作戦計画5027

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

作戦計画5027OPLAN 5027[1])とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の侵攻を想定したアメリカ合衆国(米国)と大韓民国(韓国)の防衛作戦計画である。朝鮮戦争後に策定されその後幾度となく改訂している。

本計画は、北朝鮮が事前に最小限の兆候しか見せず「第二次朝鮮戦争」を開戦し、ソウルを要塞化火砲などで砲撃すること等を想定している[1]。また対峙する韓国軍米軍に比べ明らかに技術的能力に劣る朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が兵力の数量的優位性を生かし、彼らがまず初期には半島全土を占領するため黙示的な目標を持って韓国を侵略、その後彼らが朝鮮労働党支配下の単一政体により朝鮮半島を赤化統一する程まで侵略を続けるなど、というシナリオも想定されている。この計画の内容は地上軍主体の朝鮮人民軍(陸軍が大半を占め、空軍は圧倒的にそれに劣る)の侵攻を迅速に無力化するため、米韓が圧倒的優位に立つ空海戦力に傾斜していることを示している[2]

歴史[編集]

1973年以前、OPLAN5027は主として、DMZに侵入した北朝鮮侵略部隊を、DMZから50マイル後退した漢江(これは「ホリングスワース(防衛)線」("Hollingsworth Line")と知られている)に迎え撃ち、これを打倒するという計画に注力していた。この作戦はまた、米韓連合軍(US-ROK Combined Forces)が米軍の増援を待ってから朝鮮人民軍に反撃するという計画になっていた。

ベトナム英語版からの米国の撤退ならびにそれに伴い北朝鮮が韓国防衛に米国の関与が縮小しているのではないかと感付いていた懸念が広まるにつれ、米韓連合司令部司令官である米軍のジェームズ・F・ホリングスワース英語版将軍は、OPLAN 5027-74と知られる、前方攻勢に基づく戦略を新たに策定した。この新しい計画は、火砲戦車歩兵をDMZの南方5マイルの軍事支配地帯英語版("Military Control Zone")へ向けて移動させるため、更により多くのそれらを必要としていた。また侵略軍を打ち破ったのちの攻勢戦略には、開城付近の都市を奪取するためアメリカ第2歩兵師団傘下の2つの旅団を投入すること、連日B-52による爆撃を敢行すること、そして敵首都平壌の占領のため「猛烈な戦闘かつ短期で決着」するシナリオが盛り込まれていた。北朝鮮を圧倒する場合であっても、戦術核兵器を使用することは言及されていなかったが、議会予算局英語版(U.S. Congressional Budget Office, CBO)はそれらを使用しなければ、この新戦略に基づく戦闘では、まずはじめにソウルの失陥は免れないだろうと想定していた。

報道によると、1994年、この作戦計画に更に変更を加えたOPLAN 5027-94CINCPACにより、あるシナリオのもと考案された。このシナリオはDMZの20から30マイルに位置するFEBA Bravoにて、まずは韓国軍が北朝鮮の侵略を食い止め、武力衝突の最前線すなわち防衛線を維持することを想定している。米軍の増援が到着すると、米国海兵遠征軍の強力な師団部隊、ならびに第82空挺師団、韓国駐在師団をそれぞれ元山に向け出撃させ、まずは大規模な航空作戦を北朝鮮相手に展開、その後地上戦に移行する。すなわちこのシナリオは更に、米韓連合軍を平壌への進撃のため陸海二軍を合流させるかたちで再編成し、元山付近で陸海共同で上陸することを計画する。ただこのシナリオの成否は、韓国軍が北朝鮮の進撃に対し、開戦5日から15日間、良く見積もって15日から20日間、反撃の準備を整えるまで耐えるか否かに係っている。

米朝枠組み合意が破棄され、北朝鮮の核計画に対する懸念が生じたのち、OPLAN 5027は徹底的に見直され、OPLAN 5027-96に再編された。この計画には万が一の開戦時に在日米軍基地を使用するため締結した日本政府との新たな合意事項も含まれている。1998年後半には、ソウルに対する突然の生物化学兵器による攻撃に対抗することを新たな焦点に加え、攻勢戦略に関する更なる改訂と精緻化が進められ、OPLAN 5027-98として纏め上げられた。報告書において、この作戦は次の4つの段階に分割されると主張されている。北朝鮮の攻撃開始前に米韓連合軍が行う軍事行動(すなわちこれは北朝鮮の侵略が準備されているという確証の高い情報に基づき、その軍事基地に対し先制攻撃を仕掛けることを指す)、北朝鮮の急襲に対し初動で食い止めること、反撃のための再編を行うこと、そして平壌奪取のため北朝鮮に対し全面攻撃を行うこと(北朝鮮体制の息の根を止めることを目標に、この時の戦略としては、DMZの北側で機動戦を行う)、この4つである。1998年11月、このOPLAN 5027-98がマスメディアに漏れた際には緊張は頂点に達し、北朝鮮はこの計画を侵略のための戦争計画であると呼び非難した。

その後の作戦計画の改訂に伴う詳細な情報も判明している。OPLAN 5027-00では万が一米国が二正面作戦に突入した場合、朝鮮半島への兵力展開を690,000名まで増強することなどを規定、OPLAN 5027-02は、9.11ならびに(韓国と協議せずとも)先制的に軍事行動を取ることを明言したブッシュ・ドクトリンの観点に基づき改訂、OPLAN 5027-04OPLAN 5027-06では地上兵力や火砲の代わりに空戦力を利用する大規模な転換(MIM-104 パトリオットUAVの投入)を行うため改訂、そしてOPLAN 5027-08では多年度にわたる米軍再編を見越し改訂されている。

シナリオ[編集]

最も良く知られたOPLAN 5027の内容は、まず北朝鮮が米韓連合軍の防衛網を破壊することを意図し奇襲攻撃を仕掛け、韓国軍の再編または米軍の増援前に重要な橋頭堡を得ることを想定している。韓国軍や米軍に比べ技術的には圧倒的に劣勢な朝鮮人民軍が唯一優る英語版に任せ大規模兵力を投入すると本軍事計画では予想されている。

朝鮮半島での衝突において、最も恐れられることは、韓国首都ソウルへの爆撃である。知っての通りソウルは世界有数の都市英語版であり、しかもソウルを中心に40マイル圏内に韓国人口の約40パーセント弱が集住している。朝鮮人民軍が持つ12,000以上もの自走砲兵力ならびに牽引式火器の兵器体系を持ってすれば、たとえそれらが時代遅れかつ射程が限られていたとしても、彼らは「毎時500,000発もの砲弾を米韓連合軍司令部下の防衛部隊に向け数時間にわたって浴びせ続ける」ことが可能であるとされる(2010年に発生した延坪島砲撃戦はそれよりも砲撃規模は小さかったが、図らずとも北朝鮮の軍事力を見せ付けるものとなった)。DMZを越えて、もしくはソウルに向け攻撃するため、・化学・生物兵器弾頭を用いた短射程攻撃が敢行される可能性もある。仮にこの攻撃が行われた場合、はじめ数千人単位での犠牲者が発生する可能性がある[3]

しかしながら、朝鮮人民軍がどの程度南侵できるか、または韓国軍や米軍に対し長期の攻勢を維持できるか否か、とりわけ両軍に比べ空海戦力の劣勢が伝えられる中で朝鮮人民軍が如何程の力を発揮できるか、かなりの争点がある[2]。米韓連合軍の作戦計画では、北朝鮮がソウル付近の確固たる陣地を確保すること、またはDMZ伝いに破壊活動を行うことが成功するものとは想定されていない。

北朝鮮によるサイバー・スパイ攻撃[編集]

2009年12月、韓国メディアは「北朝鮮のハッカーが作戦計画5027の機密情報を盗んだ可能性がある」と報じた。のちの報道によると韓国軍の将校が保安規則に反し安全であると確認していないUSBメモリを職務用コンピュータに接続、その際に中国経由によるハッキングを受け、韓米連合軍司令部転入将校向けの作戦計画5027に関する教育用資料が流出したとされる。韓国軍は北朝鮮のハッカーの関与の可能性を考慮し捜査している[4][5][6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]