統一戦線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

統一戦線 (とういつせんせん)とは

  1. 共通の敵を倒すために別々のが合同して実戦に望む。戦線を統一すること。「共同戦線」・「共同闘争」。
    1. 軍と一般大衆の合同もある。
  2. 1に例えて、政治や社会運動の場における非武力闘争で、共通の目的のために政党や団体が合同して望むこと。その組織体。

本項目では暫定的に2の政治・社会運動について詳述する。


統一戦線 (とういつせんせん)とは、2つ以上の異なる政党団体などが共通の政治目的をのために合同・統一して闘争・運動すること。またその組織体である。闘争性を持つ概念のため、革命運動・政治革新運動に多い。「共同戦線」・「共同闘争」(共闘)とほぼ同じ意味を持つ。

概説[編集]

1921年コミンテルン第三回大会で、労働者階級の多数を獲得するための戦術としての社会民主主義との統一戦線が提起された。[1] だが社会ファシズム論により共産党と社会民主主義政党との統一戦線は不可能となり、ドイツでのナチス勝利を食い止めることができなかった。 フランススペインでの人民戦線にはじまり、戦後も各国で模索がなされた。いっぽうソ連に近い共産主義政党の扱いなどをめぐって齟齬や対立が生じ、瓦解するケースも多かった。また第二次大戦後に共産圏に加わった国では国内の諸勢力と協力関係を築くため共産主義者の主導で統一戦線が構築されることもあり、現在も中華人民共和国には統一戦線組織として中国人民政治協商会議が存在し、また中国共産党には中央統一戦線工作部が置かれている。なお狭い意味では、こうした共産主義主導のもののみを指して「統一戦線」と呼ぶ場合もある。

日本では中道寄りの社会民主主義(のちに右派社会党を経て民社党を結成)からマルクス・レーニン主義までを含んでいた日本社会党は、それ自体が統一戦線としての性格を有していたと考えられる。いっぽう日本共産党との社共共闘も革新統一戦線である。また昨今は保守系ながら野党の立場にいる政治家などから、自民党公明党連立政権自公連立)に対抗するため「幅広い統一戦線が必要」という発言がされることがある。

主な政治的統一戦線組織[編集]

政党連合を除く。

参照[編集]

  1. ^ Theses on Comintern Tactics” (1922年). 2008年2月20日閲覧。

関連項目[編集]