国際連合環境計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合環境計画
PNUMA logo.png
概要 補助機関
略称 UNEP
代表 アヒム・シュタイナー
状況 活動中
本部 ケニアの旗 ケニアナイロビ・ギギリ ユナイテッド・ネイションズ・アベニュー
南緯1度13分58.1秒 東経36度48分54.8秒 / 南緯1.232806度 東経36.815222度 / -1.232806; 36.815222
公式サイト United Nations Environment Programme (UNEP)
下部組織 世界自然保全モニタリングセンター
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合環境計画(こくさいれんごうかんきょうけいかく、英語: United Nations Environment Programme)は、国際連合総会の補助機関である。英語の略称はUNEP

概要[編集]

国際連合環境計画は、国際連合の機関として環境に関する諸活動の総合的な調整を行なうとともに、新たな問題に対しての国際的協力を推進することを目的としている。また、多くの国際環境条約の交渉を主催し、成立させてきた。モントリオール議定書の事務局も務めており、ワシントン条約ボン条約バーゼル条約生物多様性条約などの条約の管理も行っている。

天然資源部、持続可能な生産と消費部、グローバリゼーション部などの5セクションに分かれ、本部はケニアナイロビに置かれている。開発途上国に本部を置いた最初の国連機関である。下部組織として、世界自然保全モニタリングセンターが置かれている。

2012年現在の事務局長は、2006年から就任しているアヒム・シュタイナーである[1]

経緯[編集]

1972年ストックホルムで開催された国際連合人間環境会議にて、「人間環境宣言」、および、「環境国際行動計画」が採択された。国際連合環境計画は、これらの採択結果を実施に移すための機関として設立された[1]

組織[編集]

  • 本部
ナイロビ
  • 地域事務所
アジア太平洋地域事務所 バンコク
西アジア地域事務所 バーレーン
ラテンアメリカ・カリブ地域事務所 メキシコシティ
ヨーロッパ地域事務所 ジュネーヴ
アフリカ地域事務所 ナイロビ
北アメリカ地域事務所 ニューヨーク

管理する条約[編集]

関連人物[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b アヒム・シュタイナー; 河野博子 (2012年11月10日). “編集委員が迫る UNEP事務局長 アヒム・シュタイナー氏 環境政策 まず人材不足克服”. 読売新聞・朝刊: p. 15 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]