コンゴ動乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンゴ動乱
Congo Crisis Belgians at Kamina.jpg
人質救出作戦のために航空機に搭乗するベルギー軍の空挺部隊(1964年11月)
戦争:コンゴ動乱
年月日:1960年6月30日-1965年11月25日
場所Flag of Congo-Léopoldville (1960-1963).svg コンゴ
結果モブツ・セセ・セコによる独裁国家ザイールとしての旧ベルギー領コンゴの統一。
交戦勢力
Flag of Congo-Léopoldville (1960-1963).svg コンゴ共和国
Socialist red flag.svg PSA
Flag of the United Nations.svg 国際連合

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Cuba.svg キューバ
エジプトの旗 エジプト
アルジェリアの旗 FLN/ アルジェリア
コンゴ共和国の旗 コンゴ・ブラザヴィル
タンザニアの旗 タンザニア (旧タンガニーカ)
Flag of Burundi (1962 to 1966).svg ブルンジ
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
Flag of Belgium.svg ベルギー
Flag of Katanga.svg カタンガ共和国英語版
Flag of South Kasai.svg 南カサイ鉱山国英語版
Flag of South Africa 1928-1994.svg 南アフリカ (傭兵)
ローデシアの旗 ローデシア (傭兵)
Flag of the Democratic Republic of the Congo.svg レオポルドヴィル政府英語版

アメリカ合衆国の旗 アメリカ

指揮官
Flag of Congo-Léopoldville (1960-1963).svg パトリス・ルムンバ 
Flag of Congo-Léopoldville (1960-1963).svg アントワーヌ・ギゼンガ
Socialist red flag.svg ピエール・ムレレ英語版
Flag of the United Nations.svg ダグ・ハマーショルド 
Flag of the United Nations.svg ジョンソン・アグイイ=イロンシ
Flag of Cuba.svg チェ・ゲバラ
ベルギーの旗 ボードゥアン1世
Flag of Katanga.svg モイーズ・チョンベ
Flag of South Kasai.svg アルベール・カロンジ英語版
Flag of Ireland.svg マイク・ホアー
フランスの旗ボブ・ディナール英語版
ベルギーの旗 ジーン・シュラム英語版
Flag of the Democratic Republic of the Congo.svg カサブブ
Flag of Zaire.svg モブツ
Flag of the Democratic Republic of the Congo.svg アドウラ英語版
ベルギー兵と亡くなった人質(1964年11月)

コンゴ動乱Congo Crisis1960年 - 1965年)は、1960年6月30日ベルギー領コンゴコンゴ民主共和国としてベルギーから独立した後、ベルギーがカタンガ州の分離独立を工作し、その結果発生した内乱である。民族問題に加え、豊富な地下資源の利権、東西対立も絡み複雑な展開の中、カタンガの白人傭兵部隊と、国連軍が戦闘を行った。

ソ連の計画では、コンゴで抵抗している人達や部族やコンゴで活動をしている共産主義者に多額の軍事援助をし、革命を支援し独立後は共産主義国化する予定であったという。また、キューバからも政府側にチェ・ゲバラ率いるゲリラ部隊が、軍事支援のため派遣されていた。

1963年コンゴ国連軍の制圧によりカタンガの分離・独立の終了宣言で一応の終了をみるが、1965年11月25日アメリカ合衆国の援助下にモブツ・セセ・セコが無血クーデターを起こして独裁政権を樹立するまで不安定な状態が続いた。動乱によって約10万人が亡くなり、パトリス・ルムンバ初代首相の虐殺に続き、仲介を試みたダグ・ハマーショルド国連事務総長が飛行機事故で死亡する悲劇も発生した。

年譜[編集]

日付 出来事
1960年
6月30日 コンゴがベルギーから独立し民族主義的政権が発足。大統領は親西側諸国ジョセフ・カサブブ 、首相は親東側諸国パトリス・ルムンバ
7月6日 コンゴ国軍内でコンゴ人兵士がベルギー人将校に対して反乱を起こす。
7月10日 白人保護を名目にベルギーが軍をコンゴに派遣。
7月11日 カタンガ州カタンガ共和国英語版として分離独立を宣言。
7月14日 国連が緊急軍の派遣を決定。
8月7日 カタンガ州で「カタンガ憲法」が制定され、カタンガ派英語版の党首モイーズ・チョンベが大統領に就任。
8月6日 南カサイ鉱山国英語版が分離独立を宣言。
8月12日 国連事務総長ダグ・ハマーショルドがカタンガ訪問。ベルギー軍の撤退、国連緊急軍の派遣、カタンガ問題への政治的不干渉などを約束する。
8月25日 ソ連の援助をうけたコンゴ国軍が南カサイ鉱山国を攻略。
9月1日 ベルギー軍の撤退が完了するが、その後もカタンガ軍内にベルギー軍人約600人が残留する。
9月14日 コンゴ陸軍のモブツ・セセ・セコがクーデターを起こし、ソ連との関係断絶。ルムンバをカタンガ派が拘束。
12月12日 スタンレーヴィル州(現・東部州)でルムンバ派のアントワーヌ・ギゼンガが新政権の樹立を宣言。
1961年
1月 ルムンバ派のギゼンガ政権が北部の「カタンガ共和国英語版」を吸収。
1月17日 ルムンバが殺害される。
2月21日 国連がルムンバ派政権の支持を採択。
7月16日 カタンガ派を除く諸勢力が結集してアドウラ政府(レオポルドヴィル政権)英語版を樹立。
8月28日 国連軍が外国人傭兵の逮捕・追放のための作戦を開始。
9月 国連軍とカタンガ軍が衝突。フランス製ジェット機フーガ・マジステールを持つカタンガ軍が優勢となる。
9月16日 調停に向った国連のハマーショルド事務総長が乗ったチャーター機が、操縦ミスにより経由地北ローデシアンドラ空港の手前に墜落、ハマーショルド死亡[1]
11月 スウェーデンが国連軍にサーブJ29テュナン5機を派遣。
12月 国連軍のカタンガ攻勢が始まる。
12月21日 アメリカの調停でカタンガ独立を放棄する宣言が行われ、停戦が成立。しかしチョンベはカタンガの実効支配と実質的独立を継続。
1962年 12月4日 アドウラ政府が停戦協定を破棄、北カタンガに進攻。
1963年 1月14日 国連軍の攻勢により、カタンガ政府がカタンガ分離独立の断念を宣言、チョンベはスペイン亡命
1964年 6月 国連軍が撤収。その後共産勢力のルムンバ派がゲリラ戦を展開し、一時は国土の半分を制圧するが、アメリカの支援でコンゴ政府に復帰したチョンベに鎮圧される。
1965年 モブツが再びクーデターを起こし、アメリカの支援下にモブツの独裁政権が発足。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大学1年生の時にカタンガ傭兵隊にスカウトされてコンゴ動乱に参加していた作家の柘植久慶によると、国連軍と敵対していたカタンガ隊が北ローデシアに潜入して同機を撃墜したと主張いう(自著『撃墜王・坂井三郎から学んだ戦いの極意と技術』)。ただし事故調査委員会が墜落機の残骸を詳細に調査したところ、被弾や爆発の痕跡は一切発見されなかった。

関連項目[編集]