国際連合憲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合憲章
FN i New York.jpg
通称・略称 国連憲章
起草 アルジャー・ヒスレオ・パスボルスキー英語版ヴャチェスラフ・モロトフ[1]
署名 1945年6月26日(サンフランシスコ[2]
効力発生 1945年10月24日[3]
寄託者 アメリカ合衆国政府(第110条)
条約番号 昭和31年条約第26号「国際連合憲章及び国際司法裁判所規程」
(日本において効力発生:1956年12月19日)
言語 英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語
主な内容 国際連合の設立[2]
関連条約 国際連盟規約
条文リンク 日本語公定訳 - 国連
英語正文 - 国連
フランス語正文 - 国連
ロシア語正文 - 国連広報センター
中国語正文 - 国連
スペイン語正文 - 国連
テンプレートを表示

国際連合憲章(こくさいれんごうけんしょう、: Charter of the United Nations)は、国際連合の設立根拠となる条約1973年9月までに3回の改正を経ているが、以降は改正されていない。略称はUN Charter

経緯[編集]

国際連合憲章(抜粋)[編集]

国際連合憲章の全文は外部リンクを参照。なお、正文は発足当初の国連公用語である英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語の5カ国語によるものであり、外部リンク先にある日本語訳は日本の外務省によるもので正文や公定訳文ではない(日本語訳が必ずしも正確ではないと見なされる例:第10章「経済社会理事会」第71条中の「民間団体」は英語正文では「non-governmental organizations(非政府組織,NGO)」)。

構成[編集]

前文[編集]

われら連合国の人民は、われらの一生のうちに二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から将来の世代を救い、基本的人権人間の尊厳及び価値と男女及び大小各国の同権とに関する信念をあらためて確認し、正義条約その他の国際法源泉から生ずる義務の尊重とを維持することができる条件を確立し、一層大きな自由の中で社会的進歩と生活水準の向上とを促進すること、並びに、このために、寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互に平和に生活し、国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いないことを原則の受諾と方法の設定によって確保し、すべての人民の経済的及び社会的発達を促進するために国際機構を用いることを決意して、これらの目的を達成するために、われらの努力を結集することに決定した。よって、われらの各自の政府は、サン・フランシスコ市に会合し、全権委任状を示してそれが良好妥当であると認められた代表者を通じて、この国際連合憲章に同意したので、ここに国際連合という国際機関を設ける。

国際連合憲章第29条[編集]

第29条〔補助機関〕

安全保障理事会は、その任務の遂行に必要と認める補助機関を設けることができる。

Article 29

The Security Council may establish such subsidiary organs as it deems necessary for the performance of its functions.

この規定に基づき、1993年には旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所が、1994年にはルワンダ国際刑事裁判所が安全保障理事会の決議に基づいて設置された。

国際連合憲章第9章[編集]

第55条 〔目的〕

人民の同権及び自決の権利の原理の尊重に基礎を置く諸国民間の平和的且つ有効的関係に必要な安定及び福祉の条件を創造するために、国際連合は、次のことを促進しなければならない。
  • a.一層高い生活水準完全雇用並びに経済的及び社会的進歩及び発展の条件
  • b.経済的、社会的及び保健的国際問題と関係国際問題の解決並びに教育的国際協力
  • c.人種、性、言語又は宗教による差別のないすべての者のための人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守

第57条 〔専門機関〕

政府間の協定によって設けられる各種の専門機関で、経済的、社会的、分家的、教育的及び保健的分野並びに関係国際分野においてその基本的文書で定めるところにより広い国際的責任を有するものは、第63条の規定に従って国際連合と連帯関係をもたらさなくてはならない。

この第57条と経済社会理事会に関する第10章の第63条の規定に従って国際連合の各専門機関が設けられている。

出典[編集]

  1. ^ John F. McManus. “The Plan to Have the UN Rule (Word)”. Eurorealist. 2013年6月6日閲覧。
  2. ^ a b 筒井(2002)、125-130頁。
  3. ^ 筒井(2002)、166頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]