オール・アメリカン・レーサーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーグル
参戦年度 1966 - 1969
出走回数 25
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 1
通算獲得ポイント 17
表彰台(3位以内)回数 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 1966年ベルギーGP
初勝利 1967年ベルギーGP
最終勝利 1967年ベルギーGP
最終戦 1969年カナダGP
テンプレートを表示

オール・アメリカン・レーサーズ: All American Racers)は、アメリカ合衆国のレーシングチーム。インディカーを中心にレース活動を行ったほか、1990年代前半にはIMSAで活躍した。

F1にはアングロ・アメリカン・レーサーズとして1966年から1969年にかけて英国を本拠として参戦、イーグル: Eagle)と名付けた車両で戦った。25レースで延べ34台を出走させた。

歴史[編集]

チーム発足[編集]

チームは1964年カリフォルニア州サンタアナにおいてダン・ガーニーが設立、彼がF1のブラバムチームで活動をする合間に米国内でスポーツカーレースの活動を行うためのチームであった。同年、キャロル・シェルビーは自身のコブラスポーツカーにグッドイヤー社のタイヤを装着していたが、同社がインディアナポリスのレースでライバルのファイアストンに挑む体制を求めていたため、シェルビーはガーニーとグッドイヤー社を引き合わせた。契約は成立し、1966年向けのインディカー開発が始まった。ガーニーは1965年インディ500を制覇したロータスのデザイナーであったレン・テリーを引き抜き、F1とインディカーの双方に使えるイーグル独自のシャシーを設計した。結果的に、米国内レース向けにはイーグル・フォードT2Gとして、またF1向けにはイーグル・クライマックスT1Gとして完成した。

F1[編集]

USACチャンピオンシップ参戦車両のEagle T2G。サスペンションとエンジン規格以外はF1参戦車両のT1Gとほぼ同じ。

F1に出走するため、ガーニーは英国サセックスにアングロ・アメリカン・レーサーズ社を設立した。イーグル・クライマックスは1966年のベルギーGPでデビューし、その3週間後にはフランスGPで5位に入賞し初のポイントを獲得した。1967年にはリッチー・ギンサーがセカンドドライバーとして契約した。また前年のクライマックス・エンジンに代わって、ガーニーのためにオーブリー・ウッズが設計しハリー・ウェスレイクが英国で製造した3リッターのウェスレイクV12エンジンが搭載された。同年6月のスパでのレースで、ガーニーは初勝利を記録した。これは1921年にジム・マーフィーが記録して以来の「オールアメリカン」の「F1」勝利であった。

イーグル・ウェスレイクは美しい車であると同時に、チタンや新合金を用いた実用的な車でもあった。惜しむらくは、ウェスレイク・エンジンが高出力ながら信頼性に乏しかった点である。エンジンの設計自体はよかったものの、ウェスレイクは英国海軍が第1次世界大戦で用いていた機械の放出品で製造していたのである。この旧式機械は各エンジンごとに部品の交換がきかないほど、出来上がりの寸法にばらつきを生じてしまう代物であったのだ。ガーニーの計画は1968年には予算が底をついていたが、米国ではボビー・アンサーを擁してインディ500の勝利や同年のインディカー選手権を勝ち取るなどうまくいっていたため、彼は米国に戻ってインディカーの計画に集中することにした。

インディカー・CART[編集]

インディカーにはF1撤退後も継続して参戦し、1968年・1975年にアンサーのドライブでインディ500を制するなど、1986年に撤退するまで通算51勝を挙げている。また1996年にはトヨタエンジンを搭載した独自シャシーでCARTに復帰したが、こちらは全く成績にいいところがなく1999年を最後に撤退している。

IMSA[編集]

イーグルは1989年より、IMSAの中でもプロトタイプレーシングカーによって争われる最高峰のGTPクラスに参戦を開始(エンジンはトヨタ)。当初は当時全盛期を迎えていた日産・GTP ZX-Tやその後継車である日産・NPT-90ジャガー・XJR-9らの前に苦戦を強いられるが、1991年に投入したトヨタ・イーグルMkIIIの熟成が進むにつれ実力を発揮、1992年1993年と連続してシリーズチャンピオンを獲得した。

なお1990年ル・マン24時間レースにも「イーグル」を名乗る車が出場しているが、これは本チームとは全く関係のない車なので注意が必要である。

F1での全成績[編集]

アングロ・アメリカン・レーサーズ[編集]

(凡例) (斜体:ファステストラップ)

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ポイント 順位
1966 イーグル・T1G クライマックス S4
ウェスレイク V12
G MON BEL FRA GBR NED GER ITA USA MEX 4 7位
アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー Ret 5 Ret Ret 7 Ret Ret 5
アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル DNQ
アメリカ合衆国の旗 ボブ・ボードラン DSQ Ret
1967 イーグル・T1G ウェスレイク V12 G RSA MON NED BEL FRA GBR GER CAN ITA USA MEX 13 7位
アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー Ret Ret Ret 1 Ret Ret Ret 3 Ret Ret Ret
アメリカ合衆国の旗 リッチー・ギンサー DNQ
ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン Ret Ret Ret
イタリアの旗 ルドヴィコ・スカルフィオッティ Ret
1968 イーグル・T1G
マクラーレン・M7A
ウェスレイク V12
フォード V8
G RSA ESP MON BEL NED FRA GBR GER ITA CAN USA MEX 0* 12位
アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー Ret Ret Ret Ret 9 Ret Ret 4 Ret

* 1968年アメリカグランプリではダン・ガーニーが4位に入賞したが、ポイントはマクラーレン・フォードとしてカウントされ、イーグル・ウェスレイクにはカウントされなかった。

ノンワークス・エントリー[編集]

(凡例)

チーム シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1967 カストロール・オイルズ Ltd. イーグル・T1G クライマックス S4  ? RSA MON NED BEL FRA GBR GER CAN ITA USA MEX
アメリカ合衆国の旗 アル・ピーズ NC
1968 カストロール・オイルズ Ltd. イーグル・T1G クライマックス S4  ? RSA ESP MON BEL NED FRA GBR GER ITA CAN USA MEX
アメリカ合衆国の旗 アル・ピーズ DNS
1969 ジョン・マリオン イーグル・T1G クライマックス S4  ? RSA ESP MON NED FRA GBR GER ITA CAN USA MEX
アメリカ合衆国の旗 アル・ピーズ DSQ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]