平和大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平和大学
UPEACE-campus.jpg
コスタリカ・キャンパス
概要 大学院大学専門機関
略称 UPEACE
状況 活動中
活動開始 1980年
本部 コスタリカの旗 コスタリカ シウダード・コロン
公式サイト University for Peace
コモンズ University for Peace
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

平和大学(へいわだいがく、英語: University for Peace、略称:UPEACE)は、1980年国際連合総会決議に基づき設立された研究機関。人類すべての間に「理解、寛容、平和共存」の精神を広める目的で、平和に関する高等教育を行う国際機関をつくり人道支援を供与するために設立された[1]。本部キャンパスは、コスタリカの首都サンホセの西20kmのシウダード・コロンにある。コスタリカ政府が用意した面積3平方kmほどの敷地は平和公園および森林公園に囲まれている。コスタリカは軍隊がないという実績があり、コスタリカ政府の働きかけもあって本部はコスタリカに置かれる事になった(ちなみに、同じく軍隊を持たない日本には国際連合大学がある)。

組織[編集]

国連関係機関の大学院大学である。国際法安全保障などの研究や実践活動を通じ、国際的な平和構築や地域紛争の防止・解決を行うことのできる専門的な人材を養成している。コスタリカ本部キャンパスでは、1年間の修士課程が8つ(国際法と人権、国際法と紛争調停、ジェンダーと平和構築、国際平和研究、平和教育、環境安全保障と平和、天然資源と平和、メディアと紛争と平和)設けられ、またワシントンD.C.アメリカン大学国際関係学部との間で天然資源と持続的開発に関する共同の修士課程(デュアルキャンパス修士プログラム)も設けており、2年間の課程の後で両大学の修士号を得ることができる。マニラのアテネオ・デ・マニラ大学との間にも、国際平和研究について同様の修士課程が設けられている。

コスタリカ本部キャンパスには2007年の時点で、37カ国から来た124人の学生が在籍し、授業は英語で行われている。その他、世界各地にキャンパスが設けられている。ジュネーヴニューヨークに分校を、アフリカ地域事務所をアディスアベバに、ラテンアメリカ・カリブ海地域事務所をコスタリカに置き、その他アジア・太平洋地域事務所や中央アジア地域事務所などの設置も検討されている。

学問と研究の自由を保障するため、平和大学は国連総会が認可した独自の憲章をもとに設立されている。平和大学は国連の諸規則の対象ではなく、平和や安全保障の専門知識を持つ人員で構成される独自の評議会により監督される[2]。平和大学はこれにより迅速な行動を行うことができ、複合領域からのアプローチおよび多文化共生を志向したアプローチから紛争の根本的な原因を探るための最新かつ厳密な学術研究を企画することが可能となる。平和大学の名誉学長には国際連合事務総長(2008年時点では潘基文)が就任している。

活動[編集]

平和大学の広範囲に及ぶ活動は、国連の世界平和と安全保障の目標の文脈から理解される必要がある。平和と発展の基礎をつくり、暴力・紛争・テロリズムのもととなる偏見や憎悪を取り除くための教育・訓練・研究の中心的な重要性は、ますます認識されつつある。

平和大学の活動のための資金は、平和大学の使命に賛同する多数の政府・財団・組織からの支援によっている。

平和大学の将来の展望は、コスタリカ本部の指導と各国の大学非政府組織・財団などの協力で、平和に関する研究や教育を行う平和大学の分校やセンターなどを世界各地域につくり、ネットワークを形成することにある。

脚注[編集]

  1. ^ 国際連合総会35/55号決議、平和大学設立に関する決議、1980年12月5日
  2. ^ http://www.upeace.org/about/mission/related/council.htm

外部リンク[編集]

座標: 北緯9度55分10.1秒 西経84度16分21.9秒 / 北緯9.919472度 西経84.272750度 / 9.919472; -84.272750