日朝平壌宣言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日朝平壌宣言(にっちょうピョンヤンせんげん、: 조일평양선언)とは、北朝鮮首都平壌で発表された日朝両国政府による共同宣言。

概要[編集]

2002年9月17日、平壌を訪問した日本国内閣総理大臣小泉純一郎が、朝鮮民主主義人民共和国国防委員長金正日日朝首脳会談を行った際に調印された宣言文。拉致問題の解決、植民地支配の過去の清算、日朝国交正常化交渉の開始などが盛りこまれた。

2004年の第二回日朝首脳会談以後、拉致問題が進展しなくなったことや、2006年に北朝鮮政府がミサイル発射実験核実験を強行したこと、日本政府がそれらを受けて経済制裁を強化してきたことなどにより、有名無実化した状態となっている。

外部リンク[編集]