニス・ディクソン夫妻の間に生まれた。両親は共にダートレーサーであった[4]。一家はディクソンが幼少時にオークランドに戻った。ディクソンは7歳でカートレースを始め[5]、13歳でレースのライセンスを獲得して世間の注目を集めた[6]。ニュージーランドでは16歳になるまで路上の運転免許を取得できなかった。

ディクソンはプケコヘ・パーク・レースウェイで行われた日産・セントラによるワンメイクレースで横転し、その様子がTVで放映されて全国から注目された[7]。その後は参加したあらゆるシリーズで勝利を挙げていった。

1994年母国ニュージーランドのフォーミュラ・ビィーでチャンピオン、1998年にはオーストラリアでのフォーミュラ・ホールデンでチャンピオンを獲得し渡米、1999年よりCARTの直下のカテゴリーであったインディ・ライツに参戦。翌2000年には12戦6勝をあげてチャンピオンを獲得した。

CART/インディカー・シリーズ[編集]

2001年にCARTにステップアップ、第3戦ナザレスで記録的な優勝をとげた。この20歳9ヶ月14日での優勝は、CARTは勿論、F1IRLNASCARを含めた世界のメジャーレース史上での最年少ウィナー(当時)としての記録である。 しかし、2002年に2001年から所属していたチーム、パックウエスト・レーシングがシーズン途中で撤退となってしまった。シート喪失のピンチとなったが、急遽チップ・ガナッシ・レーシングがサードカーを走らせてディクソンを起用することになり、シーズン途中でトップチームのシートを獲得することとなった。 2003年よりチームと共にIRLへ転向、開幕戦勝利を含めて3勝をあげて参戦初年度からチャンピオンに輝いた。

2004年-2005年 IRLデビューイヤーにチャンピオン獲得したディクソンだったが、その後2年間は一転して不振に陥る。 ディフェンディングチャンピオンとして迎えた2004年開幕戦はリタイヤに終わってしまうが、第2戦で2位、第3戦で5位と安定した成績を残した。ここから本領発揮と思われたが、その後は1度もトップ5フィニッシュできず、結局この年は1勝も出来ず第2戦での2位がベストリザルトとなった。不振の原因としては所属チームのチップ・ガナッシが使用していたトヨタエンジンが、この年のチャンピオンを獲得したトニー・カナーンの所属するアンドレッティ・グリーンレーシングをはじめとするチームが使用するホンダエンジンに対し、劣勢だったことが挙げられる。事実、前年ディクソンとチャンピオンを争い同じトヨタエンジンを使用するチーム・ペンスキーも、この年は2勝しか挙げられず、トヨタユーザーはすべて苦戦は必至だった。さらに、ディクソン等が使用するパノスシャシーが、その他多くのチームが使用しているダラーラシャシーに対して性能が劣っていたことが、エンジンの劣勢に加えディクソンの成績不振に拍車をかけていた。翌2005年も、第15戦までは1度もトップ5フィニッシュできず、チームメイトも次々変わるというチーム内が混乱していた中で、第16戦のワトキンス・グレンで2年ぶりの優勝を成し遂げ、元チャンピオンの貫禄を見せた。           

2006年 エンジンとシャシーに足を引っ張られた2年間を終えたディクソンにとって、2006年は念願がかなったシーズンとなった。それまで複数のメーカーのコンペティションだったエンジンとシャシーだったが、トヨタが2007年限りでの撤退を表明したところ、それによってディクソンの所属するチップ・ガナッシレーシングやライバルであるチーム・ペンスキーなどのトップチームが次々とホンダエンジンに乗り換えたため、トヨタは1年前倒ししてIRLからの撤退することを決める。これにより、ワンメイク化が1年早まることとなった。そして、チームメイトには前年のチャンピオンのダン・ウェルドンというチャンピオンコンビとなり、チームは磐石の体制となった。そして開幕戦は、予選4位、決勝もチームメイトのダン・ウェルドンが優勝すると自身も5位に入り好調な滑り出しとなる、第2戦はペンスキーエリオ・カストロネベスが優勝しディクソンは2位を確保する、このレースはコーション中にサム・ホーニッシュJr.とウェルドンが接触するというアクシデントがあった。その後第3戦はトップ争いを展開中にリタイア、第4戦インディアナポリスでは速度違反ペナルティで25位となるが第5戦のIRL初のウエットレースとなったワトキンスグレンと第9戦ナッシュビルで優勝し、最終戦までタイトルを争うことが出来た(ランキングは4位)

2008年 チップ・ガナッシ・レーシングで6回のポールポジションと6回の優勝でシーズンチャンピオンに輝いた。

2009年・2010年もそれぞれタイトル争いには絡んだものの、2009年に加入したチームメイトダリオ・フランキッティに2年連続でタイトルを奪われる結果となっている。

2011年のタイトル争いはフランキッティとウィル・パワーのマッチレース状態であり、ディクソン自身はそれに加わることはなかったが、この年で一時終了となったインディ・ジャパンを含む2戦で優勝、ランキング3位を獲得した。

記録[編集]

ディクソンが2007年に記録した3連勝及び2008年に記録した年間6勝は、共にインディカー・シリーズ最多タイ記録[8]である。また、インディ500では2012年現在1366周連続完走という記録を持っている。

スポーツカー[編集]

アメリカン・ル・マンシリーズ[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン タイヤ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1999 ドラン・リスタ・レーシング
ジム・マシューズ・レーシング
LMP フェラーリ・333SP フェラーリ F310E 4.0 L V12 M SEB ATL MOS SON POR PET
Ret
MON LSV NC 0
2008 ド・フェラン・モータースポーツ LMP2 アキュラ・ARX-01b アキュラ 3.4L V8 M SEB STP LNB UTA LIM MID AME MOS DET PET
8/5
MON 28位 18
2009 ド・フェラン・モータースポーツ LMP1 アキュラ・ARX-02a アキュラ 4.0L V8 M SEB
Ret
STP LNB UTA LIM MID AME MOS PET
24/7
MON 28位 12

ロレックス・スポーツカーシリーズ[編集]

(key)(太字はポールポジション、結果は順位/クラス

ロレックス・スポーツカーシリーズ結果
チーム メーカー エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント
2005 ガナッシ・レーシング ライリー レクサス DP DAY
6/6
HOM CAL LAG CMT WAT1 BAR WAT2 DAY2 MDO PHX WAT3 VIR MEX 25
2006 ガナッシ・レーシング ライリー レクサス DP DAY
1/1
MEX HOM LBH VIR LAG PHX LRP WAT1 DAY2 BAR WAT2 INF MIL
4/4
63
2007 ガナッシ・レーシング ライリー レクサス DP DAY
41/21
MEX HOM VIR LAG LRP WAT1 MDO DAY2 IOWA CGV BAR WAT2 INF MIL 10
2008 ガナッシ・レーシング ライリー レクサス DP DAY
1 / 1
HOM MEX VIR LAG LRP WAT MDO DAY2 BAR CGV WAT2 INF NJ MIL 35
2009 ガナッシ・レーシング ライリー レクサス DP DAY
5 / 5
VIR NJ LAG WAT MDO DAY2 BAR WAT2 CGV MIL HOM 26
2010 ガナッシ・レーシング ライリー BMW DP DAY
37/15
HOM BAR VIR LRP LAG WAT1 MDO DAY2 NJ WAT2 CGV MIL 16
2011 ガナッシ・レーシング ライリー BMW DP DAY
2/2
HOM BAR VIR LRP LAG WAT1 MDO DAY2 NJ WAT2 CGV MIL 32*
2012 ガナッシ・レーシング ライリー BMW DP DAY
4 / 4
BAR HOM NJ DET MDO ROA WAT1 INDY WAT2 CGV LAG LRP 28*
  • 現在進行中

V8 スーパーカー[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 最終順位 ポイント
2010 ケリー・レーシング YMC
R1

YMC
R2

BHR
R3

BHR
R4

ADE
R5

ADE
R6

HAM
R7

HAM
R8

QLD
R9

QLD
R10

WIN
R11

WIN
R12

HDV
R13

HDV
R14

TOW
R15

TOW
R16

PHI
R17

BAT
R18

SUR
R19

20
SUR
R20

Ret
SYM
R21

SYM
R22

SAN
R23

SAN
R24

SYD
R25

SYD
R26

NC 0 +

+ Not Eligible for points

アメリカン・オープンホイール[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

インディ・ライツ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1999 ヨハンソン・モータースポーツ MIA
3
LBH
2
NAZ
4
MIL
15
POR
11
CLE
14
TOR
18
MIS
16
DET
7
CHI
1
LS
2
FON
16
5位 88
2000 パックウェスト・ライツ LBH
1
MIL
1
DET
4
POR
11
MIS
14
CHI
1
MDO
2
VAN
1
LS
1
STL
15
HOU
15
FON
1
1位 155

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
2001 パックウェスト・レーシング レイナード・01i トヨタ MTY
13
LBH
19
TXS
NH
NZR
1
MOT
9
MIL
3
DET
Ret
POR
7
CLE
Ret
TOR
5
MIS
10
CHI
4
MDO
12
ROA
4
VAN
13
LAU
9
ROC
Ret
HOU
Ret
LS
4
SRF
15
FON
Ret
8位 98
2002 PWR チャンピオンシップ・レーシング ローラ・B02/00 MTY
6
LBH
18
MOT
9
13位 87
チップ・ガナッシ・レーシング MIL
6
LS
6
POR
7
CHI
6
TOR
5
CLE
15
VAN
16
MDO
5
ROA
17
MTL
10
DEN
2
ROC
12
MIA
18
SRF
15
FON
6
MXC
7

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2003 チップ・ガナッシ・レーシング Gフォース トヨタ HMS
1
PHX
20
MOT
15
INDY
17
TXS
6
PPIR
1
RIR
1
KAN
6
NSH
2
MIS
5
STL
15
KTY
2
NZR
16
CHI
2
FON
2
TXS2
2
1位 507
2004 HMS
18
PHX
2
MOT
5
INDY
8
TXS
14
RIR
8
KAN
12
NSH
8
MIL
Wth
MIS
7
KTY
13
PPIR
20
NZR
9
CHI
7
FON
8
TXS2
6
10位 355
2005 パノス HMS
16
PHX
12
STP
6
INDY
24
TXS
11
RIR
22
KAN
18
NSH
6
MIL
13
MIS
19
KTY
23
PPIR
16
SNM
7
CHI
19
WGL
1
FON
10
13位 321
ダラーラ MOT
21
2006 ダラーラ ホンダ HMS
5
STP
2
MOT
9
INDY
6
TXS
2
RIR
11
KAN
4
NSH
1
MIL
10
MIS
16
KTY
2
CHI
2
4位 460
パノス WGL
1
SNM
4
2007 ダラーラ HMS
2
STP
2
MOT
4
KAN
4
INDY
2
MIL
4
TXS
12
IOW
10
RIR
2
WGL
1
NSH
1
MDO
1
MIS
10
KTY
2
SNM
1
DET
8
CHI
2
2位 624
2008 HMS
1
STP
22
MOT1
3
LBH1
DNP
KAN
3
INDY
1
MIL
2
TXS
1
IOW
4
RIR
3
WGL
11
NSH
1
MDO
3
EDM
1
KTY
1
SNM
12
DET
5
CHI
2
SRF2
2
1位 646
2009 STP
16
LBH
15
KAN
1
INDY
6
MIL
1
TXS
3
IOW
5
RIR
1
WGL
3
TOR
4
EDM
3
KTY
7
MDO
1
SNM
13
CHI
2
MOT
1
HMS
3
2位 605
2010 SAO
6
STP
18
ALA
2
LBH
4
KAN
1
INDY
5
TXS
4
IOW
6
WGL
8
TOR
20
EDM
1
MDO
5
SNM
2
CHI
8
KTY
7
MOT
6
HMS
1
3位 547
2011 STP
16
ALA
2
LBH
18
SAO
12
INDY
5
TXS1
2
TXS2
2
MIL
7
IOW
3
TOR
2
EDM
23
MDO
1
NHM
3
SNM
5
BAL
5
MOT
1
KTY
3
LVS
C
3位 518
2012 ダラーラ・DW12 STP
2
ALA
2
LBH
23
SAO
17
INDY
2
DET
1
TXS
18
MIL
11
IOW
4
TOR
25
EDM
10
MDO
1
SNM
13
BAL
4
FON
3
3位 435
2013 STP
5
ALA
2
LBH
11
SAO
18
INDY
14
DET1
4
DET2
4
TXS
23
MIL
6
IOW
16
POC
1
TOR1
1
TOR2
1
MDO
7
SNM
15
BAL
19
HOU1
1
HOU2
2
FON
5
1位 577
2014 シボレー STP
4
LBH
12
ALA
3
IMS
15
INDY
29
DET1
11
DET2
4
TXS
5
HOU1
19
HOU2
18
POC
5
IOW
4
TOR1
5
TOR2
7
MDO
1
MIL
4
SNM
FON
6位 472
1 同日に開催された
2 ノンタイトル戦
チーム 出走数 ポールポジション 勝利数 表彰台
(勝利以外)**
トップ10
(表彰台以外)***
最速
ラップリード
インディ500勝利数 チャンピオン獲得数
9 1 180 22 32 42 24 24 1 (2008) 3 (2003 & 2008 & 2013)
** 表彰台(勝利以外):2位または3位
*** トップ10
(表彰台以外):4位から10位まで

インディ500[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2003 パノス トヨタ 4 17 チップ・ガナッシ・レーシング
2004 パノス トヨタ 13 8 チップ・ガナッシ・レーシング
2005 パノス トヨタ 13 24 チップ・ガナッシ・レーシング
2006 ダラーラ ホンダ 4 6 チップ・ガナッシ・レーシング
2007 ダラーラ ホンダ 4 2 チップ・ガナッシ・レーシング
2008 ダラーラ ホンダ 1 1 チップ・ガナッシ・レーシング
2009 ダラーラ ホンダ 5 6 チップ・ガナッシ・レーシング
2010 ダラーラ ホンダ 6 5 チップ・ガナッシ・レーシング
2011 ダラーラ ホンダ 2 5 チップ・ガナッシ・レーシング
2012 ダラーラ ホンダ 15 2 チップ・ガナッシ・レーシング

A1グランプリ[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2005-06 A1チーム・ニュージーランド GBR
SPR

GBR
FEA

GER
SPR

GER
FEA

POR
SPR

POR
FEA

AUS
SPR

AUS
FEA

MYS
SPR

MYS
FEA

UAE
SPR

PO
UAE
FEA

PO
RSA
SPR

RSA
FEA

IDN
SPR

IDN
FEA

MEX
SPR

MEX
FEA

USA
SPR

USA
FEA

CHN
SPR

CHN
FEA

4位 77


経歴年表[編集]

  • 1994年 ニュージーランドFormula Vee参戦 シリーズチャンピオン
  • 1995年 ニュージーランドFormula Ford(クラス2)参戦,13勝 シリーズチャンピオン
  • 1996年 ニュージーランドFormula シリーズチャンピオン
  • 1997年 オーストラリア フォーミュラホルーデン参戦 シリーズ3位 ルーキーオブザイヤー獲得
  • 1998年 オーストラリア フォーミュラホルーデン 5勝 シリーズチャンピオン
  • 1999年 インディライツ参戦(チーム:ヨハンソン・モータースポーツ)(マシン:ローラB99/30ビュイック)1勝 シリーズ5位
  • 2000年 インディライツ(チーム:パックウエスト・レーシング)(マシン:ローラB99/30ビュイック)6勝 シリーズチャンピオン
  • 2001年 CART参戦(チーム:パックウエスト・レーシング)(マシン:レイナード01Iトヨタ)1勝〔ナザレス〕 シリーズ8位 ルーキーオブザイヤー獲得
  • 2002年 CART(チーム:PWR&チップ・ガナッシ)(マシン:ローラB2/00トヨタ)最高位2位 シリーズ13位
  • 2003年 インディカー・シリーズ参戦(チーム:チップ・ガナッシ)(マシン:パノスGフォースGF09 トヨタ)3勝〔マイアミ、パイクスピーク、リッチモンド〕,5PP シリーズチャンピオン
  • 2004年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)(マシン:パノスGフォースGF09 トヨタ)最高位2位 シリーズ10位
  • 2005年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)(マシン:パノスGフォースGF09 トヨタ)1勝(ワトキンスグレン)シリーズ13位
  • 2006年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)2勝 シリーズ4位
  • 2007年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)4勝 シリーズ2位
  • 2008年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)6勝 シリーズチャンピオン
  • 2009年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)5勝 シリーズ2位
  • 2010年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)3勝 シリーズ3位
  • 2011年 インディカー・シリーズ(チーム:チップ・ガナッシ)2勝 シリーズ3位

参照[編集]

  1. ^ King Dixon
  2. ^ Scott Dixon Career Statistics
  3. ^ Records and Milestones
  4. ^ Champcarworldseries_biography:Scott Dixon
  5. ^ Press Democrat Staff Writer
  6. ^ Black Bullet Profile :Scott Dixon
  7. ^ This Is Your Life, TV1, 21 September 2008
  8. ^ 連勝記録は2012年にウィル・パワーが並び、年間最多勝は2005年のダン・ウェルドンに次ぐ2人目である。

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
ジェイソン・ブライト
オーストラリアン・ドライバーズ・チャンピオンシップ
1998
次代:
サイモン・ウィルズ
先代:
オリオール・セルビア
インディ・ライツ・チャンピオン
2000
次代:
タウンゼント・ベル
先代:
ケニー・ブラック
CARTルーキー・オブ・ザ・イヤー
2001
次代:
マリオ・ドミンゲス
先代:
サム・ホーニッシュJr.
IRL インディカー・シリーズ チャンピオン
2003
次代:
トニー・カナーン
先代:
ダリオ・フランキッティ
インディ500優勝者
2008
次代:
エリオ・カストロネベス
先代:
ダリオ・フランキッティ
IRL インディカー・シリーズ チャンピオン
2008
次代:
ダリオ・フランキッティ