ウ・タント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウ・タント
U Thant
U-Thant-10617.jpg
ウ・タント(1968年
生年月日 1909年1月22日
出生地 British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国ビルマ・バンタナウ
没年月日 1974年11月25日(65歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
配偶者 Thein Tin

任期 1961年11月30日 - 1971年12月31日
テンプレートを表示

ウ・タントU Thant1909年1月22日 - 1974年11月25日)は、第3代国際連合事務総長(任期1961年 - 1971年)、教育者。

なお「ウ」は男性に対する敬称である。

生い立ちと教育[編集]

イギリス領インド帝国ビルマ(現・ミャンマー) のパンタナウ出身。パンタナウのNational High School(高校)で学ぶ。ヤンゴン大学(ラングーン;現ヤンゴン)で歴史学を専攻。卒業後、パンタナウの高校で教鞭をとる。25歳の若さで校長に就任。のちの首相ウー・ヌと親交を持つ。

'Thilawa'というペンネームで、フリー・ジャーナリストを経験、新聞雑誌への寄稿、数冊の翻訳本を手がける。

官僚[編集]

1947年、ビルマ政府によりPress Directorに任命される。1948年ウー・ヌが独立後初の大統領に就任すると、ウ・タントをラングーンでの放送大臣(Director of Broadcasting)に任命される。

1949年、情報相書記官に着任する。1957年から1961年までは、国連総会会期中におけるビルマ政府代表を率いた。

国際連合[編集]

1961年11月3日、安全保障理事会の決議168の勧告により、総会において満場一致で国連事務総長代理に任命された。これは、任期途中に飛行機事故で死亡したダグ・ハマーショルドの残任期を埋めるためのものであった。1962年11月30日に、正式に国連事務総長に満場一致で任命された。1966年12月2日、国連総会において再任される。1971年12月31日に任期を終えた。以後、政治からは引退した。

死去[編集]

1974年アメリカ合衆国ニューヨークで癌により死去した。彼はビルマ(当時)のネ・ウィン政権に嫌われていたが、遺体はヤンゴンのパゴダに葬られた。なお、国連本部の向かいにあるベルモント島は、非公式にタント島と呼ばれている。

関連項目[編集]

外交職
先代:
ダグ・ハマーショルド
国際連合の旗 国際連合事務総長
第3代:1961 - 1971
次代:
クルト・ヴァルトハイム