ウプサラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウプサラ
Uppsala
スウェーデンの旗
ウプサラの上空写真
ウプサラの位置
ウプサラ
座標: 北緯59度51分0秒 東経17度38分0秒 / 北緯59.85000度 東経17.63333度 / 59.85000; 17.63333
スウェーデンの旗 スウェーデン
地方 ウップランド地方
ウプサラ県の旗 ウプサラ県
コミューン ウプサラ
面積
 - 計 47.86km2 (18.5mi2)
人口 (2008年12月31日)
 - 計 144,839人
 - 人口密度 3,026人/km² (7,837.3人/mi²)
ウェブサイト www.uppsala.se

ウプサラ (Uppsala) は、スウェーデン中部の都市で、ウプサラ県県都。人口は約13万人(2000年)で、スウェーデン第4位。よりスウェーデン語に近い発音はウップサーラ北欧最古の大学であるウプサラ大学がある。

地勢・産業[編集]

ストックホルムの約70km北、ストックホルム-アーランダ空港の約35km北に位置し、ストックホルムからは電車で45分ほど。フューリソン川河畔の大学街。19世紀後半より鉄道敷設が進んだことで、工業も発展をみせた。

1950年にはスウェーデンを代表する製薬会社だったファルマシアがウプサラに移転し、ウプサラ大学との共同研究により成長を遂げた。1995年アップジョンとの合併、2000年モンサントとの合併、そして2003年ファイザーによる買収にともないウプサラにおける拠点は縮小したが、ファルマシアを源流とするGEヘルスケア バイオサイエンスをはじめとして、多くの生命科学企業が現在もウプサラで活動している。

また、MySQL ABはウプサラを本社としている(現在は両本社制で、アメリカクパチーノにも本社を構える)。

歴史[編集]

大聖堂

街の中心から5kmほど北方の郊外に、ガムラ・ウプサラ(古ウプサラ)と称される遺跡があり、王の墳墓が残されている。中世初期、北欧各地でキリスト教化が進む中、ガムラ・ウプサラは異教の伝統を保ち続けており、11世紀ごろまでスウェーデン王を司祭とした大犠牲祭が行われていた。12世紀になると、キリスト教化が完了し、ガムラ・ウプサラにキリスト教の教会が建てられた。

現在のウプサラ市が発展する契機となったのは、この辺りが交易活動の拠点であったことと、1245年にガムラ・ウプサラの大聖堂が焼失したため、この地に大聖堂が移転して建設が始まったことが挙げられる。1435年に大聖堂は完成した。1471年、ウプサラ大学が建てられ(講義開始は1477年)、聖職者育成などに努めた。16世紀半ば、グスタフ1世によってウプサラ城が建てられた。また、1672年まで歴代のスウェーデン君主の戴冠式はウプサラで行われた。1702年の大火で街は深刻な打撃を受け、大聖堂の二本の尖塔も消失してしまったが、大聖堂も含めて街はその後復興を果たした。19世紀後半より、ウプサラと他都市を結ぶ鉄道の開通によって工業化も進んだ。

文化[編集]

ウプサラ大学

北欧最古の大学であるウプサラ大学が置かれる。コペンハーゲン大学1479年成立)より8年早い1471年に建てられ、1477年より講義が開始された。16世紀に宗教改革の混乱の中一時閉鎖されるが、同世紀末に再建された。1622年グスタフ2世アドルフによって建てられた建物(グスタヴィアヌム)は、スウェーデンの古代から中世の歴史などを示す博物館になっている。

主要な出身者[編集]

ハマーショルド
アクセル・オクセンシェルナ17世紀のスウェーデン宰相摂政
ウプサラ近郊で生まれた。グスタフ2世アドルフ、クリスティーナといった歴代国王を補佐し、「バルト帝国」とも称されるスウェーデンの大国時代を創出させた。
アンデルス・セルシウス18世紀天文学者
ウプサラで生まれ、ウプサラ大学で天文学の教授を務めた。オーロラを観測、フランス王立科学アカデミーによる子午線弧長の測定に参加、ウプサラ天文台を設立。セルシウス度を考案した。
ダグ・ハマーショルド (第2代国連事務総長
ウプサラで生まれた。国連事務総長として、紛争解決のために積極的に活動。1961年コンゴ動乱の収拾のためコンゴへ向かう途中、飛行機が墜落、死去した。遺体はウプサラに埋葬されている。
イングマール・ベルイマン映画監督脚本家演出家
ウプサラで生まれた。20世紀を代表する映画監督の一人。『第七の封印』、『野いちご』、『沈黙』などの作品で知られる。

ウプサラ大学出身者[編集]

リンネ
カール・フォン・リンネ (18世紀の物学者
ウプサラ大学で植物学の教授を務めた。二名法という分類法で有名。ウプサラの街にはリンネ博物館があり、植物標本や庭園が展示されている。
アンデルス・オングストローム (19世紀の物理学者
ウプサラ大学を卒業した彼は、1858年よりウプサラ大学の教授を務めた。スペクトルの研究などで知られ、オングストロームという単位に彼の名が残されている。
ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ (19世紀から20世紀初頭の劇作家文学者
5年間に渡ってウプサラ大学で学んだ。「父」や「令嬢ジュリー」などの戯曲がよく知られている。
スヴェン・ヘディン (19世紀後半から20世紀前半の探検家考古学者
ロプノール楼蘭への到達などで知られる探検家。ウプサラ大学で学んだ。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]