アルジャー・ヒス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルジャー・ヒス

アルジャー・ヒス(Alger Hiss, 1904年11月11日 - 1996年11月15日)は、 アメリカ合衆国弁護士および政府高官。下院非米活動委員会に喚問され、ソ連スパイという疑惑を受けた。国際連合の設立にも関わった。

生涯[編集]

メリーランド州ボルチモアで5人兄弟の4番目として生まれた。織物会社の重役だった彼の父親は1907年に自殺し、彼は母親と叔母によって育てられた。

1929年にジョンズ・ホプキンズ大学およびハーバードロー・スクールを卒業し、最高裁判事オリバー・ウェンデル・ホームズの秘書を一年間務めた後にボストンのホール&スチュワート法律事務所に加わった。翌年彼と妻のプリシラはニューヨークに転居した。1933年になると彼はニューディール政策のもと農業調整局に勤務することになった。

フランクリン・ルーズヴェルト大統領の側近として、ハリー・ホプキンズ、レイヒー提督らとともにヤルタ会談に出席。

赤狩り」が吹き荒れる1950年に偽証の有罪判決を下され、5年の懲役が宣告された。スパイ行為に関しては出訴期限が尽きたため訴追を受けなかった。1992年無罪とされたが、近年公開された「ヴェノナ文書」によると、GRUのエージェントとして、長年スパイ活動をしていたことが明らかになった。

関連事項[編集]