モイーズ・チョンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ空軍による写真

モイーズ・カペンダ・チョンベMoïse Kapenda Tshombe1919年11月10日 - 1969年6月29日)は、ザイール(現・コンゴ民主共和国)の政治家。カタンガ州の分離独立を主張し、コンゴ動乱の原因を作った。

独立まで[編集]

チョンベはベルギー領コンゴムスンバで富裕なビジネスマンの息子として生まれ、神学校で教育をうけた。1950年代にコンゴで独立運動が盛んになると、チョンベはゴドフロワ・ムノンゴ (Godefroid Munongoと共に1958年コナカ党 (fr:Confédération des associations tribales du Katanga, CONAKATを結成した。これはカタンガ全部族の連合政党で、ユニオン・ミニエール社などのヨーロッパ人や部族長の支持を受けた。

コンゴ動乱[編集]

1960年の選挙でコナカ党はカタンガ州の実権を掌握した。同年コンゴが独立すると、天然資源の豊かなカタンガの経済力をバックに発言力を維持しようとするチョンベと、ジョセフ・カサブブ大統領やパトリス・ルムンバ首相との対立がすぐに表面化し、チョンベとコナカ党はカタンガの分離独立を宣言した。これが引き金となり、コンゴ国内は四分五裂の様相を呈した。コンゴ動乱である。

キリスト教徒で反共主義者、西側寄りのチョンベは、旧宗主国・ベルギーをはじめとする西側諸国から支援され、ベルギーは自国民保護を理由にカタンガに軍を進駐させ、チョンベを支持する姿勢を見せた。

カタンガは2年間独立を維持し続けたものの、1962年末にコンゴ国連軍がカタンガを占領し、チョンベは北ローデシアに逃れ、さらにスペインに移った。

帰還と再度の亡命[編集]

1964年1月以降、コンゴ国内の反政府勢力が武力闘争を激化させるに伴い、シリル・アドウラ首相の内政手腕の欠如が露呈した。騒乱の早期平定を望むカサブブによってチョンベはスペインから呼び戻され、同年7月に首相として組閣に至る。しかし、再びカサブブとの対立が激化し、1965年10月に首相を解任された。同年12月、ジョゼフ・モブツによるクーデターが起き、チョンベは再びスペインへと亡命した。

1967年6月30日、チョンベはイビサ島を訪れた後、パルマへ向かう飛行機に乗り込んだ。しかし、同機は離陸直後にチョンベのボディーガードによってハイジャックされ[1]アルジェリアの空軍基地に着陸した。チョンベはアルジェリアで監禁されたまま、1969年6月29日心不全で死亡した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

片山正人 『コンゴ傭兵作戦』 朝日ソノラマ、1990年