オベ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オベ・アンダーソン

オベ・アンダーソンOve Andersson1938年1月3日 - 2008年6月11日)は、スウェーデン出身の元ラリードライバーでフォーミュラ1(F1)チームトヨタF1の初代代表。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

スウェーデンの中都市ウプサラで生まれる。幼少のころに父親に与えられた98ccのオートバイに乗ったのが初めてのエンジン付きの乗り物となった。1958年スウェーデン軍に入隊しパレスチナガザ国連軍として従軍した。

ラリードライバー[編集]

除隊後の1963年にスウェーデンの地方選手権にミニで参戦し頭角を表す。1964年からサーブをドライブしたものの、エリック・カールソンの陰に隠れる形となった。しかしカールソンの勧めで1965年もサーブをドライブし、同年からはランチアもドライブする。1967年にはランチアでラリー・モンテカルロで勝利を挙げる。

さらに1971年アルピーヌA110を駆ってラリー・モンテカルロで勝利を挙げる。このモンテでの勝利でルノーでのレギュラーシートを約束される[1]と同年、ラリー・サンレモオーストリアン・アルパイン・ラリーアクロポリス・ラリーで優勝する。

1972年、RAC・ラリーから、翌年の世界ラリー選手権(WRC)戦に入り、主にトヨタ・セリカをドライブ。1975年プジョー・504アーネ・ハーツ(コ・ドライバー)と共にサファリ・ラリーでWRC初優勝を飾った。

トヨタとの関係[編集]

1970年代前半にアンダーソンは彼自身のチームである「アンダーソン・モータースポーツ」を所有していた[2]。その活躍が国際ラリー活動を模索していたトヨタの目に止まり、1972年より資金・技術支援を受ける。

1975年よりトヨタの公認を受け、チーム名を「トヨタ・チーム・ヨーロッパ (TTE) 」と名乗る[3]。同年の1000湖ラリーでトヨタのWRC初優勝を獲得する(マシンはカローラレビン)。1979年にチームの拠点をベルギーブリュッセルからドイツのケルンに移転し、「アンダーソン・モータースポーツGmbH」を設立する。レビンの後はセリカを使用し、年数戦のWRC参戦を続ける。

またこの頃日本においては2代目スターレット(KP61型)のテレビCMに出演していた事で有名となった。CMでは「ラリーの神様」とテロップされていた。

1983年、トヨタのモータースポーツ活動再開により、本格的にワークス活動を開始する。1993年7月には、トヨタがアンダーソン・モータースポーツGmbHを買収し、社名は「トヨタ・モータースポーツ有限会社 (TMG) 」へと改称された(チーム名はTTEを継続)。

しかし1995年に、TTEはシーズン中にリストリクターに関するレギュレーション違反が発覚し、シーズン全ポイントの剥奪、および1996年シーズンの1年間参戦禁止という処分を受ける。トヨタ本社ではTMGの存続やアンダーソンの責任問題が議論されたが、1997年もWRC参戦を自粛する形で決着した。TTEは2年間の休止期間中に新規定の「WRカー」としてカローラWRCを開発した(1997年には非公式でテスト参戦)。

1998年よりWRCに正式に復活し、1999年には3度目のメイクスタイトルを獲得する。しかし、トヨタがF1への参戦を決定するとその役割に集中するため、同年限りで27年間のラリー活動に終止符を打った。

トヨタF1[編集]

トヨタ・TF102(2002年)

2002年にF1チームであるトヨタF1の初代代表として就任し、「パナソニック・トヨタ・レーシング」としてF1に参戦を開始した同チームを率いることとなる。しかしデビュー年ということもあり、数回入賞するに留まった。これを機に2003年に代表を退き、その後はトヨタ・モータースポーツのコンサルタントとして働いていた。

死去[編集]

2008年6月11日南アフリカで行われたミリガン・クラシック・ラリーの際中に事故死[4]。70歳没。その死はスウェーデンやヨーロッパ各国のみならず、関係の深かった日本でも大きく報じられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三栄書房「ラリー&クラシックス Vol.4 ラリーモンテカルロ 100年の記憶」内「"名優たち"の攻防」参考。
  2. ^ PEOPLE: OVE ANDERSSON
  3. ^ 『F1 トヨタの挑戦』、p.101。
  4. ^ Ove Andersson killed in rally crash(autosport.com 2008年6月 11日記事)

外部リンク[編集]

PEOPLE: OVE ANDERSSON