日英修好通商条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日英修好通商条約(にちえいしゅうこうつうしょうじょうやく、The Anglo-Japanese Treaty of Amity and Commerce)は1858年8月26日安政5年7月18日)、イギリス代表のエルギン伯爵ジェイムズ・ブルース江戸幕府の間に調印された日英両国の通商に関する条約。日本が結んでいた不平等条約の一つである。

主な内容[編集]

  1. 江戸に在日英国代表設置
  2. 条約港の設定(函館、神奈川と長崎の開港、1859年7月1日から)
  3. 英国人の1862年1月1日から江戸への居住を許可

日本側実務担当者[編集]

岩瀬忠震井上清直永井尚志堀利煕水野忠徳、付津田正路、森山多吉郎(通訳)ら。この7人については、イギリス側使節団が写真撮影をしており映像の記録として残されている。イギリスでは、この写真が発見された際に「江戸を撮影した最古の写真」として報道された(日本最古の写真は日本写真史を参照のこと[1]

その他[編集]

  • 1998年には条約締結140周年を記念して「英国祭98」のイベントが各地で催された。
  • 2008年には条約締結150周年を記念して「UK-JAPAN2008」のイベントが各地で催された。

脚注[編集]

  1. ^ 濱本高明『東京風俗三十帖』p50演劇出版社出版事業部

関連項目[編集]

外部リンク[編集]