国際連合信託統治理事会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合信託統治理事会
UN - Trusteeship Council.jpg
国際連合信託統治理事会会議場
概要 主要機関
状況 1994年より活動停止
活動開始 1945年
本部 国際連合本部ビル
米国ニューヨーク
公式サイト Trusteeship Council
コモンズ United Nations Trusteeship Council
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合信託統治理事会(こくさいれんごうしんたくとうちりじかい、United Nations Trusteeship Council)は、国際連合の主要機関の一つ。

概要[編集]

国際連合憲章第13章(第86条 - 第91条)に規定されている。信託とは信用して一定の目的に従って財産の管理・処分を任せることである。

そのために、信託統治理事会とは国際連合を信用して連合国がある地域の財産の管理・処分のあり方を決めるための機関であるといえる。

1994年、最後の信託統治地域であったパラオが独立を果たしたため、ほぼ業務を終了した。今後は、必要がある時に会議が開かれるとされている。

理事会の構成国[編集]

信託統治理事会は、

  1. 信託統治地域の施政を行う加盟国
  2. 国連憲章第23条に名を掲げる加盟国(安全保障理事会の理事国)で信託統治地域の施政を行っていないもの
  3. 国際連合総会によって3年の任期で選挙されるその他の加盟国[1]

よりなる[2]

任務と権限[編集]

信託統治理事会は、任務遂行にあたって次のことを行うことができるとされている[3]

  1. 施政権者の提出する報告を審議すること
  2. 請願を受理し、かつ、施政権者と協議してこれを審査すること
  3. 施政権者と協定する時期に、それぞれの信託統治地域の定期視察を行わせること
  4. 信託統治協定の条項に従って、前記の行動その他の行動をとること

また、信託統治理事会は、各信託統治地域の住民の政治的、経済的、社会的および教育的進歩に関する質問書を作成しなければならないこととされ、各信託統治地域の施政権者は、この質問書に基いて、総会に年次報告を提出しなければならないとされている[4]

表決[編集]

信託統治理事会の各理事国は、1国につき1個の投票権を有し、理事会の決定は、出席し、かつ投票する理事国の多数決によって表決される[5]

デザイン[編集]

信託統治理事会は、デンマークの建築家「フィン・ユール」により設計された。フィン・ユールは主に家具デザイナーとして知られるが、家具と空間の相互作用を熟知する建築家としても評価された先駆者であった。またデザイナーとして、デンマークのデザインの変革期において重要な役割を果たした。1940年代には、ユールの製作したいくつかの家具により、デンマークはデザイン分野の先進国とみなされるようになり、1950年代にはニューヨーク国連本部の信託統治理事会会議場(Trusteeship Council Chamber)を設計してアメリカにおいて名声を得た。会議場は全体としての完成度が有名な作品であり、色鮮やかな天井の照明、カーテン、壁板、カーペット、ランプ、椅子まで、全てフィン・ユール自身がデザインしたものである。

その他[編集]

信託統治理事会は、議長を選定する方法を含むその手続規則を採択し、理事会は、その規則に従って必要があるときにひらかれる。また、この規則は、理事国の過半数の要請による会議招集の規定を含まなければならないとしている[6]。また、信託統治理事会は、必要な場合には、経済社会理事会や国連の専門機関がそれぞれ関係している事項について、両者の援助を利用することができるものとされている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その数は、信託統治理事会の理事国の総数を、信託統治地域の施政を行う国際連合加盟国とこれを行っていないものとの間に均分するのに必要な数とされた。
  2. ^ 国連憲章第86条
  3. ^ 国連憲章第87条
  4. ^ 国連憲章第88条
  5. ^ 国連憲章第89条
  6. ^ 国連憲章第90条
  7. ^ 国連憲章第91条