グレッグ・ムーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・ムーア
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 1975年4月22日
出身地 カナダブリティッシュコロンビア州メイプルリッジ
死没日 1999年10月31日(24歳)
死没地 カリフォルニア・スピードウェイ
アメリカ合衆国カリフォルニア州フォンタナ

グレッグ・ムーア (Greg Moore ,1975年4月22日-1999年10月31日) はカナダメイプルリッジ出身のレーシングドライバーである。

オーバルコースを得意とし、壁際ぎりぎりまで攻めるダイナミックさに、冷静さも兼ね備えた走りでファンを引きつけていた。

プロフィール[編集]

1991年フォーミュラ・フォード1600に参戦し、1勝・2ポールポジション(以下PP)を挙げルーキー賞を受賞。1993年から1995年までは、インディライツシリーズに参戦。最終年度の1995年には12戦中10勝を挙げチャンピオンとなる。

CART[編集]

1996年からはCARTにステップアップし、デビューイヤーながらも3度表彰台に上った。そして翌1997年、第6戦を消化した時点で2度2位に入っていたムーアは、第7戦ミルウォーキーで初優勝。これは、22歳での最年少優勝記録だった。続くデトロイトでも2勝目を上げ、若手有望株として、またジャック・ヴィルヌーヴに続くカナダの新しいスターとして注目を浴びた。1998年も第5戦リオ・デ・ジャネイロ、第12戦ミシガンで優勝し計2勝、また予選では4度のPPを記録。ランキング5位に食い込んだ。

1999年、ムーアは開幕戦のマイアミで優勝。その後、第19戦サーファーズ・パラダイスまで、パフォーマンス的に下り坂だったメルセデスエンジンにおいて1勝1PPを記録。翌年からは、チーム・ペンスキーへの移籍も決まっていた。

事故死[編集]

最終戦(第20戦)フォンタナにおいて、ムーアはパドック内のスクーター運転中の不注意により、右手の指を骨折。この怪我で予選を出走出来なかったムーアだったが、所属していたプレイヤーズ・フォーサイスでの最後のレースということから、怪我をおして出走を決意。特別措置を受けて好タイムをマークし、決勝での最後尾(27番手)からのスタートが認められた。

決勝日、ムーアは序盤から追い上げ4周目には15位まで浮上するが、リッチー・ハーンが第2ターンでクラッシュし、フルコース・コーションとなる。そして再スタートとなった9周目、ダッシュを決めたムーアは更に11位にまで順位を上げるが、直後の第2ターンで外側のウォールに軽く接触。

これによりバランスを崩したマシンは、スピンしながらコースアウトすると、芝生に引っ掛かり横転、コックピットから内側のフェンスに激突。その後跳ね返ると、その勢いのままパーツを撒き散らしながら数回転、マシンはコックピット部分を残して粉砕した(クラッシュの場面はあまりにも凄惨な場面であった為、プレイバックが止められた)。ムーアは病院に運ばれたものの、死亡が確認された。頚部、頭部を骨折しての即死であった。まだ24歳という若さだった。

訃報がサーキットに届いたのは、レース終了後のことであり、サーキットにはカナダの半旗が掲げられ、関係者・観客による黙祷が実施された。

ムーアが死去したレースは、ファン・パブロ・モントーヤダリオ・フランキッティのチャンピオン決定戦でもあり、最終的にはモントーヤが最年少でチャンピオンを獲得。レース終了直後には、チームスタッフと喜びを分かち合っていた。しかし、ムーアの訃報がサーキットに届くと表情が一変、チャンピオン決定インタビューも沈んだ表情で受けることになった。またこの際、「おめでとうございます」、「素晴らしいシーズンでしたね」とステレオタイプ的に祝いの言葉をぶつけるインタビュアーに対し、「今はとてもそんな気分にはなれない」と返す一幕もあった。

評価[編集]

  • CARTで走った時期は4年と短い間だったが、その間に5勝・5PPを記録している。
  • CARTの若手筆頭株として、F1チームにも注目を浴びる存在であった。メルセデスエンジンで参戦していたことから、マクラーレンロン・デニスの目にも留まっており、F1への転向もオファーされていた。

死後[編集]

  • ムーアが付けていたカーナンバー99は、CART及びその後継組織であるCCWS永久欠番となったが、この永久欠番は2008年にCCWSがインディカー(IRL)との統合を果たしたことにより消滅した。
  • 死後、ムーアにちなんだグレッグ・ムーア基金が設立され、2004年には、ムーアの出身地であるメイプルリッジの、リッジ・メドー病院の拡張工事費の一部として寄付された。
  • 2005年、フォンタナにて行われたインディカー最終戦において、優勝したフランキッティは、ムーアを追悼する意味で、事故現場である第2ターンでドーナツターンを見せた。

記録[編集]

アメリカン・オープンホイール[編集]

(key) (太字はポールポジション、斜体はファステストラップ)

インディ・ライツ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1993 グレッグ・ムーア・レーシング PHX
5
LBH
17
MIL
5
DET
8
POR
3
CLE
10
TOR
8
NHA
16
VAN
18
MDO
4
NAZ
8
LS
19
9位 64
1994 グレッグ・ムーア・レーシング PHX
1
LBH
2
MIL
3
DET
7
POR
5
CLE
2
TOR
12
MDO
7
NHA
1
VAN
5
NAZ
1
LS
5
3位 154
1995 プレイヤーズ・フォーサイス・レーシング MIA
1
PHX
1
LBH
1
NAZ
1
MIL
1
DET
2
POR
1
TOR
1
CLE
1
NHA
1
VAN
5
LS
1
1位 242

CART[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1996 プレイヤーズ・フォーサイス・レーシング アメリカ合衆国の旗
MIA
7
ブラジルの旗
RIO
Ret
オーストラリアの旗
SUR
3
アメリカ合衆国の旗
LBH
Ret
アメリカ合衆国の旗
NAZ
2
アメリカ合衆国の旗
MIC
Ret
アメリカ合衆国の旗
MIL
5
アメリカ合衆国の旗
DET
20
アメリカ合衆国の旗
POR
Ret
アメリカ合衆国の旗
CLE
3
カナダの旗
TOR
4
アメリカ合衆国の旗
MIC
17
アメリカ合衆国の旗
MDO
Ret
アメリカ合衆国の旗
ROA
Ret
カナダの旗
VAN
Ret
アメリカ合衆国の旗
LAG
6
9位 84
1997 プレイヤーズ・フォーサイス・レーシング アメリカ合衆国の旗
MIA
4
オーストラリアの旗
SUR
2
アメリカ合衆国の旗
LBH
Ret
アメリカ合衆国の旗
NAZ
16
ブラジルの旗
RIO
2
アメリカ合衆国の旗
GAT
13
アメリカ合衆国の旗
MIL
1
アメリカ合衆国の旗
DET
1
アメリカ合衆国の旗
POR
5
アメリカ合衆国の旗
CLE
Ret
カナダの旗
TOR
Ret
アメリカ合衆国の旗
MIC
Ret
アメリカ合衆国の旗
MDO
2
アメリカ合衆国の旗
ROA
Ret
カナダの旗
VAN
Ret
アメリカ合衆国の旗
LAG
Ret
アメリカ合衆国の旗
FON
Ret
7位 111
1998 プレイヤーズ・フォーサイス・レーシング アメリカ合衆国の旗
MIA
2
日本の旗
MOT
4
アメリカ合衆国の旗
LBH
6
アメリカ合衆国の旗
NAZ
3
ブラジルの旗
RIO
1
アメリカ合衆国の旗
GAT
3
アメリカ合衆国の旗
MIL
13
アメリカ合衆国の旗
DET
5
アメリカ合衆国の旗
POR
Ret
アメリカ合衆国の旗
CLE
Ret
カナダの旗
TOR
11
アメリカ合衆国の旗
MIC
1
アメリカ合衆国の旗
MDO
Ret
アメリカ合衆国の旗
ROA
Ret
カナダの旗
VAN
Ret
アメリカ合衆国の旗
LAG
Ret
アメリカ合衆国の旗
HOU
Ret
オーストラリアの旗
SUR
8
アメリカ合衆国の旗
FON
2
5位 141
1999 プレイヤーズ・フォーサイス・レーシング アメリカ合衆国の旗
MIA
1
日本の旗
MOT
4
アメリカ合衆国の旗
LBH
8
アメリカ合衆国の旗
NAZ
12
ブラジルの旗
RIO
8
アメリカ合衆国の旗
GAT
6
アメリカ合衆国の旗
MIL
2
アメリカ合衆国の旗
POR
13
アメリカ合衆国の旗
CLE
Ret
アメリカ合衆国の旗
ROA
4
カナダの旗
TOR
Ret
アメリカ合衆国の旗
MIC
Ret
アメリカ合衆国の旗
DET
3
アメリカ合衆国の旗
MDO
11
アメリカ合衆国の旗
CHI
Ret
カナダの旗
VAN
Ret
アメリカ合衆国の旗
LAG
Ret
アメリカ合衆国の旗
HOU
16
オーストラリアの旗
SUR
Ret
アメリカ合衆国の旗
FON
Ret
10位 97

注:ミシガン・インターナショナル・スピードウェイでは1996年に2度レースが開催された。

参照[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ゴンサロ・ロドリゲス
チャンプカー/インディカーでの死亡ドライバー
1999年
次代:
ダン・ウェルドン
スポーツのタイトル
先代:
スティーブ・ロバートソン
インディライツ・チャンピオン
1995年
次代:
デヴィッド・エンプリンガム